2016年12月29日

東京大賞典   

多くの人達はもう昨日で仕事納めですが、私の会社ではまだです。
久々の地方参戦です。

極端な波乱は望めないものの、一捻り。

本命は、アポロケンタッキー
距離延長は好転舞台で、消耗戦になれば勝ち負け出来る。

◎アポロケンタッキー
〇アウオーディー
▲サウンドトウルー
☆カゼノコ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。   
posted by 裕二郎 at 16:02| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

有馬記念 & ホープフルS

土曜競馬は、なんとか、◎シュウジ の 単 ・ 複 で一矢報いた感じか。
今日は叩き3走目(笑) そろそろスッキリと勝ちたいものです。

先ずは、    「ホープフルS」

話題の コスモスが出走してくるが、芝での走りも解らないので、
ここは静観したいというのが本音。
人気にはなっていないが、他の素質馬に目を向けてゆきたい。

中心は、メリオラ
あだキャリア1戦も、内容は古馬の様なレースぶり。
小頭数だった事もあるにしても、競馬センスあかなり高い。
勝ち切るまではどうかも、人気も無いので、先行投資にはもってこいな要素。

◎メリオラ


        「有馬記念」

有馬記念という祭典な上にキタサンブラックがまたしても1番枠等という、
話題性には事欠かない。
人気を集める、その キタサンブラック、崩れない内容から、最内枠と
重箱の隅をつつこうとしても、なかなか難しいが、あるとすれば、前走が
展開もあったとはいえ、出来過ぎな感もあり、それを維持する事は
厳しいのではないか。
今回は今迄以上に他陣営も自爆覚悟でマークしてくるのではないか。
そういう思想に期待している。
逃げ宣言の、マルターズアポジー を筆頭に、キタサンブラック や
他先行勢が追いかける展開。
ベタな考えでもあるが、捻らずに、消耗戦、末脚勝負になると決め込んでみる。

本命は、シュヴァルグラン
実績からすれば、人気上位馬には及ばないが、潜在能力は人気上位馬達と遜色ない。
今の馬場にも向く上、上記の様な消耗戦に持ち込む事が出来るなら充分チャンスはある。
主戦の福永騎手が復帰出来たのもこの馬にとっては心強い。
初コースにはなるが、自在性もあるタイプなのでこなせるハズ。
力比べになれば、勝機あり。

相手筆頭格には、サウンズオブアース
勝ち身には遅過ぎるも、どんな舞台も問わない強さは魅力。
仕掛け所が難しいが、好勝負に持ち込めるだろう。

他では、人気処よりも伏兵を狙いたい。
デニムアンドルビー は久々の前走で、末脚を繰り出そうという時に、
やや不利もあり、追うのを辞めてしまった事で、ほとんど競馬をしていない。
惑星候補の中では筆頭格。

人気上位馬からは、超優等生格の、サトノダイヤモンド
キタサンブラック は連下評価まで。

◎シュヴァルグラン
〇サウンズオブアース
▲サトノダイヤモンド
☆デニムアンドルビー
△キタサンブラック


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ゴールドアクター
前走は4着という結果よりも今一つ納得出来ない内容。
完全復調にはまだとして、今回は見送りたい。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 09:09| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

阪神カップ & クリスアスC

金曜競馬は全くかすりもしない惨敗。
いつもの様に気を取り直して。

まずは   「クリスマスC」

◎ユウチェンジ
〇ハナズレジェント
▲ショウナンサスケ
☆ネオヴェルサンディ



      「阪神カップ」

先行勢も存在するが、極端なハイペースにはならず、平均ペース辺りか。

本命は、シュウジ に期待する。
スプリント色が濃い印象があるものの、この距離は守備範囲。
番手競馬も上手く、簡単には崩れない粘りも魅力。

相手筆頭格には、圧倒的人気でも ミッキーアイル 

ロサギガンティア や エイシンスパルタン も圏内。
距離に魅力ある、グランシルク も侮れない。

面白いところでは、サンライズメジャー
今の阪神の馬場はこの馬にとっては魅力。
前走の様に上手く立ち回れば面白い存在になる。

◎シュウジ
〇ミッキーアイル
▲ロサギガンティア
注サンライズメジャー
△エイシンスパルタン
☆サンライズメジャー


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は イスラボニータ

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:32| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

六甲アイランドS

先週は、◎ー▲で、単・複ワイドの的中。
やはり単が当たると嬉しいものです。
今週は有馬記念も含めて、3日間開催。
まずは明日の金曜開催から、1つを簡潔に。

舞台好転する、シャドウアプローチ が本命。
距離も勿論の事、実績あるコースに変わるのも好材料。
実力の割には随分ナメられた人気なので、狙ってみるのも面白い。

◎シャドウアプローチ
☆カシノピカチュウ


馬券は、◎ 単 ・ 複

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:19| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

朝日杯フューチュリティステークス

牝馬の実績馬、ミスエルテが圧倒的な人気を集める様に、
今年の牡馬戦線はレベルが低いと言われている。
確かに、確たる主役を張れそうな存在が現時点では見当たらない。
それは、ミスエルテ にしても同様で、完成度という点ではやや疑問。
発馬後手に回ってしまう可能性も高く、多頭数での中でどういう位置取りに
なってしまうか?差し損ねも充分考えられる。
他勢をみても、それ以上の存在も無く、完成度は高くともインパクトが無かったり、
インパクトはあっても、物足りない部分が多い面子構成となった。

前に取りたい存在も多く、ある程度流れる展開になると思われる。

本命は、サトノアレス に期待する。
上記にも挙げた、現時点での完成度の高さに賭けてみる。
インパクトこそ薄いものがあるが、多彩な環境の中での経験と
実績を残してきた事は見逃せない。
競馬もこの面子中では上手く、今年は中心と見てもいい。

相手候補も難解だが、ダンビュライト
この馬も競馬が上手くなってきており、勝ち負けには持ち込める。

他では、距離に懸念はあるが、能力高い モンドキャンノ

ミスエルテ はここでの評価。

面白いところではもう1頭の連勝馬、アメリカズカップ
距離短縮は歓迎で、外枠だが上手く立ち回れば。

◎サトノアレス
〇ダンビュライト
▲モンドキャンノ
注ミスエルテ
☆アメリカズカップ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 10:03| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

土曜競馬・ターコイズS & 成宮ェ貴

もう下火?になりつつあるが、成宮寛貴の引退。
個人的に結構好きな俳優さんだつただけに残念。
事実はどうであれ、他俳優さんではなかなか出せない世界を出す 
彼の演技が好きだったんですが・・・。

本題、 「ターコイズS」

単騎主導権を握れそうな、クロコスミア が本命。
2歳時から◎を打ち続けているだけに、展開云々は関係ない様に思えるが、
彼女は、そもそも展開に左右されず、自在性にも優れたタイプ。
逃げずとも勝負根性もあり、そう簡単には崩れない。

相手筆頭格には、レッツゴードンキ を抜擢。
近草はスプリント色が濃くなってはいるが、マイルも充分な守備範囲。
むしろこの舞台の方が合う。

他では、人気でも、マジックタイム や アットザシーサイド も圏内。

面白いところでは、エテルナミノル
格下での連勝とはいえ、レースセンスと今の勢いは侮れない。

◎クロコスミア
○レッツゴードンキ
▲マジックタイム
注アットザシーサイド
☆エテルナミノル


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 11:50| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

阪神JF & カペラS

土曜メインは、前残りは良かったが、マイネルハニーの方とは・・・。
気を入れなおして、日曜メインへ。

まずは、   「カペラS」 から。

コース巧者、キタサンミカヅキ を中心。
初ダートも多分問題ないと思える、エイシンブルズアイが対抗。

◎キタサンミカヅキ
〇エイシンブルズアイ
▲ノボバカラ



       「阪神JF」

先行勢の面子からもかなり前が速くなりそうな展開。
人気有力勢もこの展開は望むところか。
とはいえ、2歳戦で展開云々を読むのは難しい。
人気を集める、ソウルスターリングもこれまでのレースから距離短縮は歓迎。
もう1頭の人気馬、リスグラシュー は歓迎とは言えない大外枠。
しかし、これも経験済みなのとストレス無く進めれるのは好材料かもしれない。

ただ、この2頭でも、なにかスッキリしないものがあるので、中心には疑問。
敢えて一捻りしてみたい。

本命は、ディーパワンサ
小柄な馬で、強いインパクトは無いものの、レースの中身は濃い。
持続力もあり、決め脚も充分に持っている。
前走は、休み明けなのか、やや反応が鈍く、コース取りもチグハグで、
勝負処でのロスがあったので、参考外とみて良い。
最内枠はどうかとも思うが、ロス無く進めれば1発あっていい。

相手候補には、上記人気2頭を選出

調整面でどうかも調教は良く感じた、 ヴゼットジョリー
長く良い脚を使えるのも魅力で、万全ならこれが本命だった。

前は厳しいとは思うが、アリンナ も候補に。
抜群のスピードも武器だが、単なる逃げ馬とは違う。

◎ディーパワンサ
〇リスグラシュー
▲ソウルスターリング
☆ ヴゼットジョリー
☆アリンナ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。





posted by 裕二郎 at 09:36| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

チャレンジC

やや簡潔に。

暮れの有馬記念に向けて数ある中の1戦とも捉えられているが、
今年はそこには直結しそうにない面子構成。
ポイントは展開に大きく左右されそうに思える。

ダノンメジャーが逃げ、それを、マイネルハニー や メイショウナルト
辺りが追いかける展開か。
問題は他有力勢で、自身でレースを作れない馬達ばかり。
ここは、この先行2頭の粘りに期待したい。

◎ダノンメジャー
〇マイネルハニー


馬券は、◎〇ワイド と この2頭を中心に。
ちょっと遊び心も加えて楽しみたい。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 11:00| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

チャンピオンズカップ(GI)

現状での好メンバーが揃った1戦。
圧倒的な人気を集めているのが、アウォーデイ。
実績力共に認めるものの、内に入り過ぎた感と、前走が完璧なレースだっただけに
上積みはどうか?また、調教映像でもやや迫力に欠けた感を受けた。
切り捨てるまではどうかも、中心として見るのは危険な気がする。
連下評価まで。

モンドグラッセ が主導権を握り、それを コパノリッキーが
追いかける展開になるのと、他の面子構成からも、淀みなく流れそうで、
極端な追い込みでは届かないだろう。

本命は、アポロケンタッキー 
前々走の敗因は不明だが、元々秘めた力はG1級。
まだ完成域では無いものの以前よりはレースも上手くなり、
長く良い脚を使える事も魅力。
それでこのナメられた人気は非常に嬉しい誤算。
外枠に入ってしまったが、ストレス無く運べる方が良いタイプ。
ここは1発狙いたい。

相手筆頭格には、ゴールドドリーム
距離延長も大丈夫だろう。調教内容も抜群。

◎アポロケンタッキー
〇ゴールドドリーム
▲サウンドトウルー
注アウォーデイー
△モーニン
△コパノリッキー
☆モンドグラッセ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ノンコノユメ

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 10:32| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

ジャパンC & 京阪杯

まずは、  「京阪杯」 簡潔に。

◎フミノムーン
〇セカンドテーブル


ワイド1点勝負。


     「ジャパンカップ」

主導権を握りそうなのが、1番人気に推されている キタサンブラック
控えての競馬でも実績がある様にレース内容には完成度が高く崩れ難い。
唯一馬券対象を外し惨敗している同舞台のダービーの頃とは比べ様が無い程。
ただ、コース適正に関してはそれ程気にする事は無い。
それ以上に不安点を挙げるとするなら、持続力を問う展開になればいいが、
そうなり難いのがこの舞台。そこを名手がどう乗るかがポイントだろう。

その展開だが、キタサンブラック と人気を分け合う ゴールドアクター も
ある程度前々に位置取りをする事から、前には厳しい展開かもしれないが、
面子構成をみても、イマイチ展開が読み難い感がある。
ならば、当初からこの舞台に出るなら狙っていた馬で勝負。

本命は、レインボーライン に期待する。
前走の菊花賞はこの馬にとって思った以上の流れになった恩恵もある。
ただし、この馬のベストは今回の舞台の方だろう。
距離短縮は好転舞台だ。それ以上に調教内容が1番良く見えた。
時計こそ派手なものでは無かったが、販路を少しのブレも無く
真っ直ぐに駆け上がった事は当馬の調子の良さを証明するものと確信する。

◎レインボーライン
〇ゴールドアクター
▲リアルスティール
注キタサンブラック


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 09:41| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス

簡潔に。

◎ソーグリッタリング ・・・単 ・ 複

2歳だけあって、まだレース下手さも残るが、潜在能力は高そうな感。
思った以上に人気も無いここで狙ってみる。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 21:34| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

マイルチャンピオンシップ

絶対的な主役不在で、上位人気馬も、一長一短ある面子構成。
一筋縄では納まりそうにない感。
平均ペースで流れそうなので、極端な位置取りでは届かない。

本命は、今回は初志貫徹、マジックタイム
前走はベストとは言えない距離でも先行して2着に粘った事は
高く評価出来る。
これまで戦ってきた面子及び実績を考慮してもこの8番人気は
嬉しい誤算。無理のないローテも好感で、主役を張れる力は充分だ。

相手候補も難解だが、乗り替わりで期待できる イスラボニータ
昨年は、キルトクールしてしまったが適性も充分で今年は中心とも。

距離延長はやや微妙の サトノアラジン と ミッキーアイル

立ち回りに成長が伺える、ヤングマンパワー も圏内。

取捨に悩むが、舞台実績を重視しての フィエロ

面白いところでは、先行力魅力な ウインプリメーラ
引退レースになるが、馬自身はまだまだ元気。
調教映像も真っ直ぐ駆け上がってきた状態で侮れない。

◎マジックタイム
○イスラボニータ
▲サトノアラジン
注ミッキーアイル
△フィエロ
☆ウインプリメーラ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 08:28| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

エリザベス女王杯 & 福島記念

まずは   「福島記念」

◎ダイワドレッサー
〇ゼーヴィント


      「エリザベス女王杯」

やや物足りない感のある面子構成も、一筋縄では納まりそうにない。
人気を集める勢力が揃って内枠に入った事や、人気2頭は休み明け。
伏兵陣でも、充分に付け入る隙がありそうだ。

展開としては、スローと言われる見解もあるが、然程スローにはならない。
澱みのない平均ペースで流れると思っている。
どの馬にもチャンスはある。

本命は、シュンドルボン
距離不安も囁かれているが、昨年のこのレースを観ても他のレースからも、
個人的には言われる程の不安は無いとみる。
前走は馬体増というより、ここに向けた叩き台の様な競馬だった。
その前走以外では、良い脚を長く使える様になった成長もある事から、
上位人気勢に少なからず不安がある今回は最大のチャンスだろう。

相手筆頭格には、ミッキークイーン の方を抜擢。
久々でも、調教をみても、上手く調整出来ているのではないか。
力を出せる状態なら間違いなく上位。

マリアライト は 宝塚記念で、◎を打ちお世話になったので期待したいが、
なにか本番は先のJCの様な気がしないでもないのでやや評価を下げたい。

中途半端な人気勢よりも、プリメラアスール と シャルール の
先行2頭が面白い。
実績的には後者の方がやれそうだが、前者とてそう簡単には潰れない。
前走は展開に恵まれただけの競馬ではなかった様に思う。

◎シュンドルボン
〇ミッキークイーン
▲マリアライト
☆シャルール
☆プリメラアスール


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 22:36| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武蔵野S & デイリー杯2歳S

簡潔に。

     「デイリー杯2歳S」

◎ベルカプリ


未勝利を勝ち上がるのに時間を要したが、そのおかげかなかなかの完成度。
この面子中なら勝ち負けしていい。
先行力も魅力で、このコースも合う。


     「武蔵野S」

◎ロンドンタウン


3歳から抜擢。全く人気は無いが、レースセンスが良い上に
長く良い脚を上手く使える様になった。
人気上位勢は強いは強いが、付け入る隙は充分にある。
今の勢いは侮れない

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 08:15| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

アルゼンチン共和国杯&みやこS

土曜競馬は印3頭総て馬券対象外に飛ぶという散々な結果。
気を取り直して日曜メインへ。

       「みやこS」

ここは舞台好転する ロワジャルダン に期待したい。
今回は自身のペースで競馬が出来そうな展開が予想出来るだけに
巻き返しは充分とみる。

◎ロワジャルダン
○アスカノロマン
▲カゼノコ




       「アルゼンチン共和国杯」

ここは特にスロー濃厚な面子構成。
おまけに有力勢の中でも本番は先の馬や、中間の調整にやや疑問になる
材料もあり、過信するもは禁物だろう。

本命は、レコンダイト に期待したい。
ここもまだ本調子には一息という声もあるが、先々をみても、
舞台適正ならここが最大の目標とするレースなのではないか。
ならば、敢えてここで本命を打つ。

相手筆頭格には モンドインテロ
この舞台での適正も高く、陣営もここで勝ちたい意気込みがある。
実績の割にはややハンデが厳しい気がするも許容圏内。

他では、主導権を握れそうな、クリールカイザー
スローが濃厚と思えるだけに単騎逃げなら粘り込みも。

ヴォルシェーブ も力を出し切る様であれば、圏内か。

◎レコンダイト
○モンドインテロ
▲クリールカイザー
注ヴォルシェーブ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は アルバート
適正からして、次走のステイヤーズSの匂いが強い。
ここは様子見が妥当か。

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 09:36| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする