2016年04月30日

天皇賞・春

土曜競馬は、アルカサルに期待はしたが、レース前から落ち着かずハイテンション。
ただそれだけではなく、力負けの印象が強かった。
仕切り直して天皇賞へ。

ポイントは展開にある。
カレンミノティック が主導権を握りそうだが、もしかしたら大逃げを打つ可能性も。
しかし今回は先行勢に有力勢も揃っており、前有利とは問屋が卸すまい。
前走スタミナに任せて捲り切った トウインクル もおり、これがどこで動くかでも
展開を左右しそうだ。前走と同騎手であり同様の戦法に出る可能性も高い。

本命は、その トウインクル に賭けてみたい。
コース実績も無く、何度もアルバートの後塵に甘んじているが、
前走の捲りでの勝利で、一皮剥けたのなら、面白い存在になる。
ダートの頃もそういう戦法は取っていたが、芝でも通用する事を証明した。
その前走は、展開や道悪の恩恵との評価も多いが、そう決め付けるのは早計。
自身が動いて展開を作るなら主導権は当馬にあると言え様。
消耗戦に持ち込めば勝ち負けまで期待してみたい。
と、言うよりも楽しみたいの方が。

相手候補には、サウンズオブアース を筆頭格に。
中距離以上なら常に自身の最高の走りを演じる事が出来る魅力。
前走は軽いハンデの上、ゴールドアクター に完敗したが、
この舞台でなら巻き返せるチャンスとみる。

他では、ゴールドアクター や シュヴァルグラン も人気だが圏内。

キタサンブラック は崩れは無いものの、勝ち切るイメージが
沸かない事でこの評価。

◎馬を実績では上回る アルバート まで。

◎トウインクル
○サウンズオブアーズ
▲ゴールドアクター
△シュヴァルグラン
注キタサンブラック
△アルバート


馬券は、◎ 単 ・  重視
3連複 及び ワイド

キルトクール は フェイムゲーム

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 23:18| 高知 | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青葉賞

本番ダービーと同舞台でトライアルでは最注目の1戦。
それなりにハイレベルなレースが観れそう。
展開としては、マイネルハニーとノーブルマーズ の同型が存在も
おそらく、マイネルハニー が主導権を握るだろう。
ならば、この距離とはいえ、スローは考え難い。

本命は、アルカサル
前走前々走共に、走法からも左回りのこの舞台でも問題ないだろう。
展開に左右される事なく長く良い脚を使えるのは魅力。
余裕あるローても魅力で、先の本番での走りにも期待したい。

相手筆頭格には、レッドエルディスト
スローで不向きな展開ながらも、差し切った力は本物。
これも先の本番でも楽しみな1頭。

他では、同距離を好内容で勝っている ヴァンキッシュラン

簡単には鈍らない、マイネルハニー

面白いところでは、ロスカボス の復活に期待。
これまでは切れ味で屈してきたが、距離延長は歓迎。
ここで上位進出を狙う力はある。

◎アルカサル
○レッドエルディスト
▲ヴァンキッシュラン
注マイネルハニー
☆ロスカボス


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 12:36| 高知 | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

フローラS & マイラーズC

土曜競馬の、福島牝馬S は、15番人気の マコトブリジャール が
1着と頑張ってくれたおかげで嬉しい結果となった。
3着のオツウは展開でもしかするとと思ったが、拾えなかった・・・。
しかし流れが向いてきたところで、日曜競馬も。

まずは   『 フローラS 』

前半はかなりのスローペースが見込まれる面子構成だが、中盤からは
早めの段階でペースが上がりそうな予測も立てられる。
どこからでも届く展開になるだろう。

本命は、2歳時から本命を打ち続けている クロコスミア
上記の流れになるならこの馬も充分勝ち負けの圏内に入り込む。
阪神JFの頃にはそれまでの使い過ぎが祟り余力が無かったが
前走を見る限り、万全では無かったものの、復調の兆しはみえた。
たた馬体重が唯一不安で、増えている事が条件になりそれを願いつつ。

相手候補筆頭各には、ゲッカコウ
中山向きの走法だが、持続力もあるのでこの舞台でも。

パールコード は力がありそうな走りで3番手。
ただもう少し内容に成長力が欲しい1頭。
ここでオークスへの権利が取れれば本番では面白い。

この面子なら、フロンティアクイーン も圏内か。

◎クロコスミア
○ゲッカコウ
▲パールコード
注フロンティアクイーン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド 
◎の馬体重次第では、 ○ 中心へ。

キルトクール は ビッシュ



        『 マイラーズC 』

ここもスローが予想出来き、前有利とみたい。

◎サンライズメジャー
○ネオスターダム
▲テイエムイナズマ
注ダノンリバティ



御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 10:23| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

福島牝馬S & 熊本大分地震

九州の特に、熊本と大分を襲った地震。
その上、止まらぬ余震も続き、更なる被害も心配です。
高知でもかなり揺れた事でその恐怖の一端を感じています。
1日も早い復旧が出来ます様心から祈ってます。
明日は我が身。確実にやってくると言われている南海トラフ。
怖いです。


        『 福島牝馬S 』

前にいきたい先行勢が揃った面子構成だけに、スローは考え難い。
しかしバラけた展開が予想出来、極端な位置取りでは厳しいとの見解。

本命は、思い切って、マコトブリジャール を狙ってみる。
前走は果敢に先行策も前にとっては厳しい流れになってしまった。
今回はそこまでの厳しい展開まではなりにくく、先行勢を見る位置取りで
追走出来そうだ。
コース実績と距離も歓迎で、リフレッシュ効果も期待したい。

◎マコトブリジャール
○アースライズ
▲シャルール
注ハピネスダンサー
☆メイショウスザンナ


御来殿、ありがとうございました。



       
posted by 裕二郎 at 00:14| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

皐月賞

3強対決の様相なる今年の皐月賞。
確かのこの3頭は強いが、それぞれに不安も抱える。
弥生賞馬の マカヒキ はやや発馬遅れでの後手。
前走の様な競馬が出来ればいいが、多頭数で捌ききれるかは少し微妙。
取りこぼしも考えられる。

リオンディーズ は休み明けの影響か距離なのか折り合い面での不安。
それでも2着は立派だが、全幅の信頼までには届かない。

サトノダイヤモンド は小回りへの対応と、やや反応が鈍い感。
取りこぼしがあっても不思議は無い。

と、重箱の隅をつついてみたところで、3頭が少し抜き出ているのは事実。

しかし、敢えて本命は、プロフェット
スムーズに好位が取れるのも魅力の一つだが、京成杯後、休ませて
じっくり調整してきた事がなによりも好感が持てる。
大幅に減り続けた馬体も戻っているハズだ。
人気上位勢の取りこぼしがあるなら、直線早目に抜け出すシーンが
思い浮かぶこの馬に期待したい。

◎プロフェット
○マカヒキ
▲リオンディーズ
注サトノダイヤモンド


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:39| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

アンタレスS

先週の、桜花賞は、シンハライト に自信を持っていたので残念。
直線抜け出した時は勝ったと思いましたが・・・・・

さて、今週は皐月賞ですが、まずは 土曜競馬。

      『アンタレスS』

アウォーディー が圧倒的な人気を集めているが、他馬勢と比較しても
ここまで数字に表れる程の差は無いとみている。
ある程度スタミナを要する舞台であり、展開もそうなるだろう。

本命は、トップディーヴォ に賭けてみる。
確実な末脚は最大の魅力。前走は勝ち馬にまんまと逃げられたが、
それだけで図れるものではない。元々レースセンスも良く、
勝負処ではある程度の位置取りも出来る器用さもある。
実績あるコースになるのも好材料で、展開も味方してくれるのではないか。
未知の魅力もある1頭で、今回は先行投資。

相手筆頭格には、ロワジャルダン
この距離では最右翼に値する。

3番手に アウォーディー

充実一路の アスカノロマン も圏内だが、大外枠が懸念材料。

◎トップディーヴォ
○ロワジャルダン
▲アウォーディー
注アスカノロマン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:36| 高知 | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

桜花賞

GTといえど、圧倒的な人気を集める、メジャーエンブレム
どんな競馬も出来る器用さもあり、先行して突き抜ける強さも併せ持つ。
現時点で、余程のハイペースか乱ペースにならない限り隙が無い。
ビービーバーレル の出方にもよるが、それでも番手競馬でも不安は無い。
しかし、敢えて本命は、シンハライト にする。
確信もなにも無いが、可能性として賭けてみたい。

◎シンハライト
○メジャーエンブレム

馬券は、馬単1点勝負でちょっとした夢を見てみよう。


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:50| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

ニュージーランドT & 阪神牝馬S

まずは、   『ニュージーランドT』 から。

やや展開が読み難い面子構成。
ここは、前走人気薄でお世話になった、ダンツプリウス を今回も本命。
もう少し距離が伸びても大丈夫とは思うが、現時点ではマイルがベストか。
なによりも前走予想時も評価した、馬群を割ってこれる勝負根性は特筆。
器用さも兼ね備えており、ここでも通用する。

◎ダンツプリウス


       『阪神牝馬S』

◎ウインプリメーラ
○スマートレイアー


マイルの舞台なら、ウインプリメーラにも出番がある。
他人気勢が適正としてはやや疑問が付くだけにこの距離での適正に
優れた2頭を中心に。


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:24| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

中山メイン

ロゴタイプ を忘れてました。
立ち回りの上手さが出るならこの馬も。
posted by 裕二郎 at 15:11| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダービー卿CT & 大阪杯

土曜競馬は、ミライヘノツバサ が頑張ってくれて、単・複 で。
思った以上にスローとなった様で展開に恵まれた感もありますが、
ある程度までのペースなら対応出来ると思っているので、この先は
厳しいかもしれませんが、頑張って欲しい1頭です。

ちょっと余談になりますが、先々週でしょうか?録画していた中に、
新作の「赤い霊柩車シリーズ」 が入っていたので少し観たんですが・・・
さすがに、10年以上の婚約者関係は少し厳しいかと・・・(笑)
まあ、新鮮味があって良いのかもしれませんが、片平なぎささんも、
神田正輝さんも随分な年齢になってしまってるので。
仮に5年後に新シリーズが放映されても、「私の婚約者です。」
面白いかも。


さて、本題へ。

まずは      『 大阪杯 』 から。

来年度から、GTに格上げされるレースに恥じない面子構成。
強い4歳勢の中では、キタサンブラック の参戦のみ。
本命はその キタサンブラック
大型馬の割には器用で、右回りに関しては距離コースどんな舞台設定でも
好勝負に持ち込むセンスがある。
今回主導権も握れそうで、中心はこの馬だろう。

相手候補には、イスラボニータ
前走の惨敗は不可解だが、距離で言えば確実に馬券に絡んでくる。
急落株の存在だけに今回は狙ってみたい。

◎キタサンブラック
○イスラボニータ


◎ 単   ワイド  
3連複や他馬券は思案中。


        『ダービー卿CT』

一言で混戦。
上位人気勢にそこまでの信頼があるとも思えず、人気薄の食込みも充分有り得る。
それ程激しい流れにはなり難く、立ち回りの上手さが問われる展開になろうか。

本命は、ダイワリベラル を狙う。
前走は、なにか消化不良の様な1戦で、力は出し切っていない。
コース実績も優秀で、面子強化でも、この舞台設定なら上位進出も期待できる。

相手候補には、サンライズメジャー
強豪相手の実績もあり、前走は力足りずの馬が壁になった不利は痛かった。
見直しは必要な存在。

他では、捲りの利く長く良い脚を使える勢力へ流す。
キャンベルジュニア や インパルスヒーロー 等が有力圏内。

海外帰りは微妙も、仕上がっていれば・・・の サトノアラジン

◎ダイワリベラル
○サンライズメジャー
▲キャンベルジュニア
☆インパルスヒーロー
注サトノアラジン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ダッシングブレイズ
前走の影響が無いとはいえ、危険に思う。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 12:13| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

山吹賞 & アザレア賞

明日も仕事なので中心馬のみで簡潔に。

        『山吹賞』

◎ミライヘノツバサ


        『アザレア賞』

◎ドウオーモ
○ヴァンキッシュラン
▲ジュンヴァルカン
☆ダノンアローダ


堅い決着となりそうだが、敢えて惑星候補を挙げるなら、ダノンアローダ

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 20:53| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

高松宮記念 & マーチS

まずは、   『マーチS』 から。

◎ドコフクカゼ
これが中心馬。波乱は期待出来ないと思っているので、買い方で。


       『高松宮記念』

仮柵が大幅に寄せられた影響か、土曜競馬では内有利が目立ったものの、
元々タフなコースだけに、極端に内有利とは言えそうに無い。
人気を集める ミッキーアイル
実績は疑い様は無いが、この距離では勝ち星が無い事、また、同型馬が
多数存在する中での内容については、上の距離実績を含めて考えると、
頭勝負では買い難い。あくまで連の評価。

かなり前が早くなりそうな面子構成の上、仮柵が移動した内に集中しそうな展開。
とはいえ、この舞台設定での単純な前残りは考え難く、外強襲の存在に妙味を生みたい。
直線ゴール前、100mで前と後ろの総入れ替わり決着になるという目論み。

本命は、ウキヨノカゼ
12番人気と全くナメられたオッズだが、この舞台設定はこの馬にとってはベスト。
コースこそ違いあれど、昨年秋のスプリンターズSでは、3着の実績を誇る。
前走は距離コースもそうだが、道悪に泣かされた感。
総てが好転する舞台で一気に浮上してくれるだろう。

相手筆頭格には、ウリウリ
昨年、同舞台でのCBC勝利は道悪の恩恵も無くはないが、それを差し引いても
この舞台では狙いたい。

他では巻き返し濃厚の ビッグアーサー
発馬後手は気になるが、サトノルパン
末脚だけなら魅力1番の ティーハーフ
ミッキーアイル は上記の通りここでの評価。
アルビアーノ は前走不利は確かに痛いが、勝ち負けまではどうか?
エイシンブルズアイ も上手く流れに乗れればで、3着辺りまで。

◎ウキヨノカゼ
○ウリウリ
▲ビッグアーサー
☆サトノルパン
☆ティーハーフ
注ミッキーアイル
△アルビアーノ


馬券は  ◎ 単 ・ 複 
◎○ 2頭を中心に手広く馬券を組み立てたい。

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 11:31| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

毎日杯 & 日経賞

明日も仕事なので簡潔に。
どちらも大きな波乱は期待できそうにない感。
とりあえず、双方中心馬2頭のみの予想で。

     『毎日杯』

◎アーバンキッド
○タイセイサミット


     『日経賞』

◎ディサイファ
○サウンズオブアース


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:32| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

フラワーC

日曜競馬は、当たりはしたが、思った以上の低配当で僅かながらも負け越し。
ここは少し引き締めて。

エンジェルフェイス の出方次第もおそらく主導権を握るレースになる。
他をみても、それぞれの位置取りで隊列はスンナリ決まりそうな面子構成。
ゲッカコウ が途中から捲り上げてくる様相から後半の地力勝負か。

本命は、その ゲッカコウ
2走前の若竹賞から、ゴールドシップの様な捲りを見せ、さすがに直線では
捕らえられてしまったが、前走ではキッチリ勝利を確保。
こういうタイプは自身でレースを造る事が出来るので、混戦でも頼もしい。
今回も引き続き同じ鞍上なのも好感。

あとはどれも抜き出た存在もなく横一線。
人気処では ラブリーアモン や キモーヴ 辺りが有力。

面白いところでは、アオイプリンセス と ペルソナリテ
前者は前走は出遅れで流れに乗れなかった事で度外視出来る。能力は高く見直し。
後者の前走は溜めなかった事もあるが、馬体回復がカギ。

エンジェルフェイス は過剰人気気味。
今回が試金石となるが、楽な展開は望めないだろう。
たた主導権を握れる意味で、圏内までには・・・の評価。

◎ゲッカコウ
○ラブリーアモン
▲キモーヴ
☆アオイプリンセス
☆ペルソナリテ
△エンジェルフェイス


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 10:11| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

スプリングS & 阪神大賞典 & メジロライアン

ファルコンSは、穴推奨の、シゲルノコギリザメが3着と粘ってくれて
単 以外は、ワイドのみとなったが、なんとか勝ち越せた。
高配当とまではいかなくも、そこそこでも当てる事は大切か。

昨日は書けなかったが、メジロライアンの死は少しショックでした。
種牡馬になってからも活躍馬を世に出しましたが、やはり現役時代のレース振りが
記憶に強く残ってます。
横山(典)騎手が、「ライアンこそ最強馬」と口癖の様に言ってたのを記憶してます。
多くのファンがいた馬でしたが、私同様に、勝った「宝塚記念」よりも、
敗れたレースの方が印象に残ってるんじゃないでしょうか。
私も、平成2年ダービー が一番印象に残ってます。
以前このブログにも書きましたが、4コーナーで先頭の アイネスフウジンの背中に
翼が生えてる様に見えた忘れる事の出来ないレースであり、ホワイトストーン や
メジロマックイーン 等ハイレベルの世代の中で戦い抜いた素晴らしい馬でした。
「ライアン!ライアン!」と叫んだ大川さんと共に天国で現代競馬を見守って
くれている事と思います。
お疲れ様でした。ゆっくりおやすみを。

さて、     『スプリングS』 から。

有名TRに比べるとやや格落ち感のある面子揃いだが、面白いレースになりそう。
競馬のセオリー通りで、先行勢優勢と目論む。

本命は、マイネルハニー
馬券対象内には逃げた時だけのものだが、番手競馬でも差の無い内容を残している。
道悪も得意も、どんな舞台設定でも対応できる器用さもあり、このレベルの
面子構成なら、勝ち負けしてもおかしくはない。

相手候補には、ロードクエスト や ミッキーロケット の上位人気勢。

ハレルヤボーイ が面白い。
先行しても良いが、内枠を利して上手く溜めて立ち回れば上位も充分。

◎マイネルハニー
○ロードクエスト
▲ミッキーロケット
☆ハレルヤボーイ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ドレッドノータス
重賞ウィナーではあるが、この馬に関してかなり恵まれた内容。
ここでも通用するかどうかはやや疑問。


       『阪神大賞典』

1番人気を集めるGT馬 トーホウジャッカル。
実績は認めても、作夏からの久々とあっては重い印は打ち辛い。
陣営のトーンも、やや歯切れも良くない様にも聞こえ、ここは叩き台としてか。
人気上位勢も、一長一短で、確信までの存在も見つからず、一筋縄では納まるまい。

カレンミノティック が逃げを打つも、スローペースになると見込む。
大逃げもあるかもしれないが、後方の位置取りではやや厳しいか。

本命は、思い切って、 アドマイヤフライト
京都コースでの重賞実績はあるものの、正体は力のいるコース歓迎のタイプ。
逃げるカレンミノティックを見据えながらの位置取りでレースが出来るだろう。
ここ1年近く不甲斐ないレースが続いているが、前走はOPとはいえ、
復調もみえた内容だった。展開も味方しそうな今回を狙ってみたい。

相手筆頭格には、4歳馬から シュヴァルグラン
コース適正もともかく、力からしてもこの面子中では上位は間違いない。

他では、主導権を握るであろう、カレンミノティック

タンタアレグリア と アドマイヤデウス もここでなら。

◎アドマイヤフライト
○シュヴァルグラン
▲カレンミノティック
注タンタアレグリア
△アドマイヤデウス


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は思い切りよく トーホウジャッカル
上記の通り。

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 22:04| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする