2017年04月15日

アンタレスS 

もう時が経ちましたが、浅田真央選手の引退は残念です。
今は、歳を取っても頑張っている現役選手も増えているので。
でも、最近の真央選手を見ていると、そんな気もしないでもありませんでした。
少なくとも、東京オリンピックは無理かな・・・と。
しかし、フィギュアという競技を、熱中させた中心的存在だったと思うのは、
私だけではなく、多くの人達が感じている事だと思います。
長年想像出来ない程のプレッシャーの中で活躍し続けた実績はお見事でした。
これからの活躍の場をどう移していくかはどうかも、とりあえずは、
お疲れ様でした。

さて本題へ。
面子構成から、ややスローになりそうな面子構成。
ここは、あまり捻る事なく、前有利を前提に。

アスカノロマン を抜擢する。
G1だと足りないものの、このクラスでは安定した先行力を持っている。
逃げるまでにはいかなくとも、自身のペースで回れば上位は確実。

相手候補には、主導権を握れそうな モンドグラッセ 

グレンツエント も、勿論有力だが、ここでの58キロはどうか?

面白いところでは、ナムラアラシ はどうだろう。
脚質的に展開からここでの評価だが、今年になってからの勢いは特筆すべき。
それを支えているのが、馬体の成長もあるだろう。
勝負処では射程圏まで進出出来るスタミナもついた今なら期待。

◎アスカノロマン
〇モンドグラッセ
▲グレンツエント
☆ナムラアラシ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 09:55| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

桜花賞。2強ムードを打ち抜く紅の矢

当初は、ソウルスターリング1強ムードと言われた、牝馬戦線。
それに追随するのが、アドマイヤミヤビ。
桜花賞までなら、ソウルスターリング オークスでは、アドマイヤミヤビ
との評価が多いが、それはまた後の話で、まずは、桜花賞。

外枠有利がいつも有利とは思えないが、今年もそれは有利に働きそう。
天候は回復しそうも、内はかなり荒れている事から、外が有利に思える。
展開としては、隊列はある程度決まりそうだが、平均よりもハイペースで
流れそうな面子構成だけに、尚更、外からの差し馬に期待したい。

本命は、カラクレナイ
マイルはまだ未知の距離ではあるが、これまでの走りからすれば、
充分対応は可能。
発馬にやや不安を残すものの、この馬の最大の魅力はレースごとの
成長力にある。上記で挙げた展開になるなら、まだ上位2頭との決着が
ついていない当馬の未知の魅力に期待したい。

相手候補には、人気でも、ソウルスターリング に アドマイヤミヤビ

面白いところでは、カチューリップ賞でも穴候補に挙げた ワキタエンカ
昨年末の、千両賞では牡馬に交じって3着と健闘。
その1〜2着馬は後に重賞を勝ち上がっている事から、この馬も力はある。
簡単に引き下がらない粘りはこの相手でも脅威とみる。

◎カラクレナイ
〇ソウルスターリング
▲アドマイヤミヤビ
☆カワキタエンカ


馬券は、◎ 単 ・ 複
◎中心と、☆も中心とした、3連複 及び マルチワイド

キルトクール は 他 14頭

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:06| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

ニュージーランドT & 阪神牝馬S

やや簡潔に。

まずは、   「ニュージーランドT」 から。

平均ペースで流れそうな面子構成。
ただし、どの馬も一長一短であり、波乱も期待出来そうだ。
本命は、ボンセルヴィーソ に期待したい。
大外枠は歓迎とは言わないが、当馬の持続力は特筆すべきもの。
朝日杯でも逃げて粘れた様に、簡単には崩れない。
前走では好位からの競馬で2着でも、充分な内容で悲観するものは全く無い。
レース幅もあり、長く良い脚を使えるスタミナはここで生きてくる。
思った程人気になっていないので、ここは絶好の狙い目だろう。

◎ボンセルヴィーソ
〇タイムトリップ
▲ナイトバナレット
注クライムメジャー
☆スズカゼ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


       「阪神牝馬S」

ここは贔屓馬でもあるが、クロコスミア の粘りに期待。
同型馬の存在もあるが、自身のペースでいけば、番手でも対応出来る。
馬場が渋れば、尚面白い。

◎クロコスミア
〇ミッキークイーン
▲クイーンズリング
注デニムアンドルビー
△アドマイヤリード


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 22:20| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

大阪杯〜初代王者のその名はエース!

今年から格上げされたG1レース。
それらしい好メンバーが揃い、見応えもありそうだ。
ポイントとなるのは、3つ。
1つめは、今年から格上げされた事で、特に有力勢のこれまでは
先の大一番に向けての叩き台であったのが、これ自体が大一番になった事。
もう1つは、展開。
これまではスローになりがちなこのレースだったが、今年の面子構成から
マルターズアポジーを筆頭に、人気のキタサンブラック それを目標にする
簡単には負けられない、マカヒキ、そして、サトノクラウン が続く。
こうなれば、先行勢には厳しい展開になる。
人気を集める、キタサンブラックは、距離的には対応出来ても、そこは
久々の距離であり、これまでのゆったりした流れとは違う競馬に対応出来るか
という点と、上記に挙げた展開から果たしてこの数字程の信用は無いとみる。
それを追いかけなければならない、マカフキ もこの距離を考えると、
やや危険かもしれない。
もう1つはこの舞台での適正。

その一つを重要視した上で、本命は、ヤマカツエース に期待したい。
この馬の持ち味は、この距離での適正だろう。
展開に左右される事が少なく、どんな競馬にも対応は出来る。
持続力に優れており、良い脚を長く使える事も魅力。
阪神コースには実績は無いが、それは昨年の夏までの話。
今の充実度なら、克服する力はあるのではないか。
激しい先行争いを、射程圏内に置き、直線浮上する姿が目に浮かぶ。

相手筆頭格には、サトノクラウン
海外G1 を勝ってからの勢いは、明らかに違う。
元々この馬も持続力には優れており、予想通りの展開なら持ち味がいきる。

他では、こに舞台適正は好転材料の、ステファノス

最内枠を上手く活かせれるなら面白い、ミッキーロケット まで。

◎ヤマカツエース
〇サトノクラウン
☆ステファノス
注ミッキーロケット


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は キタサンブラック と マカヒキ
上記の通り。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 00:00| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

ダービー卿CT

スンナリ隊列は整いそうで、平均ペースで流れそうな面子構成。

ダイワリベラル の逃げ粘りに期待したい。
アテにならない面もあるが、実績ある再度この舞台でなら。
展開も味方しそうで、ここは勝ち負け。

相手筆頭格には、マイネルアウラート

面白いところでは、ダンツプリウス
古馬戦になってからは尻すぼみな成績も、久々に得意舞台に戻る
今回は、侮れない。

◎ダイワリベラル
〇マイネルアウラート
注ダンツプリウス


馬券は、◎ 単・複
3連複 及び マルチワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 07:53| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

高松宮記念 & マーチS

土曜競馬は、両メインで、3連複にワイドと的中で久々に良気分。
明日の日曜にも繋げたい。

まずは  「マーチS」  から。

距離延長で安定感が出てきた、ロンドンタウン が本命。
混戦で、どの馬がきてもおかしくないが、面白いところでは
7歳とはいえ、昨年の覇者、ショウナンアポロン の先行力か。

◎ロンドンタウン
〇ショウナンアポロン



     「高松宮記念」

ここも一言でいえば混戦。
総じて人気処も、確たる信頼感は薄い。
その中でも、レッドファルクス はこの舞台構成でも実績もあるし、
中心格ではあるが、海外遠征帰りという事と、その海外での惨敗から、
本当の意味で、立て直しているかが鍵。

ポイントとなる展開では、スンナリ隊列は整いそうな面子構成。

本命は、初志貫徹で、ソルヴェイグ を抜擢する。
この馬の持ち味は安定した先行力。
前走は、マークも厳しかったが、それ以上に休み明けと馬体増が敗因。
これまでコンスタントに使ってきた事からもそれが言えるのではないか。
初の左回りに全く不安が無い訳では無いが、走法からすれば大丈夫だろう。
それ以上に、一叩きされた上積みと、上記に挙げた先行力が魅力。

相手候補には、人気でも、レッドファルクス がやはり上位。
調教映像を見たが、その限りでは前走からくる不安は見えなかった。

他では、レッツゴードンキ も有力。
展開からすればやや厳しい感もあるものの、この馬には展開だけでは
判断出来ない力がある。前が残る様でも、勝ち負け出来る位には。

前走で、展開問わないと評価した上で惨敗された、シュウジ
今回は馬の気分に任せた積極的なレースが出来れば巻き返しも。

◎ソルヴェイグ
〇レッドファルクス
▲レッツゴードンキ
注シュウジ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複  そしてワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 21:42| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

日経賞 & 毎日杯

明日も仕事なので、簡潔に。

まずは、  「日経賞」 から。

先行勢も複数存在するが、展開は平均よりもややスローになりそう。

ミライヘノツバサ に期待したい。
コース実績と、粘りのある先行力で粘り込みを。

◎ミライヘノツバサ
〇ゴールドアクター
▲シャケトラ
☆ツクバアズマオー


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 および ワイド



    「毎日杯」

キセキ を抜擢する。
元々能力は高いものを持っており、距離短縮と好転舞台で復調なる。

◎キセキ
〇アルアイン
▲サトノアーサー


◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複 ワイド


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:03| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

フラワーカップ

土日競馬は、全敗で全く当たらない結果。
月曜こそ、一矢報いたい。

      「フラワーカップ」

圧倒的に人気を集める、ファンディーナ
2戦共に圧勝劇の結果も、内容的には時計も含めて平凡なもの。
ここまで人気を集める程の力はないとみている。
ディアレガーロの出方も気になるが、隊列はスンナリ整いそうで、
平均ペースで流れそう。

本命は、サンティール に期待したい。
前走は、牡馬混合の重賞で7着とはいえ、0秒4差とそれ程負けていない。
発馬後手も響いてのもので、まともならもう少し結果も違っていただろう。
レベルが低いと言われる牡馬混合とはいえ、高く評価したい。
スタミナもあり、長く良い脚を使える魅力はここでいきる。

相手候補には、デアレガーロ と、ディーパワンサ を。

◎サンティール
〇デアレガーロ
▲ディーパワンサ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び3連複 そして ワイド

キルトクール は ファンディーナ
上記の通り。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:27| 高知 | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スプリングS & 阪神大賞典

まずは、  「スプリングS」  から。

人気上位勢は強いは強いが、展開一つで結果は違ってくる。
とはいえ、アウトライアーズ を嫌う理由は見つからない。
中心はこの馬だろうが、敢えて一捻りしてみたい。

本命は、エトルディーニュ
左回りばかりに実績が偏ってはいるが、右回りがダメという訳ではない。
無理に抑え込もうとせずに、馬の気分に任せる様な騎乗が出来れば。
これまでも、実績馬との戦いの経験も考慮すれば、過小評価では?

◎エトルディーニュ
〇アウトライアーズ
▲サトノアレス


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド



      「阪神大賞典」

サトノダイヤモンド が圧倒的な人気を集めているのは、仕方のない事。
今となってはこの馬が崩れるシーンを想像するのは難しい。

一つあるとすれば、ここも展開。
先の大一番を目標に、ここは抑え気味の競馬をしてくるだろう。
隙があるとすれば、そこら辺りか。

ならば、先行必至の、タマモベストプレイ を本命にしたい。
7歳とはいえ、まだまだ衰えも無く、充分な戦力を持つ。
持ち味の先行力で、一泡吹かせたい。

◎タマモベストプレイ
〇サトノダイヤモンド
▲シュバルグラン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 08:10| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

ファルコンS & 名優逝く〜渡瀬恒彦さん

まずは、渡瀬恒彦さんの訃報には本当に残念に思います。
特に、9係シリーズは、科捜研の女 同様に好きなドラマだったので、
いつも観ていました。
体調不良で、これも人気シリーズ主役である十津川役を、内藤剛さんに
交代して療養していた事は知っていましたが・・・。
もっと活躍する姿を拝見したかったものです。
どんな役でも自然にこなす名優でした。御冥福をお祈りします。

明日も仕事なので、簡潔に。

     「ファルコンS」

マイネルバールマン 本命。
前走は切れ負けしたが、自在性があり、レースが上手い。
人気は無いが、今回の面子ならば、勝ち負けまでも。

◎マイネルバールマン
〇ボンセルヴィーン
▲コウソクコーナー


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:20| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

中山牝馬S & 阪神FR

明日も仕事なので、やや簡潔に。

まずは   「中山牝馬S」  から。

マジックタイム が人気を集めてはいるが、確たる主役不在の混戦。
平均ペースで流れそうな面子構成だけに、適正が一番の重要材料。

本命は、ビッシュ
もっと人気を集めると思っていただけに、やや離れた3番人気は過小評価。
実績からすれば仕方ないのかもしれないが、持続性が強いタイプで、
もってこいの舞台になるだろう。前がある程度流れそうな展開も後押しする。

持続力勝負なら、フロンティアクイーン も負けていない。
好転舞台で勝ち負けまである。

◎ビッシュ
〇フロンティアクイーン
▲マジックタイム


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


      「阪神FR」

人気を集める、レーヌミノル をどう扱うかがポイント。
安定性では、面子中筆頭格である事は間違いないのだが、勝ち切るまでには
前走を含めて、やや疑問が残る。
かなりハイペースが予想出来、追い込み勢の伏兵にも充分チャンスはある。

そうなれば、カラクレナイ の方が優勢とみたい。
まだ未完成の域を出ない感が多く出ているが、確実な末脚は魅力。

惑星候補としては、ラーナアズーラ
右回り対策として、チークピーシスを使用する様であるが、
効果があるとすれば、上位進出も可能とみて楽しんでみたい。

◎カラクレナイ
☆ラーナアズーラ


馬券は、☆ 複勝 と ワイド
あとこの2頭を中心に、3連複へと広げるかはまだ未定。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:58| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

金鯱賞 & アネモネS

まずは   「アネモネS」 から。

◎ライジングリーズン
〇ディアドラ


ワイド1点で。



      「金鯱賞」

なかなかの好メンバーが揃った、金鯱賞。
実績上位馬勢が人気を集めるも、一筋縄では納まらない様相に思う。
鍵を握るのは、展開で、主張しそうな存在もいるが、ロードヴァンドール
にしても、パドルウィール にしても、無理な先行争いをするタイプでもなく、
スローが見込め、タフなコースとはいえ、追い込み勢にとっては厳しい展開に
なると思われる。
単純な罠に落ちそうな予想ではあるが、案外ここは狙ってみよう。

本命は、その中の1頭、パドルウィール に期待したい。
前走の小倉重賞では、行きっぷりが悪かったのか、自身の競馬とは
程遠いものであった。小回りコースも合わなかったのかもしれないが、
この前走だけで侮るのは些か早計ではなかろうか。
強豪とも僅差の競馬の実績もあり、得意とするコースと、好転材料の多い
今回は、人気も落ち目で、絶好の狙い目と決め打つ。

相手筆頭格には、ヤマカツエース
GTレースではやや足りない面もあるが、この馬は自在性も強味であり、
このクラスなら、上位は揺るがない。

他では、ヌーヴォレコルト も一枚おさえておきたい。
前走は遠征明け初戦が響いたのか、3コーナーで手応えが苦しかったが、
それでも直線は伸び返して、あの着差まで詰め寄ったのは地力の高さ。
復調していれば、勝ち負けまでも。

もう1頭選ぶなら、ロードヴァンドール の粘りにも。
マイペースに持ち込めば、◎同様に簡単には崩れない。

◎パドルウィール
〇ヤマカツエース
▲ヌーヴォレコルト
☆ロードヴァンドール


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:09| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

弥生賞

土曜競馬は、阪神メインのチューリップ賞で、配当は低かったが、
3連複とワイドの当たりで、一矢報いた感。
日曜に向けても悪くない流れで。


       「弥生賞」

言わずと知れた、皐月賞 と同舞台のトライアルレースだけに、
注目度も高い。  が、やや手薄な面子構成になった感じは否めない。
しかし手薄だろうが、どうであろうが、競馬は競馬。馬券勝負。

確たる逃げ馬不在の様相になっている事からも、スロー濃厚な展開になりそう。
マイスタイル や ダイワギャグニー 等と先行勢でも競りかけていく事は
あまり考えられない。

ならば思い切って、マイスタイル に期待したい。
上記の様な展開なら、例え小頭数とはいえ、主導権を握れる強味を
存分に活かせそうだ。
坂のあるコースでもしっかりとした脚色で抜けていく辺り、
なかなか力はあるとみえ、今年の面子レベルなら上位進出も
充分狙えるのではないか。

相手候補には、コマノインパルス を挙げたい。
前走こそ、外を捲り上げる追い込みを見せて重賞制覇を果たしたが、
元々は自在性のあるタイプ。走法からみると、広いコースが向きそうだが、
コース適正にも幅が広いのかもしれない。

◎マイスタイル
〇コマノインパルス


この2頭の ワイド を中心にして、2頭軸の3連複で勝負。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 07:59| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

チューリップ賞 & オーシャンS

まずは   「オーシャンS」 から。

コース適正も充分で、脚質にも幅のある、ナックビーナス 本命。
順当に納まりそうも、波乱の伏兵候補としては、トウショウビスト

◎ナックビーナス
〇メラグラーナ
▲ブレイブスマッシュ
☆トウショウビスト
注クリスマス



   「チューリップ賞」 

2歳女王の、ソウルスターリング の登場。
そしてその2着だったリスグラシュー も登場で人気も2頭が分け合う形。
実績、実力共にこの面子中では上位に間違いはないが、この2頭共に
本番は先という事で、この2頭でスンナリ決まるとは思えないし、
また、思いたくない。
ある程度落ち着いた流れになりそうで、小頭数とはいえ、先行勢に
有利に働かないだろうか。
そして、なんとか大一番への権利を取りたい馬の出番にもなるだろう。

本命は、アロンザモナ に期待したい。
2走前は、大きな出遅れと4コーナーで外にフラれた事が響いての惨敗。
その鬱憤を晴らすがの如く、前走では、キッチリ差し切った。
元々力はある馬で、自身のリズムである先行策でロスなく立ち回れば、
上位に喰い込む可能性は充分にある。

相手候補には、今回は、リスグラシュー を筆頭格に挙げたい。
前走はこれも後手を踏み、自身の競馬は出来なかったがそれでも
G1レースで2着を確保したのは地力の高さの証明と言えよう。

他では、女王の ソウルスターリング 圏内。
本番は先とはいえ、ここで無様な競馬は出来ない。

他では、エントリーチケット の先行力も侮れない。

面白いところでは、カワキタエンカ
地力はあるタイプで、混戦になれば、ちゃっかり3着辺りに紛れそう。

◎アロンザモナ
〇リスグラシュー
▲ソウルスターリング
注エントリーチケット
☆カワキタエンカ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:19| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

中山記念 & 阪急杯

仕事が思ったよりかかってしまい、今になりました。
時間が無いので、やや簡潔に。

まずは   「阪急杯」

シュウジ が圧倒的人気を集めている様に、レース幅が出てきた事や、
今の充実ぶりからすると、仕方ないにしても、前走お世話になったとしても
やや過剰人気気味なのは否めないか。

本命は、思い切って、テイエムタイホー に期待したい。
近走全く結果が出ていないが、今回はこの馬にとってベストの舞台。
老兵の一発に期待しようではないか。

相手筆頭格には、人気でも シュウジ
前記の様にレース幅に安定してきた今なら。

面白いところでは、好転舞台となる トーキングドラム

◎テイエムタイホー
〇シュウジ
☆トーキングドラム


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド



        「中山記念」

GT馬4頭が集まった注目の1戦。
アンビシャス に リアルスティール の人気を集める2頭は
この面子中でも、最有力候補に挙げられても仕方ない存在で、
そう簡単に崩れる事は考え難い。
しかし、付け入る隙があるとすれば、本番は先ということか。
この2頭にとって、今年から格上げされた、大阪杯 が最大の目標と目論む。

マイネルミラノ が主導権を奪いそうで、一見スローとも思えるが、
有力勢も好位から早めに仕掛ける事も充分に考えられ、単純な前残りとは
考え難い。後ろからでも勝負になるとみる。

本命は、ツクバアズマオー
実績からすれば、重賞ウィナーでも、この面子に入るとやや見劣る。
しかし、目下の充実ぶりから考えると、この馬を一枚上手と取りたい。
コース巧者で、捲る競馬が似合う。
距離短縮は歓迎とは言えないまでも、上記の展開なら勢いも加わり、
逆転までも考慮する。

相手候補には、人気でも、リアルスティール と アンビシャス

ロゴタイプ もコース巧者と距離短縮は歓迎だが、海外帰り初戦と
いう事で、ここでの評価。

面白いところでは、 サクラアンブルール
この馬もコース巧者で、距離短縮は歓迎材料。
勢いもあり、圏内に入り込む余地はある。

◎ツクバアズマオー
〇リアルスティール
▲アンビシャス
注ロゴタイプ
☆サクラアンブルール


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ネオリアリズム
次点評価というだけで、印が回らないという理由・・・。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 13:35| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする