2016年10月30日

天皇賞・秋 & カシオペアS

まずは、  「カシオペアS」

スロー必至な面子構成も、決め手勝負になりそう。ならば・・・

◎レプランシュ
      

「天皇賞・秋」

現時点では、僅かに エイシンヒカリ が1番人気。
それを モーリス が追う数字が展開されている。
そのエイシンヒカリ だが、昨年は主導権を奪われ、
自身の展開にならなかった影響か、惨敗を喫した事に関すれば
あまり深く考えなくて良いだろう。
今回は、最内枠に入り、陣営も逃げ宣言とも言える表現をしている事から
主導権を握るのは間違いないだろう。
昨年の様な事にはなるまい。
しかしながら、これまでのレースを見る限り個人的な見解ではあるが、
どちらかというと、右回りの方に適性を感じる。
あとは、他陣営が、この馬をどう捉えてでも展開が左右される。
無理をせず、エイシンヒカリの競馬をさせるか、それとも多少無理承知で、
プレッシャーをかけていくか、勿論楽な競馬はさせないだろう。
ロゴタイプやクラレントもプレッシャーをかけてくるだろうが、
夏からここを目標にしている モーリスも黙ってはいない。
前々での位置取り勢には厳しい展開になるだろう。
とはいえ、ある程度前々を射程圏内に出来る位置取りは必要となる。

本命は、アンビシャス に期待する。
上記の様な展開なら、この馬が最有力に挙がるとみている。
前走は、ルージュバック との追い比べに負けはしたが、同コースでも
距離が違う。2000の舞台なら、逆転は充分にあるだろう。

相手候補の方が難解だが、モーリス を筆頭格に挙げたい。
マイルでの実績が圧倒的も、前走を観る限りこの距離にも充分目処は立った。
底力がある方なので、消耗戦になっても大丈夫ではないか。

前走ほとんど競馬にならなかった、ステファノス もこの舞台で見直したい。

他では、ヒモ荒れを期待して、人気薄に流したい。
特にアドマイヤデウス の上昇度には注目している。

◎アンビシャス
○モーリス
▲ステファノス
☆アドマイヤデウス
☆ヒストリカル
☆サトノクラウン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は エイシンヒカリ
上記に挙げた通り。
もう1頭、ルージュバック もこの舞台での好走がイメージ出来ない。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 09:27| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

菊花賞

サトノダイヤモンドとディーマジェスティ の2強対決の様相。
展開からも考えたいが、やや絞り難い面子構成だけに、
極端に左右され難い事も視野に入れる必要がある。
ならば、云々考え過ぎない事にして、馬個体の適正を重視する定石を
最重要視して考えたい。

本命は、ミッキーロケット
前走の、サトノダイヤモンドに肉迫した内容も高く評価出来るが、
それ以上に、春から比べて走法もかなり変わってきた。
発馬については、まだ少しアテには出来ないが、コーナーワークで
しっかりと射程圏内に入れる様な競馬が出来る様になった事は好材料。
例え直線ヨーイドンになろうが、消耗戦になろうが、対応は可能。
スタミナも一級品で、自身のレースに徹する事が出来れば勝機もある。

相手候補も難解だが、距離不安があるとはいえ、サトノダイヤモンド
これまた人気でも、ディーマジェスティ も切り捨てるまでには至らない。

立ち回りを上手く生かせれば、カフジプリンス も有力。

面白いところでは、アグネスフォルテ を抜擢。
京都新聞杯では◎を打ち、お世話になった様に、淀外回りでの適正は
非常に高いものがあり、スマートオーディンには負けたものの、
一旦は差し返す場面も見せていた。変わり身に期待したい。

もう1頭なら、ウムウルフ
距離延長に最も魅力を感じる1頭で、この人気ならおさえておくべき。

◎ミッキーロケット
○サトノダイヤモンド
▲ディーマジェスティ
注カフジプリンス
☆アグネスフォルテ
☆ウムウルフ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 09:23| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

秋華賞 & YOGABOOK購入

まずは、久々にこの話題。
つい先日発売されたばかりの、yogabook
http://shopap.lenovo.com/jp/tablets/lenovo/yoga/?cid=jp:sem:hi23di&

8月後半にこの機種の発表があり、その時から心待ちにしておりました。
ちなみに購入したのは、 Windows版です。
タブレットで大丈夫だけど、ライトな入力作業も必要という方には
かなり魅力的な商品だと思います。
Surface3 と比較出来ると思うんですが、キーボードやrealペンも
標準で付属してでのこの値段なので、そのSurface3よりもかなり
高いコスパかと思います。
少し使用してみた感じでは、およそ想像通りなんですが、メモリーが
4GBある割には、ハードがemmc なせいか、ややモッサリ感は否めません。
まあ、普通に仕事に、プライベートに、サブPCとして使うなら充分かと。
あとは、描機能をもう少しマスター出来ればと思います。
yoga1.jpgyoga2.jpgyoga3.jpg

また後日でも更新出来ればと思います。
こういうタイプのキーボードもなかなか面白いです。

さて、本題の   「秋華賞」

春の上位組が不在で、主役の一角だった、ジュエラーも完全復活までは
どうかと言えば、やや不安が残る前走だった。
こういう末脚鋭いタイプは状態が不安でも 人気落ちが少なく、
今回もそういうケースと言えないか。
復活していれば文句なく最右翼になる力はあるが、今回も
人気程の信頼は無いとみたい。

展開としては、平均よりもややハイペースよりな面子構成だけに、
あまり位置取りに関係なく、どこからでも届くとみていいだろう

本命は、ヴィブロス
前走は3コーナーでこれからという時に、下がった馬の煽りを受け、
致命的な不利はあったが、それでも2着を確保した実力は高く評価したい。
しかしそれ以上に評価出来るのは、競馬センス、特にコーナーワークは
上手く、この内回りの2000はこの馬にとっては絶好の晴れ舞台になる。

相手候補には、デンコウアンジュ を挙げたい。
春は成長期に馬体減が続き、この馬のポテンシャルを発揮出来なかった。
休養明け、まだ万全では無いものの、ある程度結果を残せたのは収穫。
やや不器用な面はあるが、ある程度の位置取りで競馬出来るのもいい。
出来れば馬体が増えていて欲しいが。

他では、前走圧勝で強いインパクトを残した、ヴィッシュ
ただ、前走以上のパフォーマンスは難しく、そのまま鵜呑みは危険。

展開に左右されない カイザーバル も面白い。

あと1頭選ぶなら、前走本命打った、クロコスミア
この馬も自在に動ける魅力があり、ナメられた人気の今回も狙いたい。

◎ヴィブロス
○デンコウアンジュ
▲ヴィッシュ
注カイザーバル
☆クロコスミア


馬券は、◎ 単 ・ 複  ☆ 複勝
3連複 及び ワイド

キルトクール は ジュエラー
前走がいかにも負け過ぎで、この期間で完全復活とは?
先でも充分に活躍出来る馬であり、大事に使って欲しいという
願いも込めて、今回は切りたい。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 09:06| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

京都大賞典

やや簡潔に。

このレースのポイントは、圧倒的人気を集めている、キタサンブラック を
他陣営がどうとらえているかではないか。
勝負をかけて、他馬勢が早めに仕掛けていくなら、消耗戦になりやすい。
勿論、全く逆の展開も考えられるが、ここは消耗戦とみて決め込んでみたい。

本命は、ヒットザターゲット
実績的にも人気勢からすればやや見劣りする事や、得意の内枠では無い
という事からも難しいとも思えるが、小頭数の上、バラける展開になりそうな
面子構成だけに、立ち回り良いコース選択が可能だろう。
上記の様な消耗戦になれば尚、浮上する可能性は高い。

相手筆頭には、圧倒的人気でも キタサンブラック

サウンズオブアース は典型的なトライアルタイプだけにここが狙い。
距離がやや微妙な ラブリーデイ も道中の我慢次第では。

もう1頭面白いのが、ファタモルガーナ
休み明けは少し気にはなるが、消耗性になるなら面白い。

ラストインパクト も休み明けはやや不安も上手く展開にハマれば。

◎ヒットザターゲット
○キタサンブラック
▲サウンズオブアース
注ラブリーデイ
△ラストインパクト
☆ファタモルガーナ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 09:24| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

スプリンターズS & 凱旋門賞

先週の日曜に、親父が亡くなったので、喪に服しておりました。
90歳の、大往生でした。
GTもある事だし、今週から復活してみようかと思います。

     「凱旋門賞」

ここは、マカヒキ に頑張ってもらいたいと思うしかない。
斥量有利な3歳というのも魅力です。


     「スプリンターズS」

春の覇者、ビッグアーサー が最内枠に入った事がポイント。
包まれる不利は避けたいところで、いつでも抜け出せる様に、
前々での位置取にせざるを得ない事で、自身の競馬が出来るか否か。
一見ハイペースに映りそうだが、平均ペースと決め込んでみる。
このクラスだけに極端な追い込みでは疑問も、自在性ある存在に目を向けたい。

本命は シュウジ に期待する。
前走は逃げる展開になったが、元々はどんな競馬でも対応能力の高さを
証明している。
中山コースは初となるが、むしろ適正ある舞台になるだろう。
斥量や過去の実績から3歳勢は不利なデータは承知の上で狙いたい。

相手筆頭格には、レッツゴードンキ
当初スプリント戦線には、適正外と思い込んだが、それに対応する成長面が
見られたのは正直意外だった。
展開も向きそうなだけに、ここは期待してみよう。

他では、上記の通り、最内枠がやや不安な ビッグアーサー

ダンスディレクター に ティーハーフ の差脚も魅力。

好調 ネロ がどこまで粘れるか。

◎シュウジ
〇レッツゴードンキ
▲ビッグアーサー
注ダンスディレクター
☆ティーハーフ
☆ネロ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ミッキーアイル
調教映像をみても、本調子にはまだ遠い。狙いは次の大一番とみて、
今回はビタ一文いらない。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 09:07| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

ローズS & セントライト記念

まずは、  「ローズS」 から。

スローの見方が強くなりそうな面子構成の上に、馬場状態も、
かなり悪い様で、先の本番には繋がり難そうな舞台設定ともいえる。
しかし、出走メンバーは春の女王2頭と共に、実績馬も登場し、
見応えあるレースが楽しめそうだ。

人気上位、女王2頭の能力は抜けてはいるが、本番は先のレースであると
いう事と、特に、ジュエラー は骨折明けでの参戦で、この人気では、
さすがに購買意欲は沸かない。思い切って切り捨て妥当とみる。

本命は、クロコスミア
2歳時から常に応援し続けている当馬だが、年明けは昨年の過度な
ローテの反動からか、それとも実力からか不甲斐ない成績の2戦。
しかし、2歳時では、メジャーエンブレム等実績上位馬と差の無い
競馬をしてきた実績もあり、得意と思える一呼吸おけるこの距離。
その上、勝利実績がある道悪とくれば、狙ってみても面白い。

相手筆頭格には、オークス馬の シンハライト
休み明けでも、先が本番でも、そうは崩れない。

もう1頭選ぶのは、デンコウアンジュ
メジャーエンブレムを破り、一躍脚光を浴びたが、今年春2戦は
それぞれ不利があったり自身の競馬が全く出来ていない。
距離も良く、心機一転で狙いたい。

◎クロコスミア
○シンハライト
☆デンコウアンジュ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び マルチのワイド

キルトクール は ジュエラー
上記の通り。


     「セントライト記念」

皐月賞馬、ディーマジェスティ の登場。
面子構成からも、ここは負けられない1戦だが、敢えて ○対抗格に。
もう1頭、中山2勝の注目馬、マウントロブソン はやや調整が遅れ気味。
本来ここが本番のハズの陣営のトーンも上がらず、ここは正直とみて外したい。

本命は、プロフェット
ピースマインドとキークラッカーの先行争いの様相でも、
序盤はゆったりと入れそうな展開ではないか。
ならばこの馬の持ち味である、好位を取れるレースが楽に出来そうだ。
年明けの、京成杯 の再現を期待したい。

相手筆頭格には、上記の通り、ディーマジェスティ

◎プロフェット
○ディーマジェスティ


とりあえず、この2頭を中心に馬券を組み立てたい。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 08:41| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

京成杯AH & セントウルS

まずは、  「セントウルS」 

ここは、先の大一番よりもここが狙いと思われる、
◎ネロ
この馬が中心で。

      「京成杯AH」

人気上位、ロードクエスト と、ダノンプラチナ は
この面子では上位は間違いないものの、どちらもこの舞台に関しては、
久々も含め、脚質、狙いは先の大一番と付け入る隙が充分にある。
ここは少し捻って組み立てたい。

ハイペースになりそうな舞台も、それ程飛ばす存在は無く、
平均よりもややスロー寄りの展開になるのではないか。
そうなれば、上位2頭にとっては益々隙が生まれてくる。

本命は、前走同様に、クラリティスカイ に期待したい。
前走予想時にも言った様に、NHKマイルC以降の不甲斐ない成績は、
それぞれ要因はハッキリしているもの。
前走は久々に復調気配を見せてくれる内容は評価したい。

相手筆頭格には、これまた前走同様に、ビークトラム
前走は全く期待外れに終わったが、ここで見限るには早計。
ここも再度期待したい。

他では、充実している、ダンスアミーガ

人気処の2頭は、この辺りでの評価。

◎クラリティスカイ
○ビークトラム
▲ダンスアミーガ
注ダノンプラチナ
△ロードクエスト
△ダノンリバティ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 12:30| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

紫苑ステークス

超簡潔に。

◎ゲッカコウ

これにて失礼。
ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 14:11| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

新潟記念 & 小倉2歳S & 丹頂S

土曜競馬は、人気薄の エトルディーニュ に期待したが、4着。
気を取り直して、日曜競馬へ。
その前に、四国高知でも、台風の影響が出始めたのか、
時折、かなり強い雨が降ったりします。
これからが心配ですが、皆様もお気を付けください。

まずは   「新潟記念」

どの馬も一長一短どころか確たるものもなく、文字通り大混戦。
それは1番人気でも6倍ものオッズが証明しているかの様。
ローカルでは安定勢力とも言われる、ダコール も、前走が
一番の仕上げの様に思えるので、ここはどうかとやや疑問。
先行勢が多い今回ハイペースも予想出来るが、長い直線もあってか、
前半はスローに進む事が多い、単純にどちらに決め込むのも危険か。
ならば、逆に難しく考えず、ストーリーを展開したい。

本命は、ファントムライト に期待したい。
近走2戦は、G1と休み明けの調整不足と要因はハッキリしており、
この2戦は度外視して良いだろう。
一叩きしての舞台適正ならこの面子でも勝ち負けまでいける。

相手候補も難解だが、上記に挙げた、ダコール 位しか思いつかない。

他を探すのもこれまた難解で、前走金星の クランモンタナ
舞台適正なら今回の方が良いハズ。

前では可能性は一番大の マイネルミラノ まで。

◎ファントムライト
○ダコール
▲クランモンタナ
注マイネルミラノ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


     「小倉2歳S」

◎シゲルベンガルトラ
○クインズサリナ
▲ドウモワゼル


     「丹頂ステークス」

◎アドマイヤエイカン
○カフジプリンス
☆コスモロビン


御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 10:25| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

札幌2歳S 

台風12号の影響がどうでしょうか?
小倉の方も気になりますが、ほぼ日本全国に駆け抜けそうで、
3つの台風の影響で復旧していない東北や北海道の方も、かなり心配です。

札幌メイン  「札幌2歳S」 

極端な波乱は望めないかもしれないが、敢えてここは狙ってみたい。

本命は、エトルディーニュ
新馬戦ではコーナーを大きく膨らんでしまう行儀と気性の悪さを露呈。
差はつけられたが、それでも3着を確保した。
次の未勝利戦では、やや折り合いに苦労はしたものの、コーナーワークは
しっかりと修正し勝利をものにした内容は評価したい。
まだまだ粗削りだが、先行勢が多数揃ったここはチャンスではないか。
引き続き同騎手が乗り続けるのも好材料。

◎エトルディーニュ
○タガノアシュラ
▲ディープウォーリア


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複  ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 22:49| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

キーンランドC & 新潟2歳S

まずは、 「新潟2歳S」 から。

2頭迷ったが、本命は マイネルバールマン
レースセンス先行力共に高く評価出来、中心としてみたい。

相手には、前有利な展開でも勝ち負けまで持ち込める、オーバースペック
ただ、発馬下手はいかに長い直線とはいえ、差し損ねも不安で対抗格に。

◎マイネルバールマン
○オーバースペック


ワイド1点勝負


     「キーンランドC」

本命は、ソルヴェイグ
前走をややフロッグ視されている面もあるが、外から先行して、
直線交わされたシュウジを差し返した内容は評価は高い。
これからのスプリント戦線を背負う存在として期待したい。

相手筆頭格には、その シュウジ

他では、トップハンデは気になるものの、能力は最右翼の、アクティブミノル

◎ソルヴェイグ
○シュウジ
▲アクティブミノル


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複、ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 11:05| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

土曜競馬

先週はかなり嬉しい的中で調子に乗りたいところだが、
あくまで謙虚に。
簡潔に、中心馬のみ。

   「2016ワールドオールスターズジョッキーズ」

まずは、第一弾 「9R」
◎エアワイバーン


続いて、第二弾 「11R」
◎トウカイオーロラ

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 10:28| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

札幌記念 & 北九州記念

白熱のリオオリンピック。
男子リレーの銀メダルは盛り上がりました。
今日行っていた、400X4のリレーでもそうでしたが、
バトン受けはやっぱり重要だな・・・と改めて感じましたね。
アメリカの6連覇もそうですが、今回無念の銀メダルの吉田選手も今更ながら
長くトップで在り続ける事は、凄い事なんだなと思います。
ちょっとミーハーですが、卓球女子での、愛ちゃんは、メダルを決めた時よりも、
ダブルスで勝った時の喜びの方が印象に残ってます。

あと、今日は甲子園での決勝戦がありますが。
どちらかというと、北海高校の方を応援してます。
エースで主将の大西君の敵側のアルプスにも1礼をする姿は、
単純と言われそうですが、好感してます。
そういう事を複雑に考える事はしなくてよく、素直に感心します。
握力が戻らない様ですが、頑張って欲しいものです。

とりとめのない文章になってしまいましたが、本題へ。

ますは、  「北九州記念」

ここは簡潔に。
ベルカントが中心の様相も、この馬とで確たる主役かと言われれば、
そういう感でもない。
総てが上手く運んだ昨年と同様、もしくはそれ以上のパフォーマンスを
求めのは疑問。付け入る隙はある。

◎ジャストドウイング
○オウノミチ
▲ベルカント



     「札幌記念」

ここはスローペースが濃厚な面子構成。
ただ、だかあと言って、単に先行勢が有利と見るのはどうか?
それなりに前々で展開を作りそうな存在もある事と、モーリス等の
有力勢がある程度前での位置取りからと意外と消耗戦になるのではないか。
特にヌーヴォレコルトの動向でそれが表れてきそうな気配。
圧倒的人気を集める、モーリス は実力は認めつつも、距離や展開も含め、
この舞台での適正を考慮しても、ここまで人気を集める程の信用は無い。
頭は絶対無いとみているので、中途半端に拾うよりも、ここは敬意を表して、
切り捨ててみる。

本命は、ネオリアリズム
能力素質共に高いものを持ってはいるが、気性の問題等で、なかなか
その能力に伴う実績が残せないでいる。
今回前半スローでの折り合いの不安はあるものの、外枠に入った3頭が
当馬よりも前に行きそうなので、上手く壁になってくれればとの思いと、
この馬で2戦2勝している頼れる鞍上に戻るのも好転材料。
コース適正も立証済で、ここは思い切って狙いたい。

相手筆頭格には、3歳から、レインボーラインを抜擢。
春、ダンツプリウスに競り勝った様に、混戦に強く、勝負根性もある。
走法からも、ここでの適正は充分にある。

他では、舞台適正でも上位な、スーパームーン
鉄砲も問題なく、今回が狙い目。

◎ネオリアリズム
○レインボーライン
▲スーパームーン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び マルチ の ワイドで。

キルトクール は モーリス

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 11:42| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

土曜競馬

メイン2つ簡潔に。

まずは、   「札幌日刊スポーツ杯」

ここは思い切って、ウイングジャパン を狙いたい。
前走は勝負処で行き場を無くし、後退して立て直す不利があった。
スムーズなら勝ち負けまでいっていたハズ。
距離延長は歓迎する舞台で、連闘は好調の証と前向きにとらえたい。

◎ウイングジャパン



       「日本海ステークス」

◎シホウ



御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:41| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

関屋記念&エルムS & 武邦彦 & スマップ

まずは、スマップ解散は、「やっぱりな・・・」と思った人も
多かったんではないかな・・・とも思います。
個々でもやっていけそうな実力は持っているけど、やや複雑ですね。

武邦彦さんに関しては、豊の父もそうですが、
やはり、バンブーメモリー の調教師さんという印象も強いです。
しかし個人的にそれ以上に強いのは、春天皇賞、サクラローレルが
制覇した時、確か、HNKの解説をしていたんですが、その時に、
「太君が乗ってたら絶対勝てなかった」 を連発していた事が強く
印象に残ってます。
「そんな事言ったら太君に失礼だな。」 と、言う舌の根乾かぬ内に、
「やっぱり太君じゃあ勝てなかったな」と。(笑)
それ以降、解説で見る事はありませんでしたが、
天国で、今頃、バンブーと一緒に毒舌まきながら走っているんでしょうか?
お疲れ様でした。御冥福をお祈りします。


さて、 本題へ。

土曜競馬は、勝ったウインガニオン はおさえていたものの、
肝心の◎ウエスタンメルシー は影もなく圏外・・・。
まだまだです。

まずは    「エルムステークス」

ここは中心馬のみ。
◎ショウナナポロン

前走ハイペースを2番手から抜けだす横綱相撲で勝ち切った事は評価。
逃げるだけではなく、戦法に幅が出てきた事はここでも通用する。


       「関屋記念」

ハイペースは考え難い面子構成、
それだけに、土曜同様に、あまり後ろからだと届かない可能性も高い。
思い切って、クラリティスカイ を抜擢する。
近走は二桁着順の不甲斐ない成績が続いているが、この馬の
ポテンシャルが落ちている訳ではなく、距離であったりダートであったり、
または、道中の位置取りであったりと敗因は推測出来る。
中途半端に乗るとビタ一文いらない存在も、スピード生かせる思い切っての先行策なら、
長い直線とはいえ、活路は充分にあるのではないか。
スポットが小さい馬だけに、狙い難いタイプではあるが、確たる逃げ馬不在の
今回だけに、田辺騎手の思い切った騎乗に期待したい。

相手筆頭格には、充実してきた、ビークトラム
平坦へのコース変わりは好転舞台。
コース実績もあるが、予測する展開なら、最右翼。

他では、ケントオー や マジックタイム の人気処も有力

ロサギガンティアはベストは1400と思えるだけに、
人気程の信頼感は無いが、脚が上手く溜めれるなら。

面白いところでは、ダンスアミーガ
アテになり難いタイプではあるが、コース実績は抜群。
1度叩いた効果も含めて最大の惑星候補。

もう1頭、マジェスティハーツは中間の怪我からの復調は気になるが、
状態が良いなら、侮れない。

◎クラリティスカイ
〇ビークトラム
▲ケントオー
注マジックタイム
△ロサギガンティア
☆ダンスアミーガ
☆マジェスティハーツ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 09:22| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

新潟日報賞 & 阿蘇ステークス

簡潔に、中心馬のみ。

     「新潟日報賞」

◎ウエスタンメルシー


復調の兆しが見えた上に、総てが好転する舞台だけに狙い目だろう。


     「阿蘇ステークス」

◎ピンポン


ハイペース展開ならば出番があっていい。
勝ち切れるかどうかは微妙も、中心なら。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 13:05| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

小倉記念 & レパードS

蒸し暑い日々が続いてしんどい毎日が続きます。
そんな中、オリンピック開幕に、もうすぐ甲子園も開幕。
暑さに熱さが拍車をかける良い意味での毎日になりそうです。

さて、こちらも熱い夏競馬。

まずは   「レパードS」  から。

◎ ピットボス 

先行力に期待してみよう。


      「小倉記念」

展開もそうだが、重要視したいのは、コース適正。
特にこのローカルではこれが重要視されるポイントの1つ。

マーティンボロ に期待したい。
距離コース共にベストは過去の実績からすれば言うまでもない。
しかしこの馬の持ち味は、長く良い脚が使える持続力にある。
前走は久々もあり、まだ完調には足りない状態にもみえた。
一叩きされた効果も見込め、ここは中心と考えて良い。

相手筆頭格には、ベルーフ
昨年の小倉実績もある様に、小回りが上手く、以前にも述べたが、
この馬も良い脚を長く使える持続力が持ち味。これが生きるだろう。

他では、確信までは至らないものの、ダコール
舞台設定も合うが、この鞍上なら信用できそう。

あと、上手く流れに乗れれば上位進出可能な、テイエムイナズマ まで

◎マーティンボロ
○ベルーフ
▲ダコール
注テイエムイナズマ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 11:49| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

札幌日経OP

時間が無いので簡潔に。

◎タマモベストプレイ

中心はこの馬で。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 15:01| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

クイーンS & アイビスサマーD & ポケモンGOと施設殺傷事件

話題にならない日は無い程人気の ポケモンGO
実は私も、2〜3回程度遊び、ゲットもしてきたが、
う〜〜ん・・・楽しいとは思いますがそこまで楽しいとも思えず・・・。
ニュースで夜の公園でたむろしている大勢の人達が集まる光景は、
なにか、ゾンビの集団にも見えてしまって・・・。
ただし、歩きながらそっちに集中し過ぎたり、車、自転車に乗りながら
熱中するのは辞めて頂きたいものです。自身の安全の為にも。

障害者施設で、19人もの人達を殺害してしまった事件。
私も、仕事で数回そういう施設にお邪魔させて頂いた事があるので、
他人事の様には考えられませんでした。
あそこまで殺意というか、なにがそこまで・・・と思います。
障害者の人達とも仕事をする時がありますが、驚いたのは、
人の観察力は思った以上にという言い方は失礼ですが、
凄く優れていると思いますね。言動にも気を付けないといけないし、
また、見習わなければならない事もあります。
亡くなられた多くの人達の御冥福をお祈りすると共に、
怪我をした多くの人達の1日でも早い回復を願ってます。

さて、競馬へ。
まずは、  「アイビスサマーD」

ここは中心馬のみで。

◎ネロ

ようやくこの舞台に進む事が出来た。
外枠も歓迎で、2番人気でも勝機到来と思いたい。


      「クイーンS」

前に付けたい存在が多く居る事からもハイペースの噂もあるが、
然程上がらず、平均ペースに落ち着くとみる。
後半からの展開で、いつも以上に仕掛け処がポイントとなる。

本命は、思い切って、マコトブリジャール に期待する。
前走は今回人気になっている、シャルール を下しての重賞制覇。
展開の利があったとはいえ、当馬自身も脚色が鈍る事は無かった。
無理にハナには拘らないタイプで、内枠から好位でロス無く
立ち回れそうで、そういう器用さも活きてくるのではないか。

相手筆頭格には、ナムラアン
前走は発馬直後に接触した影響か、折り合いを欠いてしまった内容で、
度外視出来る。人気も下げているが、侮れない。

他では、人気でも ロッテンマイヤー や リラヴァティ は外せない。

ウインプリメーラ は距離がやや微妙も、上位には。

前走は全く競馬にならなかった シャルール も見直しか。

◎マコトブリジャール
○ナムラアン
▲ロッテンマイヤー
注リラヴァティ
△ウインプリメーラ
△シャルール


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド
上位印が人気薄なので手広く。

キルトクール は テルメディカラカラ

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:18| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐渡S & 阿寒湖特別

簡潔に。

       「 佐渡S 」

◎ロジメジャー・・・・・複勝で。


       「 阿寒湖特別 」

◎ミライヘノツバサ・・・・中心馬。



御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 14:19| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする