2011年01月01日

2011。新年

めでたい人も、めでたくない人も、とりあえず、おめでとうございます。
世間が休みの時に仕事をし、世間が仕事している時も仕事をしている様な、
まさに、貧乏暇無しを絵に描いた様な、裕二郎です。
昨年中も、多々お世話になりました。
また、本当に素敵な1年だったかと思います。
人から与えられるもので、これ程素敵と感じた事は無かったかもしれません。
今年がどんな年になるかはまだ当然未知ですが、
昨年に勝るとも劣らない様な1年間、日々大切に過ごしたいと思います。

さて、本題の競馬ですが、これまで通り競馬を楽しむという基本から
一喜一憂していきますので、何卒これまで通り、御贔屓を賜りますよう。

私を含め、出来るだけ多くの人達の素晴らしい1年を願いながら
新年の挨拶とさせて頂きます。



裕二郎
posted by 裕二郎 at 22:24| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

毎日王冠 & 京都大賞典

まずは、東京メイン  「毎日王冠」 から

昨年は、3連単で、500倍を的中させたレース。
今回はそれ程までは無いだろうが、今年も馬券は頂く。

まずポイントとなるのは、3歳馬と古馬との力関係。
これまでなら、歴戦の古馬の方が一枚上手だったが今年はどうか?
それ程早い展開にはなり難い上、雨による馬場悪化。
これまでの様な差は無いとみる。

本命は、3歳馬から アリゼオ に期待する。
前走のダービーでの敗因は距離とハッキリしており、距離短縮は好材料。
前々で競馬が出来る事と、道悪は滅法上手いハズ。
クラシックの本番では結果が出せなかったが、潜在能力は超一級。
今回はかなりナメられた人気もあり、狙うならここだろう。

相手には、主導権を握るであろう、シルポート
道悪も味方してくれる。前走の惨敗でもう少し人気が落ちるかと思ったが、
4番人気。おそらく当馬の狙いはこことみて間違いない。

他では、位置取りセンスも良い エイシンアポロン も有力。
マイネルスターリー もこの面子に展開なら。

◎アリゼオ
○シルポート
▲エイシンアポロン
注マイネルスターリー


馬券は、◎ 単 ・ 複
◎ 中心の 3連複 及び ワイド

キルトクール は ペルーサ
距離短縮と極端な道悪がどうか?
ショウワモダン は今や狙いはもっと先の上に59キロ。
実力認めても、今回は見送る。



      「京都大賞典」

順当に考えれば、オウケンブルースリ と メイショウベルーガ の
争いと考えるが、オウケン の方は久々で仕上がり具合が微妙。
狙いは先々の本番という見方からもここで本気は考えられない。
人気を集めている2頭の中で選ぶとすれば、ベルーガ の方。
ただし、そのベルーガとて、展開からすれば頭勝負ではどうか?
昨年の様な展開ならともかく、今年は逆の展開が予想出来る面子。

ならば、前に行く、プロヴィナージュ を本命に挙げる。
先行力は魅力で今回はおそらく主導権を握るとみて違い無い。
渋る馬場も歓迎で、ここは頭勝負でも狙える1頭。

相手は、メイショウベルーガ 

この2頭勝負でも良いが、もう1頭加えるなら、スマートギア
馬場といい展開といい買える材料は少ないが、馬体写真では
誌のコメント通り、抜群の出来。
外回りなら、3着争いも考えられる。

◎プロヴィナージュ
○メイショウベルーガ
▲スマートギア


ここは荒れる要素は少ないので、絞ってこの3頭。
◎ 単 ・ 複
◎―○―▲ と ○―◎―▲ の 3連単 及び 3連複
◎ 中心の ワイド 2点で勝負

キルトクール は オウケンブルースリ
上記の通り。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 10:57| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

先週結果&サッカーWC&相撲界V

マーメイドS は ◎ 単 ・ 複 ◎○本線でのワイドの的中
3連複が欲しかったが、2着抜け。
セラフィックロンプ は頭にはあったが、印が回らなかった。
ある程度絞り切らずに手を広げるのも必要とも感じたが・・・。
土曜の的中もあり、今週は程良い結果で良しとします。
今週は宝塚記念。
上半期最後のGTレースも当てて夏競馬本番へ繋げたいものです。

さて、マーメイドS で特別ゲストとして御招待した K さん。
この人はある意味恩人であり、大切な人でして。
先週今週と予想更新出来たのはこの人のおかげと言っても
過言ではありません。
Kさんは予想公開は嫌だと言ってましたが、勝手に公開させて頂きました。

サッカーは日頃は観ないが、こういう大舞台は時として観る位。
優勝候補オランダとの戦いをかなり評価されているが、
個人的には、カメルーンとの試合の方が評価出来る気がする。
単純に勝ち負けの差では無く、積極性だろうか。
オランダ戦は前半の消極性というか妙にカッコ付けた内容みたく
前半戦で勝負あったという感。
あのオランダの動きからすれば勝たなければいけない試合だったと思う。
と、個人的な感想でした。

もうひとつは日本国内で問題の相撲界。
この状況を、朝青龍はどんな気持ちで観てるんだろう。
以前、このブログで、「品はあるけど格が無い日本人力士」
と言った覚えがあるが、その品も・・・・・・
というのは、賭け事をした事よりも、悪い事が発覚した後の
相撲界の対応に問題がある。
人間誰しも規則を破る事はあるが、問題はその後。
国技として神輿担ぎされてきた甘えもあるかもしれないが、
どうにも後の対応がマズイこの上無い。
伝統や品格も大切なのは確かでも、その上に胡座をかき続けてきた
日本の相撲と無欲で突っ張り続けてきた外国人力士との差が、
現状の相撲界を物語っている事も改めて考え直さないと。
まあ、これは相撲界に限った事では無いですが・・・。
昔みたく目の離せなくなる様な相撲を観たいものです。
ちなみに、名古屋場所はやるべきだと思う。
高校野球の様な極端な罰体制もどうかとは思いますが。

おやすみなさいませ。御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 23:04| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

ブリリアントS 

休憩時間を利用しての更新なので、簡潔に。

      「ブリリアントS」

休み明けやハンデで人気馬それぞれに死角がある面子構成。
展開もある程度早くなりそうで、今のコースなら差しも充分届く。

本命は、アルトップラン
末の切れはこの面子の中では一枚上。
前へ行く人気馬のペースが乱れれば、一気に差し切る。

相手筆頭には、インバルコ

穴で狙うは、ロングプライド
長期休み明けに外枠と買う要素が全く無いものの、
ここら辺りでうろついている馬では無いハズ。
逆にこういう逆境で狙ってみるのも面白い。

◎Gアルトップラン
○Jインバルコ
☆Nロングプライド


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 13:23| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

感謝です。

しばらくの間、仕事プライベート共にどん底が続いていました。
それをブログ上等で載せてしまった事は、今にして思えば、
大人気なかった・・・と思いましたが、数名の方から励ましや
暖かい言葉を頂いた事、この場も借りて感謝します。

嬉しいものですね。
多くの人から良い意味でも悪い意味でも大抵な事には動じない
いい根性をしている・・・と言われる私ですが、
これだけ重なると、さすがに耐えられませんでした。
中には中傷的なものもありましたが、そんな中、暖かい言葉(メール)
を頂き、本当に救われた気持ちです。

川上様、ネネ様、スパイアーさん、鈴木さん、ミサさん、石楠花さん
本当にありがとうございます。

また、まだブログの方も相変わらずの調子で続けていくつもりですので、
これまで御贔屓にして下さった多くの皆様にも感謝の上、
変わらずの御贔屓、及び、叱咤激励をお願いします。

かなり堅めの文面になってしまいましたが、
お礼の言葉まで。

御来殿ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 01:44| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

先週結果 & 変革時代相撲界に住もうかい?

全く振るわなかった先週の競馬予想。
上位3頭全て無印という虚しい結末の予想も2つ。

ただ言い訳では無いが、ワンカラット は4着とはいえ、
次に繋がる内容だったと思うので、出走レース次第では、
もう1度本命視したい1頭。

ベストロケーション も思った通り、マイルでも通用。
ただ激しい流れでの距離延長は微妙なところ。
他にも色々あるが、敗戦の弁はこれ位で御勘弁を。

さて・・・やっぱりというか案の定だった、小沢さん。

住みたくない感増大の 相撲界。
貴乃花親方に1票投じた、安治川親方の決意。
どちらもいささか妙な具合な盛り上がりを見せているので、
そのまま受け取るのもどうかとは思うが、この安治川親方の
この決意を相撲界全体がどう受け止めるのだろうか?
ただの一門裏切りでのことだけで片付けてしまうのは・・・。
チェンジチェンジとオバマさんの様に連呼するつもりではないが、
相撲界だけで無く、変革の時期に来ている業界はたくさんあると思う。
その結果はどうであれ、マスコミ等の情報だけを真に受けて、
偏った解釈が浸透することは避けなければならないと思う。

そして・・・・・・・・・・・・・いや、もう寝ます。
おやすみなさい。(なんだそりゃ)




posted by 裕二郎 at 22:03| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

土佐・龍馬であい博 & 相撲界に住もうかい?

南国土佐と言われても、冬には氷点下。
めっきり寒くなってきました。
皆様、くれぐれも御自愛の程を。

さて、その高知県も待ちに待った、「土佐・龍馬であい博」 
もう目の前までやってきました。
NHK大河ドラマの 「龍馬伝」 も放送前から話題となり
龍馬ゆかりの地では、ここぞとばかりに盛り上がってます。
長崎県も高知に負けない・・・いや、高知以上かもしれません。
その地元高知県内各所で盛り上がっており、かの有名な、
平林 都先生 から直接指導を受ける充実?ぶり。

ただ、一部の地域では、龍馬博 というより、龍馬伝
になりつつあると感じるのは私だけだろうか?
まあ、これから1年間の長丁場である訳でして、県外の方々も
是非、高知へお寄り下さい。

ちょっと残念だったのは、千代大海 の引退。
どちらかというと好きなタイプの力士だっただけに残念。
それでも、近年の相撲を観ていると、もうそろそろ・・・と
感じていた人も多かったハズ。

いつもバッシングされている、品が無いと言われる、朝青龍。
そして、品はあるが、格が無い多くの日本人力士。
どちらがどうとは言えませんが、特に後者の方はどうにかしないと。

他にも色々言いたいことがあったんですが、もう遅い上、
朝が早いので、この辺で失礼します。
拙い文章ですみません。

おやすみなさい。

posted by 裕二郎 at 22:12| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

ジャニュアリーS & シンザン記念追加

まずは、シンザン記念の追加から。
取捨で迷っていた、ブイコナン これだけ人気が無いなら拾うべし。

◎メイショウカンパク
○キョウエイアシュラ
▲タガノバルムドール
☆レト
注ガルボ
☆ブイコナン(追加)



      「ジャニュアリーS」

ここは自信の本命、ヒシカツリーダー
散々迷い道を歩まされ続けてきたが、ようやくこの距離が得意と
いうことが陣営にも解ってきたか。
ある程度距離融通が利くのも確かも、本当の舞台はこの距離。
2戦2勝の実績も示す通り、それが今回証明されるだろう。

相手には、サクラミモザ 
やはりこの馬はダートが合うのだろう。
端午S は調整不良によるもので度外視して良い。
トップハンデも ダイワディライト も圏内。
ビクトリーテツニー も面白い。

◎ヒシカツリーダー
○サクラミモザ
▲ダイワディライト
注ビクトリーテツニー


馬券は、◎ 単 ・ 複 が主。
3連複 及び ワイド

ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 14:24| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

2010〜〜謹賀新年

皆様。遅まきながらあけましておめでとうございます。
私の方は元旦早々から仕事に入り、正月気分なんか
程遠い気分のまま、3が日が過ぎようとしています。
皆様のお正月はどの様にお過ごしになられたでしょうか?

昨年も、多くの御来電殿を感謝しております。
競馬を楽しむという姿勢はこの先も崩さず、自身の予想ペースで
終わってみれば、勝ち越していた・・・と思える様な
2010年にしたいと思っています。
拙いブログですが、今年も御贔屓を賜ります様。

堅い出足となりましたが、とりあえず新年の挨拶まで。

ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 17:45| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

有馬記念涙の回顧 & 明暗分けた涙のコンマ差。

ある程度の流れになるとは思っていたが、予想以上の
消耗戦となってしまった今年の有馬記念。
スリーロールス の現役復帰は絶望的の様でこれも残念。
ただ命に別条は無い様で不幸中の幸いか。

◎セイウンワンダー もよく頑張ってはいたものの、直線半場まで。
これが現時点での力の差だったんだと思う。
ブエナビスタ は思った通り普段より前の位置取りでの競馬。
私は逆に直線脚が止まると思ったが・・・・・・・。
ブエナビスタ の力量を侮っていた私の眼力の無さを露呈した結果。
勝ち馬の、ドリームジャーニー は予想でも述べた通り、
本当に強くなったのも確か。
ただタイムだけでは物語れないレベルの問題もあった気がする。
それでも、予想以上に見応えのある有馬記念だったと思います。

さて、フィギュアの話。
男子はおよそ想定通りのままだっただけに女子はそれ以上に
見応えがあったと思います。
個人的には、中野選手に行かせてあげたかったですが、
素人目で観ても、鈴木選手の方が輝いていた様に観えていたので、
得点が出る前に、中野選手はもう厳しいかな・・・と。
「もう次まで気持ちの維持が出来ない」 とコメントしていたのが、
尚更残念。勝負の世界の厳しさを改めて感じさせらた気がしました。

今年もあと少し、もう1回程度更新するでしょうが、今日はこれまで。
ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:05| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

ハチロク(86)復活!?

ネットを観ていたら  「このニュース」 が目に入ってきた。
86(ハチロク)といえば、私と同世代の人達ならば馴染みがあるだろう。
若い人でも、人気アニメ 頭文字Dでの主人公が最初に乗っていた車で
馴染みがあるかもしれない。
流行ってた頃は、パンダ色より赤色の方が多かった気がした。
私が若い頃、車が一番楽しい時期に流行っていた車種。
ただ、今回新しいハチロクは以前のハチロクの面影は全く無い。
どちらかといえば、少し前の MRU といった感じ。
トヨタとスバル のコラボらしいが、写真を観ればホンダっぽい。
格別欲しいとも思わないし、金も無いのでどうもならんが。

その私が18歳時、2代目の愛車として、TE71と呼ばれる
カローラハードトップ(HT)GT(ツインカム16) 
を乗っていた。今思えばこれまでに乗り継いできた愛車の中では、
一番味のある車だったと思う。
そして、一番自身のドラテクを磨いてくれた愛車でもあった。
車体剛性がまだ弱く、ジャジャ馬に乗っているみたいだったが、
それをコントロールしてこそと思い込んでいた為、幾度と無く
怖い思いもしたが、それも今となっては想い出。
最後は事故ってしまい、廃車にしようと思っていたところ、
後輩が「修理代込みで是非売って欲しい」 と言われたので、
修理代の25万前後で売った覚えがある。
その後輩は私より長い間愛車として乗ってくれていたのは嬉しかった。

今は新車時から、完成度も高く、足回り等も固め出来上がっている
車種ばかりが目立つが、昔のノーマルで味のある車はもう少ない。
それを少しづつ自分好みにカスタムしていく楽しさ。
今はそういうことも出来ないなあ。
現在は以前このブログにも少し出た、マークUGX100 が愛車。
ノーマル状態でゆっくりと時には厳しく?・・・乗っています。

な〜〜んか、こう書いてると、もう一度だけそういう車に
乗ってみたいなあ・・・と思ってしまうけど、・・・無理だ。
くだらん昔話でした。



posted by 裕二郎 at 19:22| 高知 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

甲子園決勝戦の名勝負&記憶に残る名選手。

私の取るに足らない赤っ恥な、競馬予想とは対照的な
日本文理vs中京大中京 の決勝戦。
私はその夜にネットで観ましたが、本当に名勝負でした。

これまで数々の名勝負があったと思います。
しかし、私個人的にはある意味一番の名勝負だったのではと思います。
9回2死で、4−10 いくら強い学校でも、1〜2点止まりまで。
5点を取り、あと一歩届かなかったんですが、その粘りもそうですが、
その9回の5点、ホームランではなく、四死球を含み長短打のヒットで
繋いだという事にも挙げられるかと。
日本文理や中京の選手だけではなく、他全国の球児達やスポーツマン、
そして多くの人達に影響のある試合だったと思います。
中京大中京の選手は1球1球の大切さを練習し、
日本文理は最後の1球というまさに土壇場での練習を取り入れてたとか。
どちらの学校も、日頃の練習の成果を充分過ぎる程発揮出来たでしょうね。
日頃の鍛錬がいかに大事か、改めて感じさせられました。

その名勝負とは少し話が逸れますが、昔、まだ私が小学生の頃。
甲子園で勝ち抜くより、高知の予選を勝ち抜く方が難しい・・・??
などと言われていた時代。
勝ち運も落とさないという理由で、1回戦からユニフォームを洗わずに、
真っ黒なままのユニフォームでの登場も印象に残ってます。
その高知商業が決勝戦まで進み、9回まで2点リードで勝っていましたが、
PL学園にサヨナラ負けを喫してしまった当時。
その高知商業の中で、3塁手で1番打者だった、明神という選手。
この選手は凄かったです。

森田選手との1・2番は最強のコンビとまで称されていました。
黒潮打線の異名を取った中心的な選手でもありました。
特に明神選手の活躍は目覚しく、今でも鮮明に記憶に残っている程。
確か、甲子園の3回戦位から常にヒットを打ちまくった選手でした。
普通は、またヒットを打ってくれるだろうか?
と期待させる選手はこれまでに多くいますが、その選手への期待は
今度はどんなヒットを打つんだろう。
とそんな期待を常に抱かせてくれる巧打者でした。
甲子園開催時に、いつも思い浮かんでくる選手の話でした。

posted by 裕二郎 at 19:49| 高知 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

先週結果 & よさこい始動 & のりピーと押尾

先週末は・・・いや、先週も散々な結果。
2歳メインは、本命馬が発馬直後に伸び上ってしまい後手。
後方2番手ではこの馬の良さは出ないも同然。
関屋記念も、スーパードンガバチョ!!
普段なら、予想アップしないレースで少しは潤いがあるものだが、
先週はことごとく惨敗。
気運の悪さは、馬にも伝染したか・・・・なんて弱気なことは考えず、
次回に向け、気分一新。

さて、高知では、よさこい祭りが、始まりました。
昨日の大雨により、前夜祭は初の中止。
当日が危ぶまれましたが、今日は午後からはなんとか
天気も持ち直し、大勢の踊り子達が華麗に舞っています。

対照的に舞わされているのが、世間を騒がせている、酒井法子。
しかし不思議なのが、押尾学の事件が騒がれ過ぎてない事。
のりピーの方が知名度が高くこれまでのイメージからしても
騒がれるのは解りますが、釈然としない。
人一人亡くなっている上に、当事者はその場に居て更には
怖くなって逃げているという悲惨な事件。
逃げた、のりピーも悪いが、こちらの方がよっぽど悪質。
どちらも悪質と言われればそうですが、どう考えても
事件性としては、押尾学 の方が悪質に思えるんですが・・・

明日も早いので、この辺で。 おやすみなさい。

posted by 裕二郎 at 22:26| 高知 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

皆既日食&山口県被害&バイオPC

宇宙の歴史的現象と言われる皆既日食。
皆さんは御覧になったでしょうか?
1日千秋の思いで待ち侘びた人も多かったかと思います。
私はというと、あまりそんなに楽しみにしていなかったというか、
観測出来るだろうという時間帯はとてもじゃないが、一番忙しい時で、
まず無理かな・・・と思う腹の底で隙あれば見てみようかと。
しかし案の定、その歴史的現象がある事自体も忘れていた始末。
悪石島で楽しみにしていた方々はちょっと残念な結果となりましたが、
感動を味わった多くの人々も居た様です。
今度は、26年後・・・・・・そんなことより明日のこと明日のこと。

それより気になるのは混迷解散政治もそうだが、
それ以上に心配なのは山口県の大きな土砂被害。
以前、高知県でも同じ様な被害があったので他人事とも思えない。
月並みな言葉ではありますが、一刻も早い回復と僅かな希望も救出を。
場所が場所だけに厳しいですが、奇跡が起きるものなら・・・
と祈る思いです。。

さて、ここで少しパソコン話を。
先日、友人であり、ブログ開設時期には辛口で励まして?頂いた、
レッドキングさんの家にお邪魔してきました。
車椅子での生活なので、私の方からお邪魔することが多いのですが、
前日に電話があったので仕事帰りに寄ってみました。
すると、部屋の片隅に置いてあった、バイオのU1 を取り出してきて、
使ってみるか? とのこと。
IMGP1270.JPG

既に、このブログでも紹介した、U50 を持っていることと、
このU1はCPUが弱いのであまり好きでは無い機種なんですが、
とりあえず預かってしまった辺り、さすがは俺!・・・というところか。
コンボドライブ付で、とりあえず10000円。
奴に言わせると、これはこの程度の価値しかないとのこと。
メモリーは、384MB に増設はしているもののやはり遅く重い。
ひとつだけU50に比べて有利といえば、キーボード位か。
普通のバッテリーも使えるが、2時間弱程度。
大容量バッテリーもあるが、これを使うと重い重い。
あまり魅力は感じないものの、しばらくは使ってみます。
下手なリサイクルショップより品揃えが良い我が家のPC事情でした。(笑)
posted by 裕二郎 at 23:21| 高知 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

ダービー結果。& 田植え終了

予想と比べてみると一目瞭然。
見事に上位3頭は無印。
向こう正面ではもう負けが確定した様に思えた私の予想。
アンライバルド は雨かな。
アンライバルドの馬券はギリギリまで我慢をしていたが、
返し馬の時、滑っていた様に見えたので、購入せず。
しかし他馬は予想通りの購入でこれだけ奇麗に外れれば、
悔しさが無いといえば、正直嘘になるが、ロジと横山騎手には
改めて拍手を送りたい。
また、横山騎手の正直な感想の入ったインタビューも印象的だった。
ダービー1&2着馬は最初っから、短期間での復活は無いと
見据えていた時点でもはや負け予想。
とにかく、情けない予想ですみませんでした。

そして今日は朝から取り急ぎ田舎の実家へ帰り、田植えの仕上げを。
「親父〜〜、もちの広さが違ってるぞ」
の俺の言葉から始まった今日の作業。
私が帰る前に機械を使って植えたのはいいが、やや失敗。
田.JPG
モチの方は手植えをすることにしてたので、広過ぎてゲッソリ。
案の定モチだけでは足りず、普通米も手植えをする羽目に。
なんとか、ダービー直前に終わりヤレヤレの気分でテレビ観戦。
結果は上記の通り。
身体の痛みと共に疲れを引きながら帰り路へ。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 18:29| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

エコ・・エコアザラク

GWもそろそろ終盤を迎え、Uターンがピーク
とはいえ、私は、20振りの休日の3日と4日の2日間。
出来れば、もう一日位は欲しかったんですが、仕方なし。
休めただけでも良しとしておかなければ。

実家に帰って、農業の手伝いをしたり、家族で時間を過ごす事も出来、
そして競馬では完敗気分で過ごしたりと様々で充実してました。
テレビでは、インフルエンザと各地の渋滞状況の繰り返し。
エコ宣言と高らかに掲げながら、高速料金を1000円にして、
車の過使用化を勧める辺りは、どんなものかと。
そして極めつけが以前にも述べた、地デジ。
対策後のゴミの山は税金で解決となるのは明白。
給付金なんかでは比べられない程の無駄遣いになるんでしょうが。
ちなみに私はまだECTは付けてはおりません
大勢と並んで・・・っていうのは性に合わず。
人より早いか滅法遅いかのみという生き方です。
あの渋滞の中には、私と同じ様に、ECT未装備な人も多くいたハズ。
そんな人達のイライラは・・・・・・・・
実家の方へ帰ってもさすがにこれまでにない多くの人そして人。
おそらく今迄で最高ではないだろうか。
ズームイン朝でも取り上げられていた効果もありまさに最高潮。
しかし終わってみれば、これまでにないゴミの山が確実に残る。
エコエコ宣言→汚してまたまたエコエコ宣言。
挙句は、エコエコアザラクエコエコアザラク と呪文を唱えるという、
オチではいかがかな?(笑)
皮肉ばかりの戯言でした。
posted by 裕二郎 at 19:22| 高知 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

マイラーズC

先週の、桜花賞は無残にも惨敗。
反省記事をとも思ったが、契約更新での仕事がまだ忙しく、
アッ・・・という間の週末。
今週は、牡馬の戦、「皐月賞」
が、その前に土曜メインである、「マイラーズC」

先週まで外差しが決まる馬場だった阪神コースも手入れがされ
先行馬でも充分決まるコースになっているのではないか。

小頭数もやや波乱含みとみる。

本命は、タマモサポート を狙う。
自在性も強みだが、先行してもまとめる決め脚を使える様になった。
前走は道悪が全てと度外視していい。
元々能力はある馬で、マイルの適正も充分。

相手には、ヒカルオオゾラ も有力も。
マイル適正に優れた、アブソリュート
コース得意な、ライブコンサート

◎タマモサポート
○ヒカルオオゾラ
▲アブソリュート
注ライブコンサート

馬券は、◎ 単 ・ 複
◎ 中心の 3連複 及び ワイド  での勝負。

キルトクール は カンパニー
先行策も板に付いて、今回の馬場も向きそうだが、
なんとなく、今回は 箸休めの様な気がしてならない。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:19| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

娘よ & 桜花賞へ向け

昨日に入学式も無事に終わり、いよいよ高校生活の開始。
ヤンチャっぽい娘ではあるが、新鮮な制服に包まれた娘は
やはり可愛いものだ・・・と感心する親馬鹿野郎。

さて、そんな娘が今最もハマッてるものが、
それが何故か・・・F1
これまで、車だけでなく、レースというものにほとんど
関心を示さなかった娘がである。
しかもなかなか詳しい。
マレーシアGPの話をこと細かく解説している。
「娘よ・・・お前は一体何者なんだ?」(笑)
そう考えると、ちょっとだけ思い当たるフシがある。
まだ小さい子供の頃、私が多少無茶な運転をしても、
怖がるどころか、以外と平気というか、
むしろ楽しんでいた時もあった様な記憶が。
近い将来、誰かさんの若い頃の様にならなきゃいいが・・・。

そして、競馬の話。

今週は日曜休みではあるが、家族で出かける用事が
あるので、他重賞予想は控えさせて頂きます。
早い段階での、桜花賞予想のみとさせて頂きますので、
よろしく御願いします。

さて、大一番の 「桜花賞」
ブエナビスタ 中心という巷の評判はその通りも、
そう簡単に決まるかといえば、そうは問屋が卸さない。
脅威なる存在は居るものである。
現時点での予想の一部を。

◎・・・・・・・・・
○・・・・・・・・・
▲ブエナビスタ

なかなか楽しめると思っているので、夢をみます。

御来殿、ありがとうございました
posted by 裕二郎 at 21:54| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

誕生日 & 合格 & 4重賞

実をいうと今日は私の誕生日。
ようやくこれで、26 です。
と言ってもさすがにもう誰も信じません。
30 を過ぎてからは、足のサイズを答える事としていますので。
何を今さら・・・tご言われそうですが。
実年齢は、プロフィールとこれまでの記事で想像して下さい。
神童と言われた??私ももうすっかりおじさんの仲間入り。
しかし、まだまだ若い者には負けません・・・・なんて言い出したら
正真正銘のおじさんだな。

ついでと言ってはなんですが、受験生だった娘も先月末には
前期選抜で無事に合格しまして一安心しているところです。
難関だったので、後記選抜の方に目を向けてましたが。
娘の実力親知らず・・・と言ったところでしょうか。
しかし、制服代って高いのなんのって・・・・・。
財政難の我が家です。

余談はさて置いて、今週は 4重賞。
他にも、クラシックへの重要レースである 「若葉S」 もあり、
尚更忙しい週末になりそうです。
4重賞で勝ち越し、自身へのプレゼントと娘へのプレゼントを
射とめたいと思っていますので、乞う御期待を。

御来殿、りがとうございました。
posted by 裕二郎 at 13:20| 高知 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

2009 謹賀新年

新年、おめでとうございます。
皆様はどんな新年をお迎えでしょうか?
私の方はといいますと、例年のごとく仕事をしております。
世間も厳しい情勢ですが、今年も 『裕二郎御殿』
なにとぞよろしく御贔屓を賜ります様。
皆様にとっても良い年にいたしましょう。

御来殿ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 13:31| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする