2017年09月09日

京成杯OH & セントウルS

土曜競馬は、◎カリビアンゴールド が2着と頑張ってくれ、
複勝・3連複ワイド と当てる事が出来ました。
次走の 秋華賞でも期待される事ですが、あそこで差された内容を
どう評価するかが、取捨のポイント。
出来ればここで勝ち切って欲しかったというのが正直な感想。
馬券的にもそうだけど、将来的にも。

さて、日曜メインへ。

       「セントウルS」

◎メラグラーナ
近走は差しの競馬で結果を出していないが、今回は、早目進出を目論んでいる様子。
元々はそういうタイプで、自身の競馬が出来るなら、能力的には勝ち切って良い。


       「京成杯OH」

安定感抜群の、グランシルク に 逃げ先行力のある マルターズアポジーが
人気を集める様相。
やや危険に思うのは、マルターズアポジー の方か。
開幕週は好材料ではあるものの、同型の存在もあるが、息が入る展開になるか?
先行勢が早目に仕掛ける事が予測出来、息が入らず失速の可能性も大きいのでは?

本命は、ダイワリベラル を抜擢したい。
重賞戦線では実績も無い上に、前走は、落鉄の上、直線バランスを崩してしまう
そんな状況での惨敗ならば、酌量の余地は充分にある。
実績ある得意なコースに戻るのも好転材料だが、内枠に入った事は
更なるアドバンテージになるだろう。

相手行には、グランシルク を抜擢。

◎ダイワリベラル
〇グランシルク


馬券は、◎ 単 ・ 複
この2頭を中心の馬券で勝負してみたい。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:35| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

CBC賞 & ラジオNIKKEI賞

やや簡潔に。

まずは   「 CBC賞 」 から。

開幕週だけに土曜でもかなり早い時計が記録されているが、
迷いなく、シンデレラボーイ 本命。
前有利は否めないものの、それでも前々が激しくなりそうで、
ここは敢えて後方組に勝機があるとみる。
コース適正が重要視される舞台だけに実績があるのも魅力。

相手候補には、前走差し届かなかったが、エイシンブルズアイ
が当面の相手候補。

伏兵陣からは、コース巧者の ベルルミエール が面白い。

◎シンデレラボーイ
○エイシンブルズアイ
☆ベルルミエール


馬券は、この3頭を中心に組み立てる。



       「 ラジオNIKKEI賞 」

現状人気は、ゼーヴィント に譲ってはいるものの、大外枠に入ってしまったが、
ブラックスピネル の方が優勢に思う。
これまでの敗戦では、ベストとは言えず、やや距離適性に合わないレースが続いた事で、
適正距離に戻った前走ではしっかりと結果を出す事が出来たのは評価。
ただ、まだ折り合い面の不安が拭えた訳ではなく、頭勝負では疑問。

本命は、山吹賞同様に、ミライヘノツバサ
ハイペースという見方も聞くが、おそらく平均よりはスローな展開。
然程前が飛ばしていくとは思えず、スンナリと隊列も決まりそうだ。
じっくりと進める展開で、小回りコースならこの馬の持ち味がいきてくる。
まだ格下感は否めないものの、成長力も含めて再度期待したい。

◎ミライヘノツバサ
○ブラックスピネル
▲ゼーヴィント


単 ・ 複
3連複 及び ワイドで。

御来殿、ありがとうございました。







posted by 裕二郎 at 11:44| 高知 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

若駒ステークス

圧倒的な人気を集める、マカヒキ
持ったままで楽勝の新馬戦だが、1戦のキャリアでここまで人気を被る程なのか?
それで通用する程甘い面子では無い様に思える。

本命は、ブラックスピネル
この面子中では完成度としては1番だろう。
前走差しの展開になった競馬を早め先頭で、6着まで粘った内容を評価。
距離短縮に加え、完勝した舞台に戻るのも好転材料になる。

前走で望み通り人気を裏切ってくれた、ロスカボス の復活。

面白いのは、アメリカンヘブン
ブラックスピネルの前走の様な競馬をして欲しい期待も込めて。

マカヒキ は惨敗はしないだろうが、ここでの評価。

◎ブラックスピネル
○ロスカボス
☆アメリカンヘブン
注マカヒキ


馬券は、3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 13:43| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

初雪&スマップ&食の信頼

昨日、高知市内でも早朝から雪が降ってました。
もしかしたら積もりそうな感じもあったので、ちょっと心配でしたが。
なにしろ私の車は以前紹介した様に、FR車なので、雪などには弱い。
数年前、積雪時に違う車ではありますが、FR車の上ノーマルタイヤで
走ったんですが、さすがに怖かった。
それにしても寒いですね。南国土佐と言われる高知県でも、氷点下・・・。
歳を重ねるごとに寒さにも弱くなってきているので辛いです。
皆さんも、体調管理も重ねて気を付けてください。

スマップの話題がここまでになるとは。
色々言われてますが、真相はなかなか解らないままなんではないでしょうか?
一番の戦犯は、スマップの5人以外の人物で謝罪会見後、最初に話をする人・・・
と、個人的には予測してましたが、明日にでもジャニーズ事務所から詳細があるとか。
どういう話になるにしろ、真相までには難しい様に思います。
ただ、会見前からの特に各社スポーツ紙による報道の在り方はいかがなものか。
あるスポーツ紙の幹部の人がテレビで喋ってましたが、何一つ確信的な情報は
持っていないまま・・・という印象でした。
解ってはいた事で、総てではないものの、改めて疑問を感じます。
こういう方々も、戦犯の中に入るのでは? と思いますが。
ちなみに、私は多くの人が1番と言う 「世界に一つだけの花」 は
確かに良い歌とは思いますが、あまり好きではないですね。
「夜空ノムコウ」 や 「俺たちに明日はある」が結構好きですね。
しかし、これから先、どういう事になるにせよ、納得はしてないまでも
この世界で生きる事を決めたスマップの活躍を願いたいものです。

そして、廃棄食材の転売。
いつもテレビを観てる訳ではありませんが、転売に関わった総ての業者は
重い責任があると思いますが、1番の戦犯業者がなかなか出てこない気がします。
以前、有名老舗店でも不正がありましたが、冷凍食品に限らず、生きる為に
大切な食の信頼が失墜するのは、辛いものです。
1日でも早い信用の回復を願いたいものです。
ただ、決まり事を多くするだけではなく、「大事なのは人の厳正なる目」
だと思います。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 21:11| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

2015年。反省ばかりの1年

2015年も、もうあと僅かとなりました。
今年はいつも以上に反省の多い1年となったと思います。
GTレースに関しては、ジャパンCのみ的中という無様さ。
狙い過ぎた感も多々ありますが、展開の読みや迷い等からの失敗が多く、
これらも含めて、2016年は、回収率・的中率・勝利数の3冠を狙うつもりで。
有言実行を目指します。

皆様にとっても、良い年を迎える事が出来ます様。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 20:20| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

函館日刊スポーツ杯

簡潔に。

本命は、ブルーストーン に期待する。
芝ダート兼用に加え、相手なりなタイプだけに勝ち味に遅いが、この面子レベルなら
上位は充分狙える。枠もちょうど中程も良いだろう。
昇級戦だが、現状8番人気になる程の差は無い。

圧倒的人気を集める、オメガヴェンデッタ は初距離のここではどうか?
洋芝適正は大丈夫かもしれないが、ここまでの信用はおけない。

相手筆頭には、エポワス の方に魅力か。

◎ブルーストーン
○エポワス
▲オメガヴェンデッタ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:12| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

日経賞 & 毎日杯

休日ですが、忙しいので東西両メインの中心馬のみで。

       『日経賞』

◎ウインバリアシオン


       『毎日杯』

◎ナヴィオン



御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 13:03| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

アルゼンチン共和国杯 & みやこS

土曜競馬は全く言い訳も出来ない程の惨敗。
気を取り直して、気合をつけて・・・といきたいがやや慌ただしいので、
今日も簡潔に。

         『アルゼンチン共和国杯』

ハンデ戦らしく荒れるレースのひとつでもあるが、今年はどうか?
春天皇賞で、本命にしてお世話になった、ホッコーブレーヴ
力を認めているのは今も変わらないが、格上格下問わず先着を許してしまう
タイプにも思える。頭勝負は危険な気もする。
とは言うものの、他を見渡してもどれもそれに当てはまる様な面子構成。

ならば、本命は、マイネルメダリスト
この舞台距離ではほぼ崩れない強さを持っている。
極端に小さいスポットなれど、この面子レベルなら中心と考えて良さそうだ。

相手には上記の ホッコーブレーヴ

あとは軽量魅力の、アドマイヤケルソ

◎マイネルメダリスト
○ホッコーブレーヴ
☆アドマイヤケルソ




         『みやこS』

◎サトノプリンシバル
○クリノスターオー
☆ヴォークトルネード
▲ナムラビクター


御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 12:31| 高知 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

鳴尾記念

超が付く程簡潔に。

◎ロードオブザリング・・・・・複勝1点のみ。



posted by 裕二郎 at 13:38| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

御礼・ありがとうございました

今年1年、週末程度しか更新する事が出来ませんでしたが、
こんなブログでも予想以上に多くの皆様が、御来殿してくれた事に、
大きな感謝をいたします。
ありがとうございました。

夏場にかけて不振が続きましたが、秋からそこそこ追い上げる事が出来、
今年も競馬を楽しめた1年だったかと思います。
一番は、『春・天皇賞』 だったかなあと。
しかし、極端な穴党では無いので、無理無く自身のペースでやっていくつもりです。

皆様にとっても、良いお年を。
そして、来年、2013年も、よろしく御願いします。

裕二郎
posted by 裕二郎 at 22:57| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

武井 咲

綺麗な女優さんだけど、然程興味も無かったとはいえ・・・・・
私も、カッツエ様と同じ間違いをしてた。
北野 武 の母親は知ってたけど。
     
http://www.ntv.co.jp/zip/movie/gatchaman/index.html
posted by 裕二郎 at 15:38| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

函館記念

夕方から一気に爆睡していましたので、こんな時間になってしまいました。
近況の生活環境から、「最近付き合いが悪くなった」 と言われだしてますが、
確かに、ちょっと見直さなければいけないかも。

その見直しも必要ですが、競馬の見直しも必要。
土曜競馬は、メインは散々な出来。
さすがに2歳戦らしい内容で、能力が出し切れなかった馬も多数いた感。
◎馬も、直線良い位置まできたものの、最後は全く追えない状態。
今回だけで見限るのは早計で、この先も期待してみたい1頭。
もうひとつの、新潟9R「渥美特別」 はワイドながら1点で頂き。
最終的には、2番人気と3番人気の組み合わせになってしまったが、
1点で、6倍以上なら・・・・という事で。

さて、本題の   『函館記念』
ハンデ戦ながら、あまりハンデに影響されない印象のあり、
コース適正のある存在も多数居て、少々難解なレース。

人気を集める、トウカイパラダイス も前走でコース適正もある事を
立証し、その上距離延長となれば、切り捨てる理由も見つからない。
ただ、何者かには先着を許してしまいそうな感もあるだけに、頭というより、
中心的な存在とみるのが妥当か。
ならば本命で良いじゃないかと言われそうだが、そこは少し捻りを加えて。

本命は、現状最低人気だが、リッツィースター に期待したい。
近走は全く冴えない成績も、相手関係もあるが、馬体の大幅な増減という
調整不足が敗因と明らか。
この半年間の中で、これだけの増減を繰り返していれば、まともな調整も
難しかった事は想像するに容易い。
前走は馬体回復が主で、今回はここに向け調整が出来たのではないか。
洋芝、距離適性も有り、この面子でなら勝ち負けあって良い。

相手には、このコース適正なら、最右翼の マイネルスターリー
唯一の誤算は、前走で復調をみせてしまった事。
前走まで惨敗で、ここで一気の復調と勝手に目論んでいたが、仕方ない。
とにかくこのコースはよく走るタイプで、ここが一番の目標だろう。

他では、人気でも、トウカイパラダイス は圏内

トップハンデも右回りでこの面子なら上位の コスモファントム

面白いのが、キングトップガン と マヤノライジン
昨年の1着&2着馬だが、前者は先行策で紛れ込む可能性は捨てきれない。
後者は、得意なコースでもあり、なにを起こすか解らない怖さがある。

◎リッツィースター
○マイネルスターリー
▲トウカイパラダイス
注コスモファントム
☆キングトップガン
☆マヤノライジン


馬券は、◎ 単 ・ 複
◎○ 中心の 3連複 及び ワイド

キルトクール は ロードオブザリング
洋芝は問題無さそうも、この距離での小回りコースがどうか?

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 02:05| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

NHKマイルC & 新潟大賞典 & ザバトルユージロー&キューちゃん&追記WIN5

どうも最近、週末にかけて、テンションが上がらなくなる癖がついてしまいました。
先週の勢いで今週は・・・とも思いましたが、今週も同様でそれが反映された様な
土曜競馬の結果でした。
出来るだけ気分を取り直して。キュウちゃんではなく、キューちゃんです。
詳細は、先週の、 『天皇賞予想』 を。

キューちゃん.jpg

まずは、東京12R
◎ザバトルユージロー ・・・・・単 ・ 複 
もう御馴染みかと思います、説明もいらないでしょう。


     『NHKマイルC』  

1番人気を集める、カレンブラックヒル はマイル3連勝で面子中では
実績上位は間違いないところ。
ただ、モロさも同居する優等生タイプと個人的に見ているので、ここは試金石。
自身の競馬が出来るか否かも見所だが、モロさが露見する可能性も高い。

展開を考えると、確たる主導権を握りそうな存在が見当たらない。
こういうケースでは、どれかが逃げていくものだが、それを探したところで、
迷走するばかり。とはいえ、ハイペースは考え難いとはいえ、3歳でのマイル戦、
程々には流れてくれるだろうと決め込んでみる。

本命は、朝日杯同様、マイネルロブスト を狙い撃つ。
近走2戦共に惨敗と全く精鋭を欠く結果になっているものの、敗因は道悪と明確。
特に前走の 「皐月賞」 では、直線全く競馬をしておらずただ流したのみ。
酌量の余地は充分にある。 この馬の評価すべきは、朝日杯での予想でも評価した
2歳時での札幌戦。外々を捲り上げる様に強い内容のものだった。
良馬場見込みと、実績あるマイルへの距離短縮と舞台が好転する今回は、
この馬の最大限の力を引き出せはしないか。
近走ですっかり色褪せたイメージで暴落株がここで一気に跳ね上がる。

相手には、ブライトライン を推す。
折り合いに難はあるものの、自力は高く評価している1頭。
混戦に強いタイプと見ているので、大一番で紛れ込んでくるタイプ。

2番人気も、マウントシャスタ は勝ち負け。
初マイルでも、充分対応は出来るだろう。

もう1頭選ぶなら、オリービン が面白い。
ただ、極端に輸送減りするタイプなので、当日馬体重次第での取捨。

◎マイネルロブスト
○ブライトライン
▲マウントシャスタ
注オリービン・・・馬体重次第


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は カレンブラックヒル
上記の通り。



          『新潟大賞典』

ここも一長一短の面子構成で、スンナリ納まるとは思えない。

本命は、メイショウウズシオ に期待する。
正直もっと人気してしまうと思っていたが、現状8番人気は嬉しい誤算。
逃げに拘らずとも、粘りのある先行力はこのコースでは魅力充分。
55キロも恵まれており、重賞初制覇も見えてきた。

相手には、老兵だが ネヴァブション を抜擢したい。
長期休養明けで心配したが、着実に良化を感じさせている。
前走でも、ネコパンチは別として、ルーラーシップ からは、0,7差。
中山巧者のイメージも、左回りでも実績があり、面白い1頭。

他では、左回りでは安定している スマートギア 
菊花賞でも本命打ち、好転材料の多い トーセンラー まで。

◎メイショウウズシオ
○ネヴァブション
▲スマートギア
注トーセンラー


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


        『WIN5』
京都10R・・・・・Hエアポートメサ
東京10R・・・・・Lソリタリーキング
新潟11R・・・・・Jメイショウウズシオ
京都11R・・・・・Aオーセロワ
東京11R・・・・・Jマイネルロブスト


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:39| 高知 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

GT 皐月賞

体調思わしく無いので、やや簡潔に。
回復すると決め込んでいた馬場が思いの外回復の兆しが無い。
当日は雨こそ無い様だが、回復するまでとは難しい模様。
稍重までなら、朝日杯でも本命視し、能力の高さを評価した、
マイネルロブスト の逆襲と決め込んでいたものの、軌道修正が必至。

混戦とみる。
上位人気馬勢は、数字が示す程の信用は無いというのは変わらない。
グランデッツア は本来なら、この本番に最も適性がある馬。
前走は予想通り外枠が功を奏したが、今回はフルゲートの大外枠。
内枠よりは良いが、ここでの大外枠は、好材料にはならないだろう。
馬場の悪い内側はどの馬も避けた進路を取りそうで、悪い影響を受けそうな感。
適性でどこまで・・・・・・といったところか。
ワールドエース は、強さもある反面、まだモロさも同居する。
回顧で述べた様に、まだ不安材料もあり、ひとつ狂えば着外も有り得る。
特に後者は危険な臭いがしてならない。

展開は、ゼロス もしくは、メイショウカドマツ が主導権を争う様相。
どの陣営もそこそこ色気も有りそうで、スローにはならないだろう。

本命は、アーデント に期待する。
これと言って、誇れる実績こそ無いものの、馬場、展開と、
どんな競馬でも対応出来るのは魅力。
内枠の方に入ったのは、やや気になるが、上記の様に、他馬勢も、
悪い内よりも馬場の中程を目標として進めると決め打ちするので、
心配はいらないだろう。
むしろ、思い通りのコースを通れそうで、好材料にならないか。
混戦時こそ、こういうタイプが活躍する。一気に勝ち負けまで。

相手には、ベールドインパクト を抜擢。
「きさらぎ賞」 の回顧でも述べた様に上位3頭の中では、
最も本番に繋がる内容を残した。
前走でも、一見地味に見えるが、他馬勢を子供扱いした内容は、
相手レベル云々以上に潜在能力の一端を見た様な思い。
成長力とその秘めた能力に期待したい。
もう1頭選ぶなら、コスモオオゾラ
馬場に恵まれたのは否定は出来ないが、それでも力上位は明白。
これも混戦には強いタイプとみて良い。

波乱に期待する。

◎アーデント
○ベールドインパクト
▲コスモオオゾラ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は グランデッツア に ワールドエース
正気の沙汰ではないと思われそうだが、上記の通り。
ディープブリランテ も折り合いが敗因とはいえ、最後の止まり方距離限界を感じる。
ゴールドシップ は適性という点で足りない。
上位人気勢揃って切り捨てる。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 20:05| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

GT 桜花賞

土曜競馬は、朝の内に追加した、クィーンズバーン が見事に
期待に応えてくれて、単勝までのプレゼントはさすがに嬉しい物。
波があるタイプで狙い時が難しいタイプだが、前有利な面子だったので、
思い切って推したのが良かった。
カトルズリップス はコケてしまったし、他レースは散々な出来。
それでも、楽に勝ち越せたのは随分楽になった。

さて、本題の   『桜花賞』

2歳女王 ジョワドヴィーヴル が圧倒的人気を集め、ジェンテルドンナ が
それを追う形で2番人気。
この2頭の実力は認めつつも、いつも悪い意味で使うが、一長一短な感。
2頭共に調整に満足がいかなかったとはいえ、負け方が気に入らない。
特に前者は馬体のせいか、調教でも気を使いながらの様な感じで心もとない。
不安がある人気馬とみているので、ワザワザ頼りにする事もあるまい。

確たる主導権を握りそうな存在も見当たらないものの、それなりに流れるのが
この 桜花賞。スロー決着と決め込むのも早計。

本命は、決め手魅力の サウンドオブハート
2歳での、『阪神JF』 では1番人気になったものの、3着と応えられず、
今回は人気の面では譲った形になったが、成長力では1番。
馬群を突き抜ける根性もさることながら、外回りでの適性も好材料。
展開も向きそうで、奪冠の可能性は高いとみた。

相手には、『阪神JF』 で本命にした、アイムユアーズ
崩れない実績を続けられるのは能力の高さ。
当時の予想時でも言った様に、強い内容で実績を残しているのは財産。
実力よりも評価が低い今回も狙い目だろう。

もう1頭挙げるなら、ヴィルシーナ
どちらかというと、昨年の エリンコート 同様に、オークスで狙いたい1頭だが、
ここでも有力格なのは確か。
平均前後で流れそうな展開もこの馬にとっては良さそう。

◎サウンドオブハート
○アイムユアーズ
▲ヴィルシーナ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複 及び ワイド

キルトクール は ジョワドヴィーヴル
切り捨てるまではどうかとは思うが、4番手評価という事で。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:40| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

   接遇

今日、仕事が終わった後、久々に自宅近くの 『docomo 高知インター店』
に行きました。
明細書の中でちょっと不明な点があったのと、他にもちょっと聞きたい事が
あったので、内心、あまり気が向かなかったんですが・・・。
docomo のスタッフの皆さんに格別問題がある訳でも無いんですが、
これまでは、あまり良い感じは受けられませんでした。
しかし、今日担当してくれたスタッフの人は気持ちの良い対応をしてくれました。
Nさんというサブアドバイザー・・・だったかな?の女性スタッフで、百戦錬磨という訳では
無い感じでしたが、なんというか、これまでに無い、居心地の良い対応でした。
思い付きも含め、かなり色々質問して、長い時間を取らせまい、内容的には、
ちょっとガッカリする返事も頂きましたが、本当に気持ち良かったです。
当たり前と言われる人も多いと思いますが、ここまで気分良くさせてくれる
接遇が出来る人って、案外多くは居ないと思います。
思わず、「気持ちの良い接客でした。ありがとう。」の様な事を言ってしまった程。
多彩なキャンペーンや戦略も大切ですが、改めて接遇の大切さを実感。
私自身もみつめ直す事と同時に、その時の接遇を思い出しながら、
会社でのスタッフ研修等にも含めてみようかなとも。
それだけでも良い一日だったと思わせてくれる、そんなひと時でした。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 23:15| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

2012年

めでたい人も、そうでない人も。
新しい年を迎えられた事に、おめでとうございます。
私にとっても、皆様にとっても素敵な1年になります様に。

今年は、頭数はこれまで通りで、ボックス馬券も取り入れてみようかと。
だから・・・という訳ではないけど、最高の勝率を目指します。
本年もよろしく御願いします。


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:41| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

皆様

良い御年をお迎えください。
posted by 裕二郎 at 23:19| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

松本復興相様

「私はB型で真意が伝わり難い・・・・・」と貴方はおっしゃいますが。
充分貴方の真意は多くの人々に伝わったと思いますよ。

どんな世界も人材不足の様です。

posted by 裕二郎 at 17:28| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

ちょっと訂正を

先の記事で、「トップページの女性は、私の女神です。」
が、微妙に誤解を与えた様ですが、正確には、
「女神にも値する実在の女性に近いイメージのテンプレがあったので採用した」
でした。

訂正、並びにお詫びします。
posted by 裕二郎 at 19:33| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする