2019年12月21日

令和元年有馬記念〜〜力戦奮闘のラストラン〜〜クロコスミア!

最強馬と称えられる アーモンドアイ が圧倒的1番人気。
これまでの実績からしても当然と言われれば当然の事。
しかし敢えてギャンブル性を考え重箱の隅をつつくとすれば、
香港予定を熱発で回避した事での一頓挫とこのコース適性か。
更に言えば、当初有馬記念は予定していなかったという事。
終わってみれば、やはり強かった。
という結果になる可能性も高いが、ここはどうしても捻りたい。
少しでも不安を感じる圧倒的人気馬に飛びつくのは避けたい。
あとは小回りコースでの対応性も考えれば、ベストとは言い難い。

展開からすれば、外枠からとはいえ、テンのスピードから
アエロリットのハナは間違いないだろう。
それを離れた番手に、キセキ・スティッフェリオ・クロコスミア
が追走する展開になり、一見ハイペースになりそうだが、
どの馬も乱ペースを作る事は無く平均もしくはミドル辺り。

本命は、ここまできて移り気はせず、クロコスミア
このブログを見てくれている人はもうお解り頂けると思う。
エリザベス女王杯に出れば間違いなく本命と決め、
3年連続本命を打ち、人気薄ながら3連続2着と
昔、有馬記念2年連続3着のナイスネイチャにも勝る活躍ぶりは
それ以上に称えれるもの。
今年のエリザベスだけは心情が入ったものになったが、
総ては強いと思うからこそ本命を打った事に偽りは無い。

豪華メンバーが揃った有馬記念、牡馬混合戦では実績は無いが、
休み明けも影響したものや適性もある。
デビュー当時は、400キロにも満たない小柄な牝馬が、
近走では増え続け今や調教後で過去最高体重でも実績を残す事は
ただ太っただけでなく、しっかりと身になっているという事だろう。
6歳になった今でも未知の部分があり、この面子でもヒケを取らない。
前走でも言ったが、どんな結果になろうと悔い等微塵も無い。
現在最低人気だが、人気馬勢に一泡吹かしてやれ!
でも、それ以上にまずは無事に走り終える事を祈ります。

相手筆頭格には、リヅグラシューを抜擢したい。
エリザベス女王杯でクロコスミアに勝利後は別馬の様な貫禄。
前走の海外競馬もそうだが、宝塚記念では、先行しての押し切り勝ち。
キセキ以下をまるで相手にしなかった強さは本物だろう。
舞台設定では、アーモンドアイよりも上とみる。

◎クロコスミア
〇リヅグラシュー
▲アーモンドアイ
注サートウルナーリア
△ワールドプレミア
☆スティッフェリオ
☆キセキ
☆アエロリット
☆フィエールマン
☆エタリオウ


馬券は、◎ 単 ・ 複
◎〇 中心の 3連複 
クロコスミア 及び リスグラシューからの ワイド

皆さん、大一番を楽しみましょう!
御来殿、ありがとうございました。




posted by 裕二郎 at 22:18| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。