2019年12月20日

阪神カップ

日曜には豪華メンバーが揃った有馬記念。
展開からして難しい予想になると思いますが。

その前に、まずは  「阪神カップ」

阪神カップといえば、サンカルロを思い出します。
あの馬にもお世話になり、記憶に残る1頭になりました。
さて今年はどんな競馬になるでしょう。

桜花賞馬のグランアレグリアが人気を集めてはいるものの、
前走は自身の競馬が出来なかった敗戦で、この中間は難しい調整。
じっくり調整したとはいえ、久々でこの面子で勝ち負けはどうか?
無理に飛びつく理由は無い。

前が止まり難い馬場も含んで、マイスタイルも人気になっているが、
阪神コースでの1400ではどうかの疑問がある。
上手く流れに乗れれば良いが、ベストの舞台とは思えず、数字程の
信用があるとは思えない。

ここは一波乱を期待しての予想。

本命は、ロジクライ
安田記念では外枠の数頭の進路を妨害しての敗戦。
前走は久々と自身よりも外枠に前にいく馬が不在もあって
折り合いを欠いた上無理に抑えてガス欠と良いとこ無し。
ただそれぞれに敗因は明確で、この距離コースは好転材料。
外から内の先行勢を見ながらのレースも出来る。
一叩きの効果も見込んで、近走の鬱憤を晴らしたい。

相手候補には、レッツゴードンキ
引退レースとなるが、衰えは然程感じられず、先行策も取る幅広い
戦法も取れる事は魅力。

マイスタイル は最後は距離での適正に泣きそうも、
道中息が入れば侮れない。

面白いところでは、グランドボヌールを挙げたい。
右回りに良績が無い事から全く人気は無いが、全くダメとは思えない。
手の内に入れている和田騎手が継続するのは心強く、思い切った
競馬で圏内までなら。

◎ロジクライ
〇レッツゴードンキ
▲マイスタイル
☆グランドボヌール


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 23:06| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。