2019年06月30日

ラジオNIKKEI賞 & CBC賞

宝塚記念も終わり、ここから下半期へ。
上半期以上を目標に頑張ります。
この2つのレース、波乱が期待出来そうで馬券的には面白くなりそう。

まずは   「ラジオNIKKEI賞」 から。

悪天候で馬場状態が気になるところだが、それよりも
この舞台での適正を重視して組み立てたい。
このコース特有の持続力に優れた馬に勝機がある。

本命は、マイネルサーパス
近走は着順だけをみれば不甲斐ない成績も、G1戦線を戦ってきたので
仕方のないところ。
展開内容と、この馬には適性外の競馬だった事も言える。
3走前の、きんもくせい特別では、ダノンチェイサーをはじめ、
今回上位人気にされている2頭にも勝利しており、実績もある。
持続力に優れたタイプで、後方からでも差し切れるこのコースは、
この馬にとって最高の舞台になるだろう。

◎マイネルサーパス
〇ダディーズマインド
▲ディキシーナイト
注ブレイキングドーン
△ゴータイミング


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド



       「CBC賞」


ここも上位人気馬に数字程の信頼は無い。
加えて道悪確実で、同距離よりも適性の広い馬に趣旨が向く。

キョウワゼノビア に期待したい。
この距離での実績は乏しいもので、正直もう少し距離が欲しいのも確か。
たた勝ち星が無いとはいえ、良馬場で1分8秒台前半の時計も出せる事から、
大きな不安材料にはならない。
左回りの方が得意で、前走直線不利がありながら再度差してきた脚は
高く評価しており、時計を要すこの馬場なら一気に上位進出も充分。

◎キョウワゼノビア
〇ビップライブリー
☆コパノディール
注アウィルアウェイ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 07:43| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする