2019年01月12日

日経新春杯

吉田沙保里さんの引退も少し驚きましたが、カンパニーの死去のニュースも
個人的には淋しいものです。
旧知である 「TAROさん」 のかなりの贔屓馬だった事もありますが、
毎日王冠で、◎カンパニー 〇ウオッカ ☆ハイアーゲーム で
3連単での高配当を的中した想い出のある馬でもあります。
御冥福を祈ります。

土曜競馬の、フェアリーステークス は、◎〇▲で決まり、好調キープ
そうそう当たり続ける事は不可能だが、とりあえずマイペースで。


     「日経新春杯」

先行勢が複数存在する事で、ハイペースが噂されるものの、言われる程まではどうか?
スローは無いまでも、平均ペースで進むと決め込んでみる。
やや力の居る馬場にもなっているが、それでも内を通る先行勢に注目したい。

その先行勢の中での本命は、アフリカンゴールド 
強い4歳世代の中では、高い評価とは言えない実績の当馬だが、
前走はG1で距離が長過ぎた事と前半折り合いが付かなかった事が敗因。
今回は実績ある舞台で、内のコースをそのまま通れそうな展開になりそう。
前が平均もしくはそれ以上で進めば、元々自在性もあるタイプ。
先行勢を道先案内させ、勝負処で抜け出す競馬が出来ると考える。
実績では劣るが、この舞台なら逆転までも。

相手候補には、上位に、グローリーヴェイズ や シュペルミエール が続く。

メイショウテッコン の先行力も魅力ではあるが、やや半信半疑。

波乱があるとすれば、サラス が面白い。
この舞台の適正ならば侮れない存在。混戦の中で浮上も。

◎アフリカンゴールド
〇グローリーヴェイズ
▲シュペルミエール
注メイショウテッコン
☆サラス


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 21:48| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする