2019年01月04日

中山金杯 & 京都金杯

明けまして、おめでとうございます。
拙いブログですが、今年もよろしくお願いします。
昨年末から、有馬記念等の回顧も・・と思いながら、年を越してしまいました。
とりあえず、本題の予想へ入ります。
年明け初戦、なんとか当てたいものです。


      「中山金杯」

毎年、ここからCコースになる事もあって、内馬場の良いコンデョションから、
内有利の傾向が続いているが、今年も例外では無い様子。
タニノフランケル が主導権を握りそうで、他馬勢を見渡しても、
平均ペースで進みそう。
それでも、上記の様なコースなら、ある程度の位置取りは必要となる。

本命は、ウインブライト
58キロは見込まれた感もあるが、実績からは仕方ないだろう。
この馬の実績から、このコースは滅法得意で、このレース、
もしくは、昨年制した、中山記念が目標になるのは間違いない。
マイルCSからじっくり調整出来ている事からも中心とみて良い。

相手候補には、主導権を握れる タニノフランケル
無理に競りかけられる可能性は少なく、馬場を活かして粘り込む。

◎ウインブライト
〇タニノフランケル
▲マウントゴールド
注エアアンセム
△ランガディア
△コズミックフォース


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド



       「京都金杯」

開幕週だからという訳でも無いが、ここも先行勢から狙いたい。
思い切って、マイスタイル本命。
やや展開が読み難い面があるものの、この面子なら久々のマイル戦とはいえ、
主導権を握る可能性もあり。
この騎手との相性が最大の難点だが、ここは思い切って狙ってみる。

◎マイスタイル
〇パクスアメリカーナ
▲グアンチャーレ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。



posted by 裕二郎 at 22:07| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする