2018年12月27日

ホープフルステークス

有馬記念を含め、今年の競馬については、後日に。
今年最後のG1レース 「ホープフルステークス」

圧倒的人気を集める、サートウルナーリア 
これまで危なげないレースで連勝した力は認めつつも、先々見据えた感じでは、
現状では、そこまでの大物感という印象は抱けなかった。
数字程の信頼は置けないとみる。

展開は平均ペースとなりそうな面子構成よりも、気になるのが馬場状態。
内側がかなり荒れた状態であり、ラチを頼りながらの先行勢はやや苦しいか。

本命は、ブレイキングドーン
前走は、やや反応が鈍い面もみえたが、放馬休み明けの影響だろう。
それでも、クラージュゲリエ と僅差の競馬は力のある証拠。
大幅な馬体重の増加は成長面とみて良い。
2歳馬にしてはレースセンスも良く、確実な末脚も魅力で、中心とみて良い。

◎ブレイキングドーン
〇アドマイヤジャスタ
▲ヴァンドギャルド
注サートウルナーリア
☆ジャストアジゴロ
☆コスモカレンドウラ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 23:18| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする