2018年12月22日

平成最後の 有馬記念

まだ、ホープフルSもあるが、これが今年最後の大一番。
そして、平成最後の有馬記念。

展開から考えれば、おそらく キセキ が主導権を握りそうな面子構成。
前走でそのキセキの逃げを間近で見た、レイデオロの鞍上がそれを
簡単に逃がす事は考え難く、ある程度マークしなければいけない立場にある。
どの位置取りからも届く展開になるのではないか。

その主導権を握りそうな キセキ は前走本命にして利を得たが、
その前走はこの馬自身も世界レコードを大幅に更新する激走。
目に見えない疲労の可能性もあり、また、トビが大きく小回りコースへの
適正という意味では、今回は評価を下げたい。
ジャパンCで、アーモンドアイに完敗した他馬勢も評価は下げる。
中心にしたいのは、そのアーモンドアイとの勝負付けが済んでない馬。

人気処では、レイデオロ が最有力となるが、発馬下手で脚の使い処が
上手く運べるかに若干ではあるものの、不安は残る。

他でも勝負付けが済んでないというか未対戦の馬はいるものの物足りない。
ただ今年の実績馬の中で、アーモンドアイと勝負付けが済んでない馬が
もう1頭存在する。

本命は、その ミッキーロケット
宝塚記念は、馬場と展開や立ち回りの総てが上手くいったもの等との
見方が多く、あまり評価はされていないが、果たしてそうだろうか?
確かに、宝塚記念は総てが上手くいった点は否定はしないものの、
力を付けているのも事実。春天皇賞では、4着とはいえ、僅差のもの。
前走の天皇賞秋では、距離短縮、然程実績の無い左回りでもあの内容ならば、
評価を下げる必要は全く無いとみる。
中山コースは初となるが、小回りコースでの実績が充分と、全く問題ない。
調教内容も抜群で、春冬グランプリ制覇へ向けて視界良好とみた。

相手筆頭格には、レイデオロ 上記の通り。

他では、舞台適性は高い パフォーマープロミス

海外帰り初戦が取捨の迷い材料になったが、クリンチャー も候補。
舞台適性ではこの馬も侮れない。

追い込み一手となりそうだが、ミッキースワロー のコース適正も高く、
前が流れての消耗戦になるなら上位も狙えそうだ。

◎ミッキーロケット
〇レイデオロ
▲パフォーマープロミス
☆クリンチャー
☆ミッキースワロー


馬券は ◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:08| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする