2018年11月11日

エリザベス女王杯 & 福島記念

まずは   「福島記念」  から

展開がポイントとなるレースだが、先行2頭がどう展開をつくるか?
マルターズアポジーの逃げを、マイスタイル が追いかける展開。
マイスタイルからすれば、ある程度射程圏内に入れての追走になり、
逃げるマルターズアポジー は離して逃げたいのハズ。
追随する先行勢もおり、後方組にも充分チャンスがあるとみた。

好位を進むであろう、ステッフェリオ を中心に、それをマークする
エアアンセム が相手候補の筆頭格か。
面白いところでは、メドウラーク の息の長い末脚が魅力。

◎ステッフェリオ
〇エアアンセム
☆メドウラーク


馬券は、3連複 及び ワイド



     「エリザベス女王杯」

展開がどう動くかがポイントになるこのレース。
本来なら、昨年の覇者である モズカッチャン が力的にも中心になるべきが、
中間の一頓挫により、やや怪しくなってきた。
他有力勢をみても、人気を集める、レッドジェノヴァ の勢いは認めても、
使う詰めのローテはやや心配。上積みという点では期待できない。
距離が微妙な、リスグラシュー と古馬人気勢は付け入る隙がある。

そうなれば、重賞実績もある3歳勢に目が向くのも必然か。

それでも、このレースこそ主導権を握る強味を重要視したい。

本命は、昨年同様に クロコスミア
連勝で挑んだ昨年と比べて、今年は勝ち星無しと強調材料が乏しい感だが、
それぞれ敗因はハッキリしており、特に前走は、カワキタエンカ の大逃げを
無理に追いかけず離れた2番手でハナ同様の展開ではあったが、2番手以降は、
切れ味勝負に近い競馬になってしまい、こぼ馬の持ち味は生かせなかった。
それでも大きく負けなかったのはこの馬の粘り強さだろう。
今回、同型も存在するものの、主導権は間違いなくこの馬。
無理に抑えず、自身のペースで流れれば、簡単には止まらない。
今年も人気は無いが、昨年の雪辱を晴らす舞台は整った。

◎クロコスミア
〇ノームコア
▲カンタービレ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複  ワイド

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 08:35| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする