2018年10月21日

菊花賞 2冠奪取に向けて視界良し!

最大のポイントは展開で、春に実績を残した、エポカドーロや
ジェネラーレウーノ に加えて、メイショウテッコンと勢いのある
先行馬勢が揃って出走。
ここをどう見るかで、逃げ宣言をしている ジェネラーレウーノを
少し離れた位置で、メイショウテッコン 、そのまた離れた位置から
エポカドーロ が追走する形。かなり縦長の隊列になるだろう。
後続勢もこれに続いていく様であれば、自身が潰れる危険性もあり、
思い切った先行策を取れる先行勢に比べて、後続勢は脚の使い方が
難しい競馬になりそうな予測。
前も簡単に止まる様な面子でもなく、持続力に優れた性能を持つ馬が
完全に上位を占める事になると確信する。
また、馬券対策として、舞台云々よりも腹を括った思い切りの良い
競馬をする馬が上位を占めるのではないか。
道中少しでも迷いが生じる様なタイプに高い評価はしないつもり。

本命は、皐月賞同様に、エポカドーロ
ダービーでは少し評価を下げてしまったが、それがそもそもの間違いだった。
今回、距離延長という事で、不安視する声も多く聞くが、それを上回るスピードと
持続力を持っている事はこれまでのレースからも証明済み。
重心の低い走法は無駄を無くす流れの良い走法で、持続力を尚生かすもの。
ダービーでも早め先頭に抜け出しゴールまで脚色が鈍らなかったのが
優れた持続力を証明しており、距離不安のある馬が例え今回よりも短い距離とはいえ、
2400のレースであの競馬は出来ない。
結論とすれば、今回の距離延長も全く問題は無い。

相手候補には、逃げるであろう ジェネラーレウーノ
ダービーは中途半端な競馬が惨敗の敗因というのは周知のもの。
下手に溜めずに思い切った戦法を打つこの馬は脅威の1頭となる。

他では、ダービーは直線不運があった、ブラストワンピース
能力的には最上位でも道中少しでも迷いが生じそうで、
そうなれば、届かない事も考慮してこの評価。

面白いところでは、淀外回りでの適性に優れた、ステイフーリッシュ
2歳時、ホープフルSでも本命にしたが、この馬も持続力に優れたタイプで
思い切った競馬が出来れば、上位とも差は無い。

もう1頭選ぶなら、アフリカンゴールド
まだ成長途中で甘い部分もあるが、前走内容は高く評価出来る。
どこまで通用するか楽しみな1頭。

エタリオウ はダービーで惑星候補で印を打った通り力はある。
ただ、今回も同様の競馬をするなら、差し届かずの可能性の方が大きい。
スタミナは申し分無いので、ある程度前の位置取りでどんな競馬が出来るか?
やや危険な人気馬だが、捨て切れずこの評価。

◎エポカドーロ
〇ジェネラーレウーノ
▲ブラストワンピース
☆ステイフーリッシュ
☆アフリカンゴールド
△エタリオウ


馬券は、◎ 単
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 08:53| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする