2018年10月14日

秋華賞

圧倒的人気を集める、アーモンドアイ はこれまでのレース振りから
死角らしい死角が見当たらない。
初コースや休み明けという課題はあるが、馬券外に飛ぶシーンは
なかなか思い浮かばない程なら無理に嫌う必要は無いだろう。

先行勢が内中外それぞれに存在し、ハイペースになる見込み。
その上、3冠がかかる、アーモンドアイも含め有力勢も早めの仕掛けから
持続力がこれまで以上に求められる競馬になる。

本命は、前走同様に、パイオニアバイオ
前走は発馬で勢いがつかず、上手く流れに乗れないままの内容。
当初は気にならなかったが、休み明けが響いたのかもしれない。
今回、一叩きされた効果と、春のフローラSの様に、無理に馬群に入れず、
外々を回る方が良いと解っていた様な、柴田善騎手に戻るのは好材料だろう。
長く使える脚も持っており、持続勝負になるなら勝ち負けまで。

相手筆頭格には、圧倒的人気でも アーモンドアイ

前哨戦で本番に繋がりそうな内容だった、サラキア

確実な末脚が魅力の、プリモシーン は乗り方次第で3着辺りか。
 
大外枠は不利とはいえ、腹を括った競馬が出来れば怖い、ダンサール まで。

◎パイオニアバイオ
〇アーモンドアイ
▲サラキア
注プリモシーン
△ダンサール


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ラッキーライラック
舞台適性は合うと思うが、やはり本音は一度使っておきたかったところ。
狙いは、次走のエリザベスとみて、ここは見送る。
posted by 裕二郎 at 09:16| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする