2018年10月07日

京都大賞典 & 凱旋門賞

まずは、軽く  「凱旋門賞」

本来なら軽く予想するレースでは無いのだが。

本命は ヴァルトガイスト

前哨戦である、前走のフォア賞は強い勝ち方だった。
昨年の覇者とはいえ、不安要素のあるエネイブル に
今一つ強さが微妙な シーオブクラス に人気は譲ったが、
本当の意味で勢いのある、当馬を狙いたい。

◎ヴァルトガイスト
〇ヌフボクス


ワイド1点勝負で。


      「京都大賞典」

サトノダイヤモンドとシュヴァルグランが人気を分け合う形。
どちらかと言えば、シュヴァルグラン の方が優勢か。
距離や調整が合わなかった、大阪杯以外での近走は充実そのもの。
悩めるサトノダイヤモンドに比べて、優勢に立ってるのは事実で、
距離、休み明けも含めて、中心は間違いないだろう。

ウインテンダネス が逃げたとしても、スローは必至の面子構成。
位置取りは重要なポイントを占める。

本命は、レッドジェノヴァ
距離延長を境に頭角を現し、近2走はまさに充実そのもの。
長く良い脚を使え、先行力も魅力のひとつ。
今の勢いなら、実績上位勢にも一泡吹かす事も充分あり。

相手筆頭格には、上記の通り シュヴァルグラン

サトノダイヤモンド は調整がカギで、目標は先もある程度まででも
復調していれば・・・。

面白いところでは、プラチナムバレット
前走は接触落馬の憂目にあったが、それが無くとも上位は厳しかった。
極端な馬体減で行きっぷりも悪く、度外視して良い。
メンタル面がやや不安だが、復調していれば侮れない。

◎レッドジェノヴァ
〇シュヴァルグラン
▲サトノダイヤモンド
☆プラチナムバレット


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ウインテンダネス
勢いは認めつつ、右回りでは勝ち星はあるもののやや適性に疑問。
加えて休み明けは割引して考えたい。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 21:19| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする