2018年04月15日

皐月賞 回顧 5万馬券スッキリ的中!

単・複・ワイド・3連複 揃って的中出来ました。
1着◎エポカドーロ
2着☆サンリヴァル
3着△ジェネラーレウーノ


久々の500倍以上の万馬券の的中。
私は大波乱予想主義者では無いので、こういう馬券は久々です。
では、皐月賞の回顧を。

◎エポカドーロ
離れた4番手でもハナに立っているのと同じ展開になり自身の競馬で
進められた事が最大の勝因。
スピードに乗りながらのコーナーワークがやはり上手く後続馬が
射程圏内に入ってもなかなか追いつけない強さをもっている。
次は当然ダービーになるが、距離とコース適性から好転舞台とはならない。
☆サンリヴァル
この馬も自身のペースでの競馬で、最後まで粘り切った。
予想でも書いた様に、どんな展開でも粘れる力がある。
現時点では、エポカドーロよりもダービーでの適性は上かも。
△ジェネラーレウーノ
パドックで観た時は、この馬が勝つんじゃないかと思う程
ギリギリの仕上げ。後5分発走が遅ければ大惨敗だったかもしれない。
あの展開で3着に粘ったのは評価出来るが、消耗の激しい内容。
それだけに、ダービーまでに立て直せるかどうか?
もし立て直せれば、ダービーでも面白い存在になる。

4着以下では、ステルヴィオ と キタノコマンドール は
ダービーでも上位を狙えそうな内容だった。
ワグネリアン は馬場や展開云々よりもメンタル面での成長が欲しい。
ダービーでは大観衆の目の前がスタートになるのでそこらでの
コントロールが出来るかが現時点では不安。
ジャンダルム は発馬で煽ったのも誤算で、芝の良い所を選んでの追走。
しかし、流れに上手く乗れず最も持ち味が生きなかかった1頭。
グレイル は前半全く競馬をしていない内容なので末脚鋭かったが、
ダービーで上手くパフォーマンスが生きるかは不明な感。
オウケンムーン は実績はあるものの、中山コースでは適性面で除外。
内を狙ってきたが、完全に脚が上がっていた。

特殊な展開になった今回の皐月賞。
それでも見応えはあった様に思います。
ダービーに向けて、掲示板5頭も勿論有力ではありますが、
新星の存在にも期待したいところ。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:44| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする