2018年04月14日

皐月賞 & アンタレスS

まずは、   「アンタレスS」 から。

ここは印のみで。

◎トップディーボ
〇ミツバ
▲グレイトパール


この3頭のマルチ馬券で勝負。


       「皐月賞」

ダノンプレミアム回避により、大混戦となった皐月賞。
単に混戦になっただけでなく、先行力あるこの馬の回避で展開も
難しくなり、悪天候による道悪、加え難解な1番となった。
更に、どの馬も勝ち切るイメージが沸かず、本命馬選出も難解。
先行勢が多数存在し、ハイペースが見込まれるが、道悪も含め、
然程激しい展開にはならないとみる。
ステルヴィオ以外の有力候補が内枠に入った事も拍車をかけている。
最内枠に入った、タイムフライヤーはさすがに前走は言い訳が通らない
程の負け過ぎでここで復活までとは難しい。
ワグネリアンはどういう位置取りへの進出かがポイントだが、
後ろ過ぎると差し届かずで、ある程度の位置取りだと、脚の使い方が
難しく、差し切るまでに至るかはかなり疑問がある。
話題のキタノコマンドールは正直現時点での判断が難しい。
人気になる事は予想出来たが、果たして額面通りとまでは?
ステルヴィオも外枠は問題ないが、前走以上のパフォーマンスが
今回の舞台で出来るかはこれも疑問がある。
前走同様のパフォーマンスでも差し届かずという印象が強い。
どの馬が勝っても、おかしくないだけに、道悪展開、それ以上に
舞台適性に優れた馬そのものを探る方が賢明ではないか。

その本命は、エポカドーロ
前走は、2番手とはいえ、ハナと同じ展開の競馬。
最後にステルヴィオに差されたが、最後まで粘り切った事は評価したい。
それ以上に1戦ごとに競馬が上手くなっており、特にコーナーワークでの
突き放す走法は特筆すべきもの。
今回、こういう強味が最大限に生かせる舞台にならないだろうか。

相手候補には ジャンダルム が有力か。
なかなか勝ち切れず、番手評価が妥当でも、崩れない安定感と、
好位からの進出は魅力。こういう馬に乗せると上手い鞍上が
何か仕掛けてきそうで、怖い1頭。

人気2頭を切り捨てるまでは無いが、とりあえず押さえで。

舞台適性は申し分ない ジェネラーレウーノ
京成杯組は同舞台でもここで結果は出てないが、この馬に関すれば、
未知の魅力と、コーナーワークでの上手さもあり侮れない。

最大の惑星は、サンリヴァル
前走はスローペースの恩恵があった感にもあるが、2走前のG1では
ハイペースでも大きく崩れなかった粘り強さがある。
こういうタイプが3着辺りに粘りそうで少し警戒したい。

◎エポカドーロ
〇ジャンダルム
▲ステルヴィオ
注ワグネリアン
△ジェネラーレウーノ
☆サンリヴァル


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は キタノコマンドール

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 22:59| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。