2018年04月14日

アーリントンC & 中山GJ

先週の桜花賞は全く勝負にならず。
素直に アーモンドアイの実力を認めるべきでした。
まあ、私の◎馬は、発馬直後で終わってましたが・・・

今週は、牡馬である、皐月賞。
ダノンプレミアム回避で、混戦模様の上、有力馬のどれも勝ち切れない
そんなイメージで、尚更拍車をかけている感。

しかし、その前に、 「アーリントンC」

平均ペースで運びそうな面子構成。
小頭数なだけに、どの馬にもチャンスはあるだろう。

ラセット に期待したい。
重賞3着の実績の割には人気が無いが、マイルでの競馬の上手さが
その実績に繋がっている。
その前走でも後のフラワーCの覇者、カンタービレに競り勝っており、
確実に成長を遂げている。
平坦コースに実績があり偏見されそうだが、むしろ急坂コースに
適性があるとみているので、距離短縮も加え好転舞台で狙ってみたい。

◎ラセット
〇パクスアメリカーナ
▲レッドヴェイロン
注インディチャンプ
△ダノンスマッシュ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


       「中山グランドジャンプ」

ここまで王者として君臨していた、オジュウチョウサン
今回も当然主力ではあるものの、中間の一頓挫の影響がどうか?
暮れの中山で大いに盛り上げた、アップトウデイト が逆転とみる。

◎アップトウデイト
〇オジュウチョウサン
▲ニホンピロバロン
☆サンレイデューク


3連単と3連複での勝負で。

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 10:26| 高知 | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。