2018年01月07日

シンザン記念 & フェアリーS今年の初的中

今日の、フェアリーS は、◎〇の2−3着のワイドとはいえ、初的中に至り、
まずは一安心。
明日も地道でも的中を重ねていきたいところ。

さて、シンザン記念。

展開的には、平均ペースで進みそうな面子構成も、明日は道悪の見込み。
2歳馬での道悪適正はまだ解らない。
数少ない戦績の中で、それに見合う馬を探すのも策だが、それ以上に
現状での力関係もじっくり考察も当然必要。

本命は、ブランモンストル
新馬戦は不可解な惨敗を喫したが、次走では馬が違ったかの内容で
キッチリと勝ち上がった。
切れ味タイプでは無く、長く良い脚を使うタイプで、高速決着よりも、
時計を要す馬場も向きそうだ。
先行力も魅力で、自身の競馬が出来ればこのレベルでも上位は狙える。

相手候補の筆頭格に、ツヅミモン
まだキャリア1戦だが、なかなか見所がある当馬。
スッと先行出来るテンの早さに、レース内容もデビュー戦にしては、
大人びた競馬で、並ばれても抜かせなかった。
今回は2番手評価だが、先々はかなり楽しみな1頭。

他では、ファストアプローチ
朝日杯6着の実績を素直に評価してみる。

◎ブランモンストル
〇ツヅミモン
▲ファストアプローチ

馬券は、◎  単 ・ 複
3連単 及び 3連複  そしてワイド
〇 の 単 ・ 複 も加えて勝負。


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:19| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする