2017年12月24日

有馬記念。女王から覇王になれ〜〜クイーンの末脚!

圧倒的人気を集める、キタサンブラック
これまでの実績から、そして今回引退レースという事も重なって
より拍車がかかっている様子。
そのキタサンブラックについては、今回実績ある内枠に入った事から
主導権を握れる強味はあるものの、前走のジャパンカップでは、落鉄の
影響があったとはいえ、やや迫力不足にも感じた。
その上、道悪だった天皇賞、厳しい内容だったジャパンカップを考えれば、
ベストの状態とはどうしても考え難く、余力は無いのではないか。
他陣営がどう捉えているかもポイントで、スワーヴリチャードや、
シュヴァルグラン辺りも早目、また隣枠勢もマークする事を公言している事からも
かなり厳しい展開になるのではないか。
溜めていけるタイプでは無いので、余力無しの上に予測される消耗戦。
実績は認めつつ敬意を表した上でも今回は切り捨ててみたい。

上記の様な展開なら、巷で言われる程の内枠先行有利とは限らない。
外差しからにも充分に勝機はあるのではないか。

本命は、ミッキークイーン
牡馬混合G1レースではまだ善戦止まりにはなっているが、それはその前の
レースでピークを迎えている事もあり、完全に力を出し切ったものではない。
距離を問わず、力のいるタフな競馬に強く、今回の展開はこの馬にとっては
好転材料になる。
前走はそういうレースにならず、それでもタイム差無しの3着まで
追い上げたのは力の証だろう。
これまでのG1レース前の調教内容から今回は最高の出来と言って良い程
力強く坂路を駆け上がった姿に女王の風格感じた。
牡馬の有力勢の、キタサンブラックやシュバルグランがピークでは無いと
思っているので、勝ち負け出来る可能性は充分過ぎる程ある。
むしろこの馬は外枠の方が良い。

相手候補も難解ではあるが、シャケトラ を抜擢。
春日経賞を勝った後は勝ち負けどころか、馬券対象内さえ確保出来ていないが、
今回の調教内容は復活への意地にも感じるもの。
どちらかというと、中山コースよりも、阪神の外回りの方がベストな気がするが、
上記に挙げた消耗戦になるなら、この馬のスタミナが生きてくる。
幸いにして、前走、前々走もほとんど競馬をしていない事からも、
消耗も少なく、復活への舞台へ虎視眈々と狙っている。

他では、ローテでの消耗は少ない、スワーヴリチャード
不安点として右回り言われているが、然程気にする必要は無い。
逆に不安なのは、多頭数での外枠の方かもしれない。
しかし、3歳勢ではトップクラスで上昇度から取り上げてみた。

当初は切り捨てるつもりだったが、調教内容で、調子落ちは
最小限に留めていると感じた シュヴァルグラン

他では、上記の展開を決め打ちした上で、レインボーライン 
コース距離共に本来は合う舞台である、ルージュバック
コース適性で、サクラアンブルール
微妙であるが、良い枠を引いた、ヤマカツエースまで。

◎ミッキークイーン
〇シャケトラ
▲スワーヴリチャード
注シュヴァルグラン
☆レインボーライン
☆ルージュバック
☆サクラアンブルール
☆ヤマカツエース


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は キタサンブラック
上記の通り。
もう1頭は、サトノクラウン
実績能力共に上位だが、今回出走に踏み切ったのが遅かった。
完璧な調整は出来てないとみて、切り捨てる。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 10:49| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする