2017年11月11日

エリザベス女王杯 & 福島記念

土曜競馬は、◎インカンテーション での、単・複 のみとなったが、
それでも、単で取れた事は嬉しいもの。
日曜は、もっとスッキリと当ててみたいものです。

まずは、  「福島記念」
ここは中心馬の印のみで。

ある程度流れそうな面子構成だけに、展開の利もあるとみて、ショウナンバッハ
前走は復調の兆しがみえただけに、ここでのレベルなら。

◎ショウナンバッハ


           「エリザベス女王杯」

ソウルスターリング は別路線に行ったものの、それを除けばハイレベルな面子構成。
しかし、ハイレベルというだけで、ハイレベルな決着になるとは限らないのが、
競馬の面白いところ。
ポイントとするのは、距離と展開。
近年、底力勝負の様相が続いているが、これは面子によって変わってくる。
クロコスミアが主導権を握りそうで、先行勢もそれなりに存在はするが、
無理に競りかけてくる様な存在も見当たらず、前半はスローになるのは濃厚。
後半持続力勝負にはなるだろうが、前半の展開が大きく左右しそうだ。

本命は、クロコスミア に期待したい。
前走は、府中牝馬Sを逃げ切り重賞制覇でも現状では9番人気。。
巷の評価は低く、展開が向いた事や、今回距離延長も不安視されているが、
G1馬2頭を相手に堂々と勝ち切った事は素直に評価したい。
不安視されている距離延長も、前半スローでゆったり入れる展開なら、
距離の問題は杞憂に終わらないだろうか。
2歳時から言う様に、勝負根性もある馬で、自身のペースでなら、
そう簡単には崩れないスタミナもある。
今回、初騎乗になる、和田騎手も今年好調で、思い切りの良さがある。
この馬の力を充分に引き出してくれそうで、そうなればこのレベルでも
好勝負に持ち込める。

相手候補には、力だけを評価するなら、ミッキークイーン
ハイレベルの牡馬相手にヒケを取らない競馬は力の証明。
順当なら、この馬が最右翼だろう。

あとは、人気処も含めて手広く流したいが、最大の惑星候補を挙げるなら、
マキシマムドパリ だろう。
牝馬限定戦ながら、重賞2勝は侮れない。
前走は大外枠からのやや中途半端な競馬で、クイーンSは、
完全な距離不足と、酌量の余地は充分で、ここまで人気が落ちるなら。

◎クロコスミア
〇ミッキークイーン
▲ヴィブロス
注スマートレイアー
△クイーンズリング
△ディアドラ
△ルージュバック
☆マキシマムドパリ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド
☆マキシマムドパリ の複勝もオマケで。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 22:33| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする