2017年06月25日

宝塚記念

人気を集める キタサンブラック は当然の事ながら上位は確実も、
負けるとすればここか。
3戦連続のGTで前走はレコードのハードなレース。
距離的にも小頭数である事からも、こういう舞台がこの馬にとって
厄介な設定にならないか。
ただし、道悪も予想される事から、今回は外枠に入った事で馬場の良い所を
走れる事は好材料かもしれない。

それでもここまで圧倒的な人気を集める馬を素直に本命にしても、
上記に挙げた重箱の隅をつつく様ではあるが不安点もあるだけにやや危険。
数字程までの信用は無いとみたい。

本命は、ミッキーロケット に期待する。
近走発馬後手で今一つ流れに乗れてないものの、それでも勝負圏内にはきている。
今回もその不安は拭えないものの、大きく遅れる訳では無いので然程心配は無い。
厳しい流れになるならそれはそれで対応は出来る。
陣営は先行策を指示している様で、まともな発馬なら、昨年のTRで
サトノダイヤモンドに迫った様に力はある。
道悪も追い風で、大きなチャンスの舞台とみる。

相手候補は無理に絞らずに手広く攻めてみたい。
キタサンブラック が当面の相手も、確たるまでには無い。

関西遠征では結果を残せてないが、能力は高い ゴールドアクター

ミッキークイーン は迷った1頭で、陣営も言う様にこの距離での
道悪がどうか? 地力の高さでこの評価。

面白いところでは、スピリッツミノル 
舞台適正は上位で、道悪が追い風となり3着辺りに・・・。

◎ミッキーロケット
〇キタサンブラック
▲ゴールドアクター
注ミッキークイーン
△サトノクラウン
☆レインボーライン
☆スピリッツミノル


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は シュヴァルグラン
天皇賞では本命にしたが、そこでこれ以上無い程の仕上げの上、
ハードなレース内容。その疲れが不安でここでは無いとみる。

御来殿、ありがとうございました。




posted by 裕二郎 at 00:49| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする