2017年06月03日

安田記念

混戦の中、イスラボニータ が1番人気。
記録がかかる鞍上とマイル転向から安定した実績も追い風しており、
この人気は変わる事は無いだろう。
ただし、前走は勝ち切ったとはいえ、安定した・・・という印象は
まだ完全に拭えないもので、何馬かには先着を許しそうな感。

ある程度平均ペースで流れそうな面子構成だけに、位置取りでの差は少ない。
直線では消耗戦に近い競馬になるのかもしれない。

本命は、ブラックスピネル
東京新聞杯は展開が味方した事もあり、フロック視されているが、
単純にそう考えるのは早計で、強いメンバーが揃った前走でも、
差の無い4着は評価して良い。
その前走では位置取りがやや後ろ過ぎたのと、休み明けが影響してか、
追われてからの反応が今ひとつ。
一叩きした効果が出れば、まとめて差し切る力は秘めている。
持続力もあり、予測している展開にも向くのではないか。

相手行には、人気でも イスラボニータ が最右翼。

エアスピネル は切り捨てるつもりだったが、調教映像を観て一考。
坂路を力強く真っ直ぐ駆け上がってきた姿には目をひいた。

面白いところでは、自在性もある ヤングマンパワー

展開から再度の好走の可能性もある、クラレント

◎ブラックスピネル
〇イスラボニータ
▲エアスピネル
☆ヤングマンパワー
☆クラレント


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は 他16頭

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:49| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする