2017年05月13日

京王杯スプリングカップ

今回のこのレースのポイントは、距離と馬場。
馬場に関しては、かなりの道悪が予測出来るので、その道悪をどう捉えるか?
展開では、確たる逃げ馬不在なだけに、然程ペースは上がらない。
小頭数だけに、どの位置からでも不利は無いが、敢えて決めるなら、
ある程度の位置取りは必要。 一波乱ありそうな感。

本命は、ブラヴィッシモ
実績気からは、他馬勢からすると一枚落ちるが、この距離では崩れる事は少なく、
なにより自在性があるのが強味。
道悪実績もあり、今回の面子構成なら先行押し切りが可能とみた。

相手候補には、トウショウドラフタ 
脚質的に差し損ねが充分考えられるが、この馬にとっては
これ以上無いベストの舞台が整った。

ダッシングブレイズ も面白い。
距離がやや短い印象の上、大外枠とはいえ、時計を要する馬場に魅力。

人気だが、グランシルク も好転舞台だけにおさえは必要か。

ダンツプリウス が最大の惑星候補。
以前にも書いた様に、元々勝負根性も備えたタイプで、時計を要する馬場で
久々に一変がありそうだ。

◎ブラヴィッシモ
〇トウショウドラフタ
▲ダッシングブレイブ
注グランシルク
☆ダンツプリウス


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 00:11| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする