2017年04月08日

桜花賞。2強ムードを打ち抜く紅の矢

当初は、ソウルスターリング1強ムードと言われた、牝馬戦線。
それに追随するのが、アドマイヤミヤビ。
桜花賞までなら、ソウルスターリング オークスでは、アドマイヤミヤビ
との評価が多いが、それはまた後の話で、まずは、桜花賞。

外枠有利がいつも有利とは思えないが、今年もそれは有利に働きそう。
天候は回復しそうも、内はかなり荒れている事から、外が有利に思える。
展開としては、隊列はある程度決まりそうだが、平均よりもハイペースで
流れそうな面子構成だけに、尚更、外からの差し馬に期待したい。

本命は、カラクレナイ
マイルはまだ未知の距離ではあるが、これまでの走りからすれば、
充分対応は可能。
発馬にやや不安を残すものの、この馬の最大の魅力はレースごとの
成長力にある。上記で挙げた展開になるなら、まだ上位2頭との決着が
ついていない当馬の未知の魅力に期待したい。

相手候補には、人気でも、ソウルスターリング に アドマイヤミヤビ

面白いところでは、カチューリップ賞でも穴候補に挙げた ワキタエンカ
昨年末の、千両賞では牡馬に交じって3着と健闘。
その1〜2着馬は後に重賞を勝ち上がっている事から、この馬も力はある。
簡単に引き下がらない粘りはこの相手でも脅威とみる。

◎カラクレナイ
〇ソウルスターリング
▲アドマイヤミヤビ
☆カワキタエンカ


馬券は、◎ 単 ・ 複
◎中心と、☆も中心とした、3連複 及び マルチワイド

キルトクール は 他 14頭

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:06| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする