2017年04月02日

大阪杯〜初代王者のその名はエース!

今年から格上げされたG1レース。
それらしい好メンバーが揃い、見応えもありそうだ。
ポイントとなるのは、3つ。
1つめは、今年から格上げされた事で、特に有力勢のこれまでは
先の大一番に向けての叩き台であったのが、これ自体が大一番になった事。
もう1つは、展開。
これまではスローになりがちなこのレースだったが、今年の面子構成から
マルターズアポジーを筆頭に、人気のキタサンブラック それを目標にする
簡単には負けられない、マカヒキ、そして、サトノクラウン が続く。
こうなれば、先行勢には厳しい展開になる。
人気を集める、キタサンブラックは、距離的には対応出来ても、そこは
久々の距離であり、これまでのゆったりした流れとは違う競馬に対応出来るか
という点と、上記に挙げた展開から果たしてこの数字程の信用は無いとみる。
それを追いかけなければならない、マカフキ もこの距離を考えると、
やや危険かもしれない。
もう1つはこの舞台での適正。

その一つを重要視した上で、本命は、ヤマカツエース に期待したい。
この馬の持ち味は、この距離での適正だろう。
展開に左右される事が少なく、どんな競馬にも対応は出来る。
持続力に優れており、良い脚を長く使える事も魅力。
阪神コースには実績は無いが、それは昨年の夏までの話。
今の充実度なら、克服する力はあるのではないか。
激しい先行争いを、射程圏内に置き、直線浮上する姿が目に浮かぶ。

相手筆頭格には、サトノクラウン
海外G1 を勝ってからの勢いは、明らかに違う。
元々この馬も持続力には優れており、予想通りの展開なら持ち味がいきる。

他では、こに舞台適正は好転材料の、ステファノス

最内枠を上手く活かせれるなら面白い、ミッキーロケット まで。

◎ヤマカツエース
〇サトノクラウン
☆ステファノス
注ミッキーロケット


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は キタサンブラック と マカヒキ
上記の通り。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 00:00| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする