2017年02月19日

フェブラリーS & 小倉大賞典

土曜競馬は見るも無残な結末。
今週は今年最初の G1レースだけに幸先良いスタートきりたいものです。

まずは、 「小倉大賞典」  から。

本命は、マルターズアポジー
ロードヴァンドールの出方にもよるが、おそらく逃げるであろう
マルターズアポジー に絡んでいくとは思えない。
主導権を握るのは、マルターズアポジー とみて間違いない。
さすがに前走は厳しい内容で厳しい結果になってしまったが、
相手関係からすれば仕方ない事。この面子レベルなら上位は間違いない。

◎マルターズアポジー
〇ストロングタイタン
☆クランモンタナ
注ベルーフ



     「フェブラリーS」

オッズが示す通り、混戦模様。
実績馬の多くが、不安材料を抱えている為どの馬が勝ってもおかしくない。
一見スローにも思えるが、この舞台ではそれ程スローな展開にはならず、
差し、追い込みにも充分チャンスがある舞台である。

本命は、ノンコノユメ に期待したい。
近走やや不甲斐ない成績なのは、去勢明けも無いとは言えないまでも、
それよりも、距離等の適応舞台での競馬も少なかったのもある。
コーナーワークでのズブさはあるが、直線が長くタフなこのコースと共に、
距離短縮は歓迎で、ベストの舞台で巻き返してくれるだろう。

相手候補も難解だが、勢いのある、カフジテイク は有力。
距離延長は好転材料とは言えないが、上位は揺るぎない。

面白いところでは、ホワイトフーガ を抜擢。
馬体の成長もあるが、レース内容そのものにも成長がみられる。
実績面で劣るのは否めないが、上位を狙える力は備わっている。

もう1頭なら、人気でも舞台好転の ゴールドドリーム 

最内枠は気になるが、マイルへの対応力もある、サウンドトゥルー まで。

◎ノンコノユメ
〇カフジテイク
☆ホワイトフーガ
注ゴールドドリー
▲サウンドトウルー


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複  及び ワイド

キルトクール は 他12頭。
人気を集める モーニン は近走迷走状態になっている。
まだ抜け出したとは思えず、このオッズは過剰人気と判断した。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 08:36| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする