2016年11月12日

エリザベス女王杯 & 福島記念

まずは   「福島記念」

◎ダイワドレッサー
〇ゼーヴィント


      「エリザベス女王杯」

やや物足りない感のある面子構成も、一筋縄では納まりそうにない。
人気を集める勢力が揃って内枠に入った事や、人気2頭は休み明け。
伏兵陣でも、充分に付け入る隙がありそうだ。

展開としては、スローと言われる見解もあるが、然程スローにはならない。
澱みのない平均ペースで流れると思っている。
どの馬にもチャンスはある。

本命は、シュンドルボン
距離不安も囁かれているが、昨年のこのレースを観ても他のレースからも、
個人的には言われる程の不安は無いとみる。
前走は馬体増というより、ここに向けた叩き台の様な競馬だった。
その前走以外では、良い脚を長く使える様になった成長もある事から、
上位人気勢に少なからず不安がある今回は最大のチャンスだろう。

相手筆頭格には、ミッキークイーン の方を抜擢。
久々でも、調教をみても、上手く調整出来ているのではないか。
力を出せる状態なら間違いなく上位。

マリアライト は 宝塚記念で、◎を打ちお世話になったので期待したいが、
なにか本番は先のJCの様な気がしないでもないのでやや評価を下げたい。

中途半端な人気勢よりも、プリメラアスール と シャルール の
先行2頭が面白い。
実績的には後者の方がやれそうだが、前者とてそう簡単には潰れない。
前走は展開に恵まれただけの競馬ではなかった様に思う。

◎シュンドルボン
〇ミッキークイーン
▲マリアライト
☆シャルール
☆プリメラアスール


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 22:36| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする