2016年10月30日

天皇賞・秋 & カシオペアS

まずは、  「カシオペアS」

スロー必至な面子構成も、決め手勝負になりそう。ならば・・・

◎レプランシュ
      

「天皇賞・秋」

現時点では、僅かに エイシンヒカリ が1番人気。
それを モーリス が追う数字が展開されている。
そのエイシンヒカリ だが、昨年は主導権を奪われ、
自身の展開にならなかった影響か、惨敗を喫した事に関すれば
あまり深く考えなくて良いだろう。
今回は、最内枠に入り、陣営も逃げ宣言とも言える表現をしている事から
主導権を握るのは間違いないだろう。
昨年の様な事にはなるまい。
しかしながら、これまでのレースを見る限り個人的な見解ではあるが、
どちらかというと、右回りの方に適性を感じる。
あとは、他陣営が、この馬をどう捉えてでも展開が左右される。
無理をせず、エイシンヒカリの競馬をさせるか、それとも多少無理承知で、
プレッシャーをかけていくか、勿論楽な競馬はさせないだろう。
ロゴタイプやクラレントもプレッシャーをかけてくるだろうが、
夏からここを目標にしている モーリスも黙ってはいない。
前々での位置取り勢には厳しい展開になるだろう。
とはいえ、ある程度前々を射程圏内に出来る位置取りは必要となる。

本命は、アンビシャス に期待する。
上記の様な展開なら、この馬が最有力に挙がるとみている。
前走は、ルージュバック との追い比べに負けはしたが、同コースでも
距離が違う。2000の舞台なら、逆転は充分にあるだろう。

相手候補の方が難解だが、モーリス を筆頭格に挙げたい。
マイルでの実績が圧倒的も、前走を観る限りこの距離にも充分目処は立った。
底力がある方なので、消耗戦になっても大丈夫ではないか。

前走ほとんど競馬にならなかった、ステファノス もこの舞台で見直したい。

他では、ヒモ荒れを期待して、人気薄に流したい。
特にアドマイヤデウス の上昇度には注目している。

◎アンビシャス
○モーリス
▲ステファノス
☆アドマイヤデウス
☆ヒストリカル
☆サトノクラウン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は エイシンヒカリ
上記に挙げた通り。
もう1頭、ルージュバック もこの舞台での好走がイメージ出来ない。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 09:27| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする