2016年10月23日

菊花賞

サトノダイヤモンドとディーマジェスティ の2強対決の様相。
展開からも考えたいが、やや絞り難い面子構成だけに、
極端に左右され難い事も視野に入れる必要がある。
ならば、云々考え過ぎない事にして、馬個体の適正を重視する定石を
最重要視して考えたい。

本命は、ミッキーロケット
前走の、サトノダイヤモンドに肉迫した内容も高く評価出来るが、
それ以上に、春から比べて走法もかなり変わってきた。
発馬については、まだ少しアテには出来ないが、コーナーワークで
しっかりと射程圏内に入れる様な競馬が出来る様になった事は好材料。
例え直線ヨーイドンになろうが、消耗戦になろうが、対応は可能。
スタミナも一級品で、自身のレースに徹する事が出来れば勝機もある。

相手候補も難解だが、距離不安があるとはいえ、サトノダイヤモンド
これまた人気でも、ディーマジェスティ も切り捨てるまでには至らない。

立ち回りを上手く生かせれば、カフジプリンス も有力。

面白いところでは、アグネスフォルテ を抜擢。
京都新聞杯では◎を打ち、お世話になった様に、淀外回りでの適正は
非常に高いものがあり、スマートオーディンには負けたものの、
一旦は差し返す場面も見せていた。変わり身に期待したい。

もう1頭なら、ウムウルフ
距離延長に最も魅力を感じる1頭で、この人気ならおさえておくべき。

◎ミッキーロケット
○サトノダイヤモンド
▲ディーマジェスティ
注カフジプリンス
☆アグネスフォルテ
☆ウムウルフ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 09:23| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする