2016年09月18日

ローズS & セントライト記念

まずは、  「ローズS」 から。

スローの見方が強くなりそうな面子構成の上に、馬場状態も、
かなり悪い様で、先の本番には繋がり難そうな舞台設定ともいえる。
しかし、出走メンバーは春の女王2頭と共に、実績馬も登場し、
見応えあるレースが楽しめそうだ。

人気上位、女王2頭の能力は抜けてはいるが、本番は先のレースであると
いう事と、特に、ジュエラー は骨折明けでの参戦で、この人気では、
さすがに購買意欲は沸かない。思い切って切り捨て妥当とみる。

本命は、クロコスミア
2歳時から常に応援し続けている当馬だが、年明けは昨年の過度な
ローテの反動からか、それとも実力からか不甲斐ない成績の2戦。
しかし、2歳時では、メジャーエンブレム等実績上位馬と差の無い
競馬をしてきた実績もあり、得意と思える一呼吸おけるこの距離。
その上、勝利実績がある道悪とくれば、狙ってみても面白い。

相手筆頭格には、オークス馬の シンハライト
休み明けでも、先が本番でも、そうは崩れない。

もう1頭選ぶのは、デンコウアンジュ
メジャーエンブレムを破り、一躍脚光を浴びたが、今年春2戦は
それぞれ不利があったり自身の競馬が全く出来ていない。
距離も良く、心機一転で狙いたい。

◎クロコスミア
○シンハライト
☆デンコウアンジュ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び マルチのワイド

キルトクール は ジュエラー
上記の通り。


     「セントライト記念」

皐月賞馬、ディーマジェスティ の登場。
面子構成からも、ここは負けられない1戦だが、敢えて ○対抗格に。
もう1頭、中山2勝の注目馬、マウントロブソン はやや調整が遅れ気味。
本来ここが本番のハズの陣営のトーンも上がらず、ここは正直とみて外したい。

本命は、プロフェット
ピースマインドとキークラッカーの先行争いの様相でも、
序盤はゆったりと入れそうな展開ではないか。
ならばこの馬の持ち味である、好位を取れるレースが楽に出来そうだ。
年明けの、京成杯 の再現を期待したい。

相手筆頭格には、上記の通り、ディーマジェスティ

◎プロフェット
○ディーマジェスティ


とりあえず、この2頭を中心に馬券を組み立てたい。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 08:41| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする