2016年08月21日

札幌記念 & 北九州記念

白熱のリオオリンピック。
男子リレーの銀メダルは盛り上がりました。
今日行っていた、400X4のリレーでもそうでしたが、
バトン受けはやっぱり重要だな・・・と改めて感じましたね。
アメリカの6連覇もそうですが、今回無念の銀メダルの吉田選手も今更ながら
長くトップで在り続ける事は、凄い事なんだなと思います。
ちょっとミーハーですが、卓球女子での、愛ちゃんは、メダルを決めた時よりも、
ダブルスで勝った時の喜びの方が印象に残ってます。

あと、今日は甲子園での決勝戦がありますが。
どちらかというと、北海高校の方を応援してます。
エースで主将の大西君の敵側のアルプスにも1礼をする姿は、
単純と言われそうですが、好感してます。
そういう事を複雑に考える事はしなくてよく、素直に感心します。
握力が戻らない様ですが、頑張って欲しいものです。

とりとめのない文章になってしまいましたが、本題へ。

ますは、  「北九州記念」

ここは簡潔に。
ベルカントが中心の様相も、この馬とで確たる主役かと言われれば、
そういう感でもない。
総てが上手く運んだ昨年と同様、もしくはそれ以上のパフォーマンスを
求めのは疑問。付け入る隙はある。

◎ジャストドウイング
○オウノミチ
▲ベルカント



     「札幌記念」

ここはスローペースが濃厚な面子構成。
ただ、だかあと言って、単に先行勢が有利と見るのはどうか?
それなりに前々で展開を作りそうな存在もある事と、モーリス等の
有力勢がある程度前での位置取りからと意外と消耗戦になるのではないか。
特にヌーヴォレコルトの動向でそれが表れてきそうな気配。
圧倒的人気を集める、モーリス は実力は認めつつも、距離や展開も含め、
この舞台での適正を考慮しても、ここまで人気を集める程の信用は無い。
頭は絶対無いとみているので、中途半端に拾うよりも、ここは敬意を表して、
切り捨ててみる。

本命は、ネオリアリズム
能力素質共に高いものを持ってはいるが、気性の問題等で、なかなか
その能力に伴う実績が残せないでいる。
今回前半スローでの折り合いの不安はあるものの、外枠に入った3頭が
当馬よりも前に行きそうなので、上手く壁になってくれればとの思いと、
この馬で2戦2勝している頼れる鞍上に戻るのも好転材料。
コース適正も立証済で、ここは思い切って狙いたい。

相手筆頭格には、3歳から、レインボーラインを抜擢。
春、ダンツプリウスに競り勝った様に、混戦に強く、勝負根性もある。
走法からも、ここでの適正は充分にある。

他では、舞台適正でも上位な、スーパームーン
鉄砲も問題なく、今回が狙い目。

◎ネオリアリズム
○レインボーライン
▲スーパームーン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び マルチ の ワイドで。

キルトクール は モーリス

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 11:42| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする