2016年07月17日

函館記念

土曜競馬は、予想アップのレースと共に、もう1つ挑んだものの、
共に4着とドツボの結果。
気を取り直して今日のメインへ。


     「 函館記念 」

波乱のレースとして名高いこの競馬。今年もそれなりに一長一短の
アテになり難い面子構成となった。
おそらく、マイネルミラノの逃げに、オツウ が追随する展開が予測でき、
先行勢も存在する事から、平均ペース辺りになると思われる。

ここは思い切って、マイネルフロスト を狙いたい。
近走発馬後に勢いがつかず、思った以上に位置取りを下げているのも
敗因のひとつ。この馬の持ち味は先行しての渋太い粘りだろう。
前走、前々走と捲る競馬をみせたが、こういうのは合わないタイプ。
マイネルミラノを射程圏内に見る事が出来る位置取りで進める事が
出来るなら、この馬の上位進出の可能性は高くなる。
そういう展開に賭けてみる。

相手筆頭格には、上り調子の バイガエシ
前走だけでなく、コース適正は高い。ハンデも手頃で期待の4歳馬。

マテンロウボス や ツクバアズマオー の適正にも1票投じたい。
レッドレイブン も切り捨てる程もないが、人気程はどうか?

他にも微妙な候補はあるものの、面白いところでは、オツウ
前走での見限りは禁物。敢えて先行勢の中では期待したい1頭。

◎マイネルフロスト
○バイガエシ
▲マテンロウボス
☆ツクバアズマオー
注レッドレイブン
△マイネルミラノ
△トーセンレーヴ
☆オツウ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド
今回は、浅く手広くで。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 12:12| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする