2016年07月03日

CBC賞 & ラジオNIKKEI賞

やや簡潔に。

まずは   「 CBC賞 」 から。

開幕週だけに土曜でもかなり早い時計が記録されているが、
迷いなく、シンデレラボーイ 本命。
前有利は否めないものの、それでも前々が激しくなりそうで、
ここは敢えて後方組に勝機があるとみる。
コース適正が重要視される舞台だけに実績があるのも魅力。

相手候補には、前走差し届かなかったが、エイシンブルズアイ
が当面の相手候補。

伏兵陣からは、コース巧者の ベルルミエール が面白い。

◎シンデレラボーイ
○エイシンブルズアイ
☆ベルルミエール


馬券は、この3頭を中心に組み立てる。



       「 ラジオNIKKEI賞 」

現状人気は、ゼーヴィント に譲ってはいるものの、大外枠に入ってしまったが、
ブラックスピネル の方が優勢に思う。
これまでの敗戦では、ベストとは言えず、やや距離適性に合わないレースが続いた事で、
適正距離に戻った前走ではしっかりと結果を出す事が出来たのは評価。
ただ、まだ折り合い面の不安が拭えた訳ではなく、頭勝負では疑問。

本命は、山吹賞同様に、ミライヘノツバサ
ハイペースという見方も聞くが、おそらく平均よりはスローな展開。
然程前が飛ばしていくとは思えず、スンナリと隊列も決まりそうだ。
じっくりと進める展開で、小回りコースならこの馬の持ち味がいきてくる。
まだ格下感は否めないものの、成長力も含めて再度期待したい。

◎ミライヘノツバサ
○ブラックスピネル
▲ゼーヴィント


単 ・ 複
3連複 及び ワイドで。

御来殿、ありがとうございました。







posted by 裕二郎 at 11:44| 高知 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする