2016年06月04日

 安田記念

圧倒的1番人気を集める、モーリス
実績もさることながら、このマイル適性という事では
まさに右に出る馬はいない。
この人気も当然ながら、唯一の不安は、海外遠征からの期間が短い事。
万全と言うのは少し物足りないのかもしれない。

しかし、他馬勢を見渡したところで、適性評価で敵う存在を
探すのはなかなか難しい。
2番人気を集める、リアルスティール は実績は認めるも、
マイルでの適性となれば、1歩後退の感は否めない。
力とセンスでどこまで迫れるか・・・といったところだろう。
イスラボニータ にしても昨秋の、マイルCSでは怒涛の追い込みを
見せ、3着にはきたが、空いた内に突っ込めた事が幸いしたもので、
この馬のベストは2000だと思っている。
2000前後の距離適性なら府中マイルでも通用するとはあるものの、
この舞台適性に優れた馬にはかなわないのも事実。

ならば、伏兵勢にもチャンスはあるのではないか。

本命は クラレント に期待したい。
実績にムラもある事から、人気の盲点になりやすいタイプではあるが、
ことマイル適性という事になれば面子中指折りに入るもの。
その舞台に合わせた競馬が出来る器用さも兼ね備えている。
昨年このレースで3着や過去の実績からすれば過小評価されていると
言わざるを得ない。
今回は、確たる逃げ馬の存在も見当らず、最内枠を引いた当馬が
思い切った逃げを見せてくれれば、昨年天皇賞でも直線粘っていた様に
そう簡単には崩れない。

相手候補には、上記の不安はあるものの、モーリス

サトノアラジン も、鞍上共々侮れない。

◎クラレント
○モーリス
▲サトノアラジン


馬券は、◎ 単 ・ 複
マルチの 3連単 そして 3連複 及び ワイド

キルトクール は リアルスティール

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:09| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする