2015年07月26日

Let note NX3

以前、少し触れましたが、久々にこの話題。
今日のメイン予想は午前中にはアップのつもりです。
業務、私用兼用でこれまでは、NECのVC-7 を使ってきましたが、
そろそろ限界になってきたので、今回は、やや値段が張ろうとも、
ハイスペックで多少ハードに使える物というのが大前提で、以前から物色していました。
会社稟議も提案されましたが、どうしても移動が多く、私用も兼ねるので、
今回はモバイル用途は自腹という事でデスク用のを購入してもらう事に。
で、以前から今度購入するなら・・・と候補が2つ。
Letnote と ThinkPad というモバイルPCの代表格の2つ。
流行りの、Ultraブックは、自身でのカスタマイズが出来難く、機種によれば
メモリー増設すら出来ない物も多くあり、対象外。
タブレットは持っていますが、クリエイティブでは使い難いので、
やはりノートPCも必要にはなってきます。
ThinkPad もかなり魅力で、打ちやすいキーボードに疲れないディスプレイ。
あらゆるパーツの入手や換装も手軽に出来るという点も含めて値段も安い。
ただ2つ難点を挙げるなら、バッテリー駆動がやや短めという事と、重さ。
重さと言っても、極端に違う訳では無いが、僅か100〜200gの差が
大きな意味を持つ事になる。持った感じが数字以上に感じられます。

本来、完成度や実務的な事を考えると、ThinkPad の方に軍配は上がるでしょう。
しかしながら、購入したのは、中古ではありますが、Letnote NX3 でした。
妙なレイアウトのキーボードとギラつきのあるディスプレイ。不恰好さ。
色んな犠牲があるのに新品で買うと20万もするとはとても思えない代物です。
会社で購入するならまだしも、個人で購入するにはとても新品では手は出せない。

では何故買った?
と言われても仕方ないのですが、やはり、自分の環境に合う事。
中古で、値段が下がりThinkPadとの価格差が少なくなったからこその買い物です。
あとはThinkPadの難点で挙げたバッテリー駆動時間と軽さです。
LとSバッテリー付属で、S(軽量)装着で、1,1キロという軽さは魅力でした。
さすがに、VC-7と比べると重いのですが。
また、Lバッテリー装着時は、1,34キロと少し重くなりますが、
かなり重い作業をしない限りは、15時間前後駆動してくれます。
Sバッテリーでも、7時間程度は使える計算。さすがにカタログ値までは遠いですが、
これだけ持てば充分過ぎる程。これが決め手でしたね。
あと独特な丸いホイールパットも。昔、トラックボールに魅せられた1人だけに
これも微妙ですが魅力でした。簡単なスペックは以下の通り。

Core i5 4300U(Haswell) 1.9GHz/2コア~~2.9GHz
HDD 320GB メモリ容量4GB +4GB
液晶WXGA++ (1600x900)
OS Windows 8 Pro 64bit Windows 7 Pro 64bit
駆動時間 Sバッテリー13時間 Lバッテリー 26時間

NX3-3.jpg

案の定、HDDでは、ややモッサリ感は否めないので、即、SSDに換装。
メモリーも、8GBでOSの起動は10秒前後。使用までにはもう3秒位。
予想以上に軽快に動いてくれます。
Windows7よりも、8.1の方が早いとの噂が広く伝わってましたが、然程変わらないですね。
デスクトップ表示までなら、噂通りですが、作業開始に至るまでなら、同等位です。

ただし、SSDに換装する時にちょっと微妙に思い、全体的に中身を見たんですが、
以前のLet note に比べて頑丈さは薄いのでは・・・とも感じいます。
それは、衝撃吸収材と、その周辺のパーツ等はかなりコストダウンが見られます。
その上、本体が薄くなってるので、言われる程の頑丈さは無いものと思われます。
そういうのに詳しい知人も言ってましたが、最近特に比較的新しいタイプの
Let note の修理が多くなってきている様です。
方法としては、私もそうですが、少しでも安価なHDDモデルを購入し、
ショップ等で、SSDを購入し装備する方がベストではないかとの事。
ただし、新品時から入っているSSDは、単体で販売されている物と比べて、
少し性能と耐久性が落ちる様です。
これはメーカーの問題では無く、おそらく、Intel と Microsoft だろうと
個人的には思います。
妙な縛りは、ネットブック時代から顕著に現れていますので。。
確かに、市販されている、SSDと比べれば、ベンチマーク等、あらゆる数字で
比べても、かなり違いがある様で、実際に比べても、市販の物よりもやや落ちる
数字でした。
上記でも記した様に、Ultraブックや、タブレット等もなにかあれば自力では
なかなか解決出来そうにない物ばかりというのも近況の流れから頷ける気がします。
Windows10の無料アップグレードもこういう背景があるからこそ出来る業なのかも。

ちなみに価格でいえば、HDDモデルと、SSDモデルの価格差は中古でもそうですが
新品ではより差額が大きくなるので、後で換装してもSSDモデルよりも安く使えます。
あと、メモリーに関してはこの機種も、かなりの上物で下手に安価な物で増設しても、
恩恵を受けられない可能性もあるので注意を。
使い方次第ですが、OSディスクを持っているなら(ヤフオクでも数千円で購入出来る)
それでクリーンインストールしておいて、メーカーHPから必要なドライバーを
入れ込むというのも有りではないかと思います。
実際以前から私はそうしてますが、特に起動では、それを充分に体感出来るハズ。
この機種の購入を検討されてる方はとりあえずの参考にしてみてはいかがでしょう。
著名な人達等も頑丈だと謳ってますが、・・・・・
頑丈さという点ではそれ程では無いという事です。

とはいえ、色々考えた上での購入。
数週間使ってきましたが、当たり前ですが、現状概ね順調で満足です。
Windows10のアップグレードは、相変わらずしばらく様子見という考えに
変わりはありません。とりあえず、7 と 8,1 で満足はしているので。

色々言いましたが、考えた挙句購入を決めた物。
難点対策もしてますし、どこまで相棒として活躍してくれるか、期待は持っています。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 08:45| 高知 ☀| 相棒のPDA・パソコン達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする