2012年07月15日

函館記念

夕方から一気に爆睡していましたので、こんな時間になってしまいました。
近況の生活環境から、「最近付き合いが悪くなった」 と言われだしてますが、
確かに、ちょっと見直さなければいけないかも。

その見直しも必要ですが、競馬の見直しも必要。
土曜競馬は、メインは散々な出来。
さすがに2歳戦らしい内容で、能力が出し切れなかった馬も多数いた感。
◎馬も、直線良い位置まできたものの、最後は全く追えない状態。
今回だけで見限るのは早計で、この先も期待してみたい1頭。
もうひとつの、新潟9R「渥美特別」 はワイドながら1点で頂き。
最終的には、2番人気と3番人気の組み合わせになってしまったが、
1点で、6倍以上なら・・・・という事で。

さて、本題の   『函館記念』
ハンデ戦ながら、あまりハンデに影響されない印象のあり、
コース適正のある存在も多数居て、少々難解なレース。

人気を集める、トウカイパラダイス も前走でコース適正もある事を
立証し、その上距離延長となれば、切り捨てる理由も見つからない。
ただ、何者かには先着を許してしまいそうな感もあるだけに、頭というより、
中心的な存在とみるのが妥当か。
ならば本命で良いじゃないかと言われそうだが、そこは少し捻りを加えて。

本命は、現状最低人気だが、リッツィースター に期待したい。
近走は全く冴えない成績も、相手関係もあるが、馬体の大幅な増減という
調整不足が敗因と明らか。
この半年間の中で、これだけの増減を繰り返していれば、まともな調整も
難しかった事は想像するに容易い。
前走は馬体回復が主で、今回はここに向け調整が出来たのではないか。
洋芝、距離適性も有り、この面子でなら勝ち負けあって良い。

相手には、このコース適正なら、最右翼の マイネルスターリー
唯一の誤算は、前走で復調をみせてしまった事。
前走まで惨敗で、ここで一気の復調と勝手に目論んでいたが、仕方ない。
とにかくこのコースはよく走るタイプで、ここが一番の目標だろう。

他では、人気でも、トウカイパラダイス は圏内

トップハンデも右回りでこの面子なら上位の コスモファントム

面白いのが、キングトップガン と マヤノライジン
昨年の1着&2着馬だが、前者は先行策で紛れ込む可能性は捨てきれない。
後者は、得意なコースでもあり、なにを起こすか解らない怖さがある。

◎リッツィースター
○マイネルスターリー
▲トウカイパラダイス
注コスモファントム
☆キングトップガン
☆マヤノライジン


馬券は、◎ 単 ・ 複
◎○ 中心の 3連複 及び ワイド

キルトクール は ロードオブザリング
洋芝は問題無さそうも、この距離での小回りコースがどうか?

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 02:05| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする