2012年04月29日

春・天皇賞 & スイートピーS + 他 そしてキュウちゃん

先にちょっと別題で。
本来は商品購入の上で頂ける物ですが、可愛さのあまり取引業者の人にちょっと工作を
した上で頂きました。
普段、携帯へもストラップの類は付けないんですが、これだけは可愛くて。
ちなみに携帯では無く、鞄の方に付けてます。
キュウちゃんです。
キュウちゃん.jpg

さて、今回は忘れずに・・・まずは、京都8R「糺の森特別」
ようやく調子を上げてきた ◎ルナフライト・・・・・複勝1点

本題に入り、   『春・天皇賞』  から。

4冠馬、オルフェーブル が圧倒的な人気を集めるは予想通り。
前走、逸走しながらも立て直し2着。その上今回は大外枠となれば、
不安材料ばかりが取り上げられるものの、個人的にはそうは思わない。
確かに厳しいのは事実も、前走はまさかの思いがけないもの。
以前も言った様に3歳時から指摘している様に右回りでの行儀の悪さからも逸走自体は
たいした事では無く、馬自身よりも・・・・・・・・・
むしろ失態なのは2コーナーで抑えようとせずに手綱を緩めた騎手の方にある。
今回はそういう事を踏まえての調整過程。
その調整過程が上手く出来ているものなら、枠はどこでも良かったハズ。
レースは生物なので、100%では無いが、少なくとも意識の中で出来ている時と
そうでない時とでは全く違う。大外枠も逆に言えば、どんなレースでも出来る。
むしろ不安材料はその調整過程による、仕上げの方。
騎手もそうだが、馬自身にもかなりのストレスがある様に思える事と、
3歳時の栄冠時の様な調整は踏めていない事の方がやや不安はある。
しかし、前走の様なレースを見せられれば、どんな状況とはいえ、
切り捨てるまでの懸念材料までには至らない。
それでも上記に挙げた僅かな不安材料と、期待??を込めて、◎は打てない。

展開は、道中はどうしてもスローに落ちてしまう。
面子を見渡しても、昨年の様な入れ替わり立ち代わりの展開にはならないだろう。
隊列はほぼ出来上がったままのレースが進むハズ。

本命は、一昨年の菊花賞同様、ビートブラック を抜擢する。
近走の実績から、14番人気と全くナメられたオッズ。
昨年は乱展開の影響か、位置取りを下げ過ぎてしまったのも敗因。
それでも大きな差での敗戦では無く、とりわけこのコースの長丁場では、
安定した実績を持つ。
抜群だったのは、調教で、派手さは無いものの、坂路を真っ直ぐに駆け上がった
映像は高い評価を与えたい。
この馬にとってはロス無く進めそうな内枠も好材料で、思い切って狙ってみる。

相手には オルフェーブル  上記の通り。


他では、フェイトフルウォー 
オルフェーブル 同様の血統も騒がれているが、この舞台への適正という点では、
この馬の方が高い。中途半端じゃ無く、思い切ったレースをして欲しい。


好調なのが、充分伝わってくる、ウインバリアシオン も圏内は間違いない。
あとは、鞍上がどう乗るかだけ。

面白いのは、ローズキングダム
コース適正では最右翼。平均、もしくはスローで流れるなら一発はある。

◎ビートブラック
○オルフェーブル
▲フェイトフルウォー
注ウインバリアシオン
☆ローズキングダム


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール
ここに入れたくはなかったが、ギュスターヴクライ
単なる6番手評価というだけの事。
トーセンジョーダン はやや調整不足な感が見えたのでここよりも、宝塚。



      『スイートピーS』

本命は、マイネアルライム に期待したい。
前走は最後方に下げ、スローとみるや、大外を捲り上げての内容。
直線最後はさすがにもたなかったが、久々に持ち味が出て強い内容だった。
距離短縮の上、府中コースへの舞台替わりに期待出来る存在。
この馬の、単 ・ 特に 複勝で狙いたい。

相手候補なら、完成度高い、ダイワズーム

長い直線で末脚生きそうな、ココロチラリ まで。

◎マイネアルライム
○ダイワズーム
▲ココロチラリ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。


人気ブログランキングへ

posted by 裕二郎 at 06:55| 高知 | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする