2012年04月14日

GT 皐月賞

体調思わしく無いので、やや簡潔に。
回復すると決め込んでいた馬場が思いの外回復の兆しが無い。
当日は雨こそ無い様だが、回復するまでとは難しい模様。
稍重までなら、朝日杯でも本命視し、能力の高さを評価した、
マイネルロブスト の逆襲と決め込んでいたものの、軌道修正が必至。

混戦とみる。
上位人気馬勢は、数字が示す程の信用は無いというのは変わらない。
グランデッツア は本来なら、この本番に最も適性がある馬。
前走は予想通り外枠が功を奏したが、今回はフルゲートの大外枠。
内枠よりは良いが、ここでの大外枠は、好材料にはならないだろう。
馬場の悪い内側はどの馬も避けた進路を取りそうで、悪い影響を受けそうな感。
適性でどこまで・・・・・・といったところか。
ワールドエース は、強さもある反面、まだモロさも同居する。
回顧で述べた様に、まだ不安材料もあり、ひとつ狂えば着外も有り得る。
特に後者は危険な臭いがしてならない。

展開は、ゼロス もしくは、メイショウカドマツ が主導権を争う様相。
どの陣営もそこそこ色気も有りそうで、スローにはならないだろう。

本命は、アーデント に期待する。
これと言って、誇れる実績こそ無いものの、馬場、展開と、
どんな競馬でも対応出来るのは魅力。
内枠の方に入ったのは、やや気になるが、上記の様に、他馬勢も、
悪い内よりも馬場の中程を目標として進めると決め打ちするので、
心配はいらないだろう。
むしろ、思い通りのコースを通れそうで、好材料にならないか。
混戦時こそ、こういうタイプが活躍する。一気に勝ち負けまで。

相手には、ベールドインパクト を抜擢。
「きさらぎ賞」 の回顧でも述べた様に上位3頭の中では、
最も本番に繋がる内容を残した。
前走でも、一見地味に見えるが、他馬勢を子供扱いした内容は、
相手レベル云々以上に潜在能力の一端を見た様な思い。
成長力とその秘めた能力に期待したい。
もう1頭選ぶなら、コスモオオゾラ
馬場に恵まれたのは否定は出来ないが、それでも力上位は明白。
これも混戦には強いタイプとみて良い。

波乱に期待する。

◎アーデント
○ベールドインパクト
▲コスモオオゾラ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は グランデッツア に ワールドエース
正気の沙汰ではないと思われそうだが、上記の通り。
ディープブリランテ も折り合いが敗因とはいえ、最後の止まり方距離限界を感じる。
ゴールドシップ は適性という点で足りない。
上位人気勢揃って切り捨てる。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 20:05| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする