2012年04月07日

GT 桜花賞

土曜競馬は、朝の内に追加した、クィーンズバーン が見事に
期待に応えてくれて、単勝までのプレゼントはさすがに嬉しい物。
波があるタイプで狙い時が難しいタイプだが、前有利な面子だったので、
思い切って推したのが良かった。
カトルズリップス はコケてしまったし、他レースは散々な出来。
それでも、楽に勝ち越せたのは随分楽になった。

さて、本題の   『桜花賞』

2歳女王 ジョワドヴィーヴル が圧倒的人気を集め、ジェンテルドンナ が
それを追う形で2番人気。
この2頭の実力は認めつつも、いつも悪い意味で使うが、一長一短な感。
2頭共に調整に満足がいかなかったとはいえ、負け方が気に入らない。
特に前者は馬体のせいか、調教でも気を使いながらの様な感じで心もとない。
不安がある人気馬とみているので、ワザワザ頼りにする事もあるまい。

確たる主導権を握りそうな存在も見当たらないものの、それなりに流れるのが
この 桜花賞。スロー決着と決め込むのも早計。

本命は、決め手魅力の サウンドオブハート
2歳での、『阪神JF』 では1番人気になったものの、3着と応えられず、
今回は人気の面では譲った形になったが、成長力では1番。
馬群を突き抜ける根性もさることながら、外回りでの適性も好材料。
展開も向きそうで、奪冠の可能性は高いとみた。

相手には、『阪神JF』 で本命にした、アイムユアーズ
崩れない実績を続けられるのは能力の高さ。
当時の予想時でも言った様に、強い内容で実績を残しているのは財産。
実力よりも評価が低い今回も狙い目だろう。

もう1頭挙げるなら、ヴィルシーナ
どちらかというと、昨年の エリンコート 同様に、オークスで狙いたい1頭だが、
ここでも有力格なのは確か。
平均前後で流れそうな展開もこの馬にとっては良さそう。

◎サウンドオブハート
○アイムユアーズ
▲ヴィルシーナ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複 及び ワイド

キルトクール は ジョワドヴィーヴル
切り捨てるまではどうかとは思うが、4番手評価という事で。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:40| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする