2006年04月21日

お笑い界今昔物語

もっと早い時期にこの記事を載せようと思いながら、
こんなに遅くなってしまった。
じゃあやめろよ!・・・と言いたいだろうが、そこは私の勝手という事で。

と、いうのはテレビでよく拝見するお笑い芸人の人達の事。
まだまだ、お笑い界の勢いはなかなか下火にならない。
次々と新しい芸人達が登場し、そして次々と消えていく。
また、今にも消えようとしている者達も数多くいる。

昔、私がまだ中学生の頃だったか、派手なお笑いブームがあった。
やす・きよ(横山やすし&西川きよし) をはじめとして、
ザ・ボンチB&B、他多数のイマイチ笑えない芸人達が
テレビ電波を席巻していた。
その当時と比べて比較するのも妙な話かもしれないが、
正直言うと、今の芸人達の方がはるかに面白い。
昔の人々を虜にしたお笑いブームの中で正味笑えたのは、
やす・きよ 位だった。(たま〜にザ・ボンチもかな)
B&Bや、他大勢の芸人達のネタを観て、私自身の記憶の中では、
本当に面白かったメンツはほとんどいなかった。
なんで、あれ位で笑えるんだろう??と
不可解な気分だったのを覚えている。
「もみじまんじゅうー!」のどこが笑えるのか全く理解出来なかった。
こんな事言ってるのは私だけかもしれない・・・が、かと言って、
私が格別荒んだ学校生活を送っていた訳では無い。
少し人より変わっている・・・と言われた事があっただけです。

そんな折、たまに客席で笑っている人達を画面で観る事があったが、
どれも同じ表情の笑い顔で、なんとも滑稽にしか映らなかった。
これまた昔の話で、私がまだ愛知県に居た頃、取引先の会社の
納涼祭で、サブロー・シローのお笑いコンビが招待されていた。
「場内爆笑の渦」と、大々的な触れ込みだったが・・・・・・
最初に訳の解らんネタから始めたせいか、いきなりスベッてしまった。
どうもこのコンビには、この展開が意外?・・・だった様だ。
これがそもそもの失態で、立て直し不能状態に陥り、
しばらくは誰もクスリとも笑わずの展開。
明らかに焦っている両人の姿は正直観ているこっちの方も辛かった。
後半、横山やすしのモノ真似で、若干盛り返したものの、
もう片方のゲストの細川たかし のトークの方がかなりウケていて
私もそっちの方が面白かった・・・という珍場面もあった。
実力無い者達は消え、実力ある島田紳助や、さんま の様に
バラエティー番組の司会者としてその力を発揮する者達とに別れる。
この展開は、今のお笑い界でもそういう傾向にあるが・・・。

さて今の芸人さん達の面白さは、そんな昔と比べるとなかなかのもの。
アンジャッシュや、オリエンタルラジオ等挙げればキリが無い程いる。
中には全く笑えない芸人達もいるにはいるが。
ただオリエンタルラジオや、すぐ消えるだろうと思っていたが、
意外と渋太い奇怪ないでたちの小梅太夫等は、
ネタを単発にしワンステージで幾つも披露するので、
そろそろネタ切れになりそうな感もある。
しかしあのコミカルな独特のリズム感で観せてくれる芸風は、
これから先も是非とも頑張って、この世知辛い中に
笑えるひと時を作り出して欲しいものだと願います。
厳しい競争世界で生き残るのは大変な事、それはお笑い界だけでなく、
我々サラリーマンとてそうであり、、そしてこのブログも消えて・・・
・・・・・なんて事にならない様にしたいものです。

とりとめのない記事を最後まで観て頂き、ありがとうございました。
ついでといっちゃあなんだけど・・・・・・、
   ↓ワンクリック御願いします。

人気blogランキングへ



posted by 裕二郎 at 13:47| 高知 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
そういわれると今の方が面白いとも感じますよね。
しかしオリエンタルラヂオも、最近は同じネタを繰り返す様になってますよ。
武勇伝以外はあまり面白くないと思ってますので。
Posted by スパイアー at 2006年04月21日 15:36
スパイアーさん、ザウルス記事以来ですね。
確かにおっしゃる通り、武勇伝以外は面白くなかったし、客も反応が無かった様に思います。
厳しいなあ。
Posted by 裕二郎 at 2006年04月21日 17:32
はじめまして。オリラジを筆頭にエンタのメンバーは一発屋的なのが多い。当たり前の事をいってるだけならいつかあきるよ。陣内、アンジャッシュはかなり仕込んでおもしろいけど。どうも愚痴ばかり失礼しました。
Posted by なかし at 2006年04月21日 18:11
なかしさん、どうもです。
当たり前といえば、だいたひかる はとっくに消えてもいいと思うのですが・・・。
アンジャッシュはこれからも伸びると思いますよ。
かなり完成度の高い笑いと思い楽しみにしてます。
またお寄りください。
Posted by 裕二郎 at 2006年04月21日 20:08
裕二郎さん、こんばんは。私はこのお笑い芸人が好きだというのはありませんが、お笑い番組自体は好きです。昔はやっぱりひょうきん族でしょうか、お金はかかってしまいますが、コント番組をもっと作って欲しいというのが希望ですね。
私は仕事上、会話が重要になります。その意味ではお笑い芸人の流れるような喋りと、アドリブの凄さ(例外も多いですが)には憧れます。ちょっと変な観点のコメントになってしまいました(笑)。
Posted by u-number9 at 2006年04月21日 23:19
u-number9 さん、どうもです。

ひょうきん族も流行ましたね。
同じく、どっちかというとコントの方が好きなんで、いまだにドリフを観たりもします。
そして私も立場的に会話は重要なので機転の利かし方とかは、参考になるかな・・・と。
しかし、最近も思った事ですが、言葉って難しいものだと改めて感じております。
Posted by 裕二郎 at 2006年04月22日 15:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ダービー記念缶
Excerpt: ダービーを記念した「2006ダービー記念缶」がサントリーから販売される。
Weblog: 競馬情報☆万馬券的中マニュアル
Tracked: 2006-04-21 21:51