2019年12月31日

ホープフルステークス回顧&感謝の最後

まずは 「ホープフルステークス」 の回顧を少し。
勝ったコントレイルは評判通りの強さでした。
年明けの新興勢力もポイントですが、皐月賞迄は馬券対象内を
外す様な事は無いかな。というのが率直な感想。
ただし昨年のサートウルナーリアの様にぶっつけで来るなら
多少疑っても良いかとも思います。
あと、ダービーを勝ち負けする程の印象はまだ湧きませんね。

ヴェルトライゼンデもワーケアも上位勢もこれからの成長次第では
もっと楽しめる存在になると思います。

その中でも次にというより、先々期待出来そうなのが、ラインベッグ
予想でも記しましたが、スタミナ勝負で面白そうな感です。
低い重身での走りの本格化はもう少し見守りながらという事で。

今年ももう終わりですね。
今年最も良い予想は、やはりダービーでしょうか。
◎ロジャーバローズで 単・複・3連単・3連複・ワイド
総ての的中で、特に単勝で当てるのは気持ちよいですね。
最後の 「東京大賞典」は、ワイドながら、21倍の的中で
締めくくれたのも良かったかな。
まあ、ワイドでっていうのが、私らしいといえば私らしい(笑)

このブログを始めてから、15年以上経ちました。
拙いブログですが、頻繁に更新していた頃、ランキングで
1位を取った事もあり、良い思い出もあります。
しかし近年は週末のみの更新や、その週末も集中して無い様な
内容の薄いものだったにも関わらず、日々数百人の方々に来て頂き、
感謝の気持ちです。
裕二郎御殿は、おそらくこれか最後になると思います。
これまで本当にありがとうございました。
しばらくは裕二郎御殿も残しますが、いずれ消すつもりです。
近日には、また訳の解らん様な名前のブログを立ち上げて
いるかもしれないですが、たとえ1日1人でも見てくれれば
という様な感じでひっそりとやっていく予定です。
これまで多くの人達に支えられてきました。
感謝の気持ちと共に、皆様にとって良い年を迎える事が
出来ます様に祈っています。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 20:26| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

東京大賞典

軽くサックリと。

ダート戦では勢いとコース適性も優先順位。
勢いで言うなら、モジアナフレイバー ではないか。
人気もそこそこで、狙ってみたい1頭。

相手には、ケイティブレイブが筆頭格。
この舞台なら崩れ無く、引き続き御神本騎手なのも良い。

他2頭は、ゴールドドリーム とノンコノユメ迄。

◎モジアナフレイバー
◯ケイティブレイブ
▲ゴールドドリーム
☆ノンコノユメ


馬券は、3連単及び3連複 及び ワイドで。

人気上位のオメガパフュームは今回は軽視したい。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 12:28| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

ホープフルステークス

前走圧巻な競馬で勝利を納めた、コントレイルが圧倒的な人気。
現時点ではそれも仕方ない状況ではあるが、やや一本調子な感と
中山コースの適性距離は未知なもの。
アッサリ克服出来るか否かはやってみないと解らない。
まあ、それはオーソリティ以外の全馬に当て嵌まるものだが。

ポイントは展開で、逃げ馬不在、逃げ経験も不在で、
限りなくスローになりそうな面子構成。
ただ2歳戦だけに早い段階からピッチが上がる可能性も大きい。
その切り替えが出来る事と持続力勝負が可能な馬を狙いたい。

本命は、オーソリティ
まだ戦歴の浅い2歳の現段階で前走の様な競馬が出来るのは
完成度の高さと言える。
興奮しやすいタイプではあるが、レースではしっかり折り合いも
付いており、前に壁も作れそうなので、大きな不安にはならないだろう。
適性も確かで、人気はコントレイルに譲ったが、勝利はこちら。

相手候補には、ブルーミングスカイ を抜擢する。
前走は完全な仕掛け遅れで、力は出し切っていない。
距離不安も囁かれているが、これまでのレース振りから
それは杞憂に終わらないか。
田辺騎手の思い切った戦法を願いたい。

ヴェルトライゼンデ は今の馬場が合うタイプ。
距離延長も問題ないだろう。

コントレイル は強さは認めつつ、ここでは半信半疑。

面白いところでは、ラインベック を挙げたい。
前走コントレイルには完敗の形だが、走法や走りをみても、
切れ味勝負では無く、スタミナ勝負に妙味あり。
年明けからの方が楽しみだが、少し先行投資の意味も兼ねて。

◎オーソリティ
☆ブルーミングスカイ
▲ヴェルトライゼンデ
注コントレイル
☆ラインベック


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:45| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年もあとわずか。& 学校給食問題

有馬記念も終わり、あとはホープフルステークスを残すのみです。
気の抜けた競馬ファンも居るとは思いますが、これもG1。
来年のクラシック戦線で活躍しそうな面子も存在します。
楽しみな競馬になるのではないでしょうか。

と、先日、ある学校の教員が給食の残りのパンと牛乳を
持ち帰った事がニュースになっていましたが、賛否両論ありそうです。
私も食を扱う仕事をしているので、関心がありました。
悪いか良いか?と聞かれれば、悪いとなってしまうでしょう。
食べ物を粗末に扱いたくないという気持ちは賛同出来ますが、
持ち帰った物をいつ食べるのかも問題です。
給食の時間に食べるという事を前提に提供しているハズなので。
時間経過が長過ぎると、食中毒という事に発展しかねません。
持ち帰ったのは、牛乳とパンらしいのですが、特に牛乳は、
基本冷蔵保存です。給食センターか学校内の厨房かは不明ですが、
どちらにしても、納品時、配食時、また持ち帰る時の温度差もあります。
手段もありますが、常温になってしまう可能性もあり非常に危険です。
万が一それが原因でその人もしくは部外者が食中毒や事故になった場合、
給食自体が運用出来なくなってしまう可能性も大きいという事も。
楽しみにしている子供達も多いハズですし、保護者の方々にも
大きな影響を与えてしまう事になってしまう事は避けないといけませんので。

本当に粗末にしない様考えるのであれば、学校と給食厨房で、
残食を減らす取り組みを行うべきかと。
先日、私は多くの人前で食の大切さをプレゼンしましたが、
献立の工夫や調理の仕方で、残食も減る傾向も多数あります。
「食育」という活動を数取り組んでいる学校や企業組織も
多数ありますので、そういう取り組みも必要ではないでしょうか。

それと、愛知県でも給食内容の貧弱さも話題となりましたが、
あの金額では仕方ないかと。
値上げする様ですが、地産地消も大切です。
しかし、そればかりに隔たると、金額も高くなるので、
厳選される条件で、冷凍食品等の使用も有りなのではないかと。
家では食べてるハズでしょうしね。
食に対する勉強は、地産地消だけでなく、他の食品への知識も
身に着ける事も大切かと思います。

普通の話題になりました。
それとちょっと前からブログに関して、色々考えています。
まあ、それはまた後日にでも。

とりとめのない文章で失礼しました。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 00:42| 高知 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

有馬記念回顧 クロコスミアお疲れ様でした。

◎クロコスミア・・・・16着

先行するも3コーナーで手応えが無くなりズルズル後退。
やはり・・・と思う反面、もしかして故障か?と心配した程。
ゴール過ぎてからも異常も無く引き揚げてるのを観てまずは安心。
これから第二の馬生が始まりますので、そちらを楽しみにしましょう。
ナイスネイチャ の様に、有馬記念3年連続3着は後に他馬が
達成するかもしれないが、エリザベス女王杯3年連続3着は、
この先どんな馬でも達成する事は出来ないと思う。
大きな夢と記録にも記憶にも残る競馬をありがとう。


リスグラシューは思った以上の強さ。
このレースに限っては、アーモンドアイよりも上と予想時でも
述べたが、上以上だった。
宝塚記念の走りを観れば、解る事だったろう。
引退するのは勿体ない気もするがそれは仕方ないところ。

アーモンドアイは1週目で折り合いを欠いたのが敗因と言われるが、
それ以上にレース適性が大きな敗因。
仮に絶好調であろうと、何度やってもこの舞台では勝てなかった。
来年がどういうローテで来るか楽しみでもあるものの、大阪杯や
宝塚記念に出走なら、不安の方が大きい。

これからの取捨が難しいのは、ワールドプレミア
確かに溜めて末脚勝負が良かったとはいえ、展開次第では
この先、春天皇賞でも頭勝負は危険な存在かなあ・・と。
むしろ、ヴェロックスでも触れたが、宝塚記念の方に適性ある様な。

とにかく、クロコスミアが無事に走り終えた事に感謝したい。
その一言に尽きる、有馬記念でした。


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 21:44| 高知 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする