2019年09月29日

スプリンターズS。生娘の激走から新しい電撃王者へ。

土曜競馬は、◎アングライフェンが2着だったものの、
予想した相手候補3頭総て圏外となってしまい、グダグダの結果。
気分入れ替えて、秋初戦のG1に臨みたい。

今回は色んなポイントがあるが大きなものはまずは馬場状態。
そして前走強い内容で勝った タワーオブロンドンの取捨だろう。
馬場状態は天候も維持出来、良い状態でロス無く立ち回らないと
上位には難しい傾向にあると思う。
難しいのが、タワーオブロンドン の取捨。
間隔を詰めて挑んだ前走で見事な勝ちっぷりで、中2週でG1の今回も
1番人気を集めている。
正直1番人気にまでなるとは思わなかったので以外、というのは、
この馬はテンの入りが遅く、位置取りが不安要素。
これまでと違った流れに対応出来るか?また直線で無駄を最小限に
抑えた内容で走れるかも重要なポイント。
余力は有りそうも、前走よりh割引が妥当。数字程の信頼は無いとみる。

順当に考えれば、ダノンスマッシュ が最有力となるが、この舞台で
勝ち切れるか?と言えば、何馬かには先着を許しそうな甘さもあり、
馬券の複勝圏内は当確にしても、頭では難しいのではないか。

展開としては、先行勢の中では最内枠を引いた、モズスーパーフレアが
主導権を握るだろうが、道中楽は出来そうになく、スンナリ逃げきるのは
難しいと考える。平均よりもミドルに近くなるだろう。

本命は、3歳牝馬 ディアンドル に期待したい。
デビューから常にこの距離を意識しての造りで、その通りの馬に成長した。
前走はやや発馬でタイミングが合わず盛り返しに脚を使ったが、
それでも古馬相手に2着を確保した事は高く評価している。
何よりも調教映像では、馬なりでの好時計の上、ブレる事無く真直ぐに
坂路を駆け上がってきた事に大一番に向け1番の状態に持ってこれた証明。
速い持ち時計が無い事と、成長段階で前走よりもレベルアップの相手と
楽ではだが勢いと調子の良さで新しいスプリント界の女王となる。

相手候補も難解ではあるが、順当なら ダノンスマッシュ
高松宮記念は完全に内有利な結果になってしまった事も敗因。
今回の2番枠は決して歓迎とまではいかないが、地力で覆す可能性も。

主導権を握るであろう モズスーパーフレア も圏内。
前走は先行した上に外を回ってとロスの多い競馬ながら4着は評価。

タワーオブロンドン は上記の通り。

リナーテ は当初本命までも考えたが、内枠に入ってしまったので。
もう少し外枠ならも、上手く捌ければ上位も。

面白いところでは、最内枠で脚を溜められる アレスバローズ

前走はリズムを崩して度外視出来る ダイメイプリンセズ
ここも余力が微妙も、秋山騎手に戻るのは1番の好材料。

◎ディアンドル
〇ダノンスマッシュ
▲モズスーパーフレア
注リナーテ
△タワーオブロンドン
☆アレスバローズ
☆ダイメイプリンセズ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複」 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 09:11| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

シリウスステークス

ちょっとした時間で簡潔に。

スローは考え難くある程度流れそうな面子構成だけに
後方からでも充分届く展開になるとみる。

本命は、アングライフェン
前走は、58キロも影響あったとは思うが、位置取りと脚の使い処が敗因。
この位の久々は問題無く、距離もいい。復活の舞台へ。

◎アングライフェン
〇モズアトラクション
▲ジョーダンキング
注マッスルビーチ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 12:40| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

神戸新聞杯 & オールカマー

大型台風が接近しています。
前回の台風で大きな被害を受けた方々も含めて充分過ぎる程の注意を。
被害が最小限に抑えられる様に祈ります。

まずは   「オールカマー」 から。

小頭数だが、それなりの面子構成になった。
土曜までは前有利という形ではあったが今日に関してはどうか?
天候と馬場次第で変わるが、それよりも注目したいのは、
冒頭でも述べた様にかなりの小頭数という事。
展開ではスローに落ちそうでも、この小頭数であれば、どの位置取りでも
有利不利は少ない。

思い切って、ショウナンバッハ に期待したい。
既に8歳となったが、末脚の鋭さに陰りは無い。
夏場でも勝ち負けまでには至らなかったが、内容は悪くない。
小頭数でロスが最小限に抑えられそうで、この馬の持ち味を
最大限に生かせる競馬になるのではないか。

◎ショウナンバッハ  中心馬



      「神戸新聞杯」


こちらも小頭数の面子構成。
やや意外だったのが現時点でも1番人気は、サートウルナーリア
ダービーではイレこみから発馬後手になった上、外々を回った事での敗戦。
見直しの余地はあるとも言えるが、そこがどうか?
アーモンドアイには及ばないものの、この血統にしては距離融通も利く。
ただ、やはり踏ん張りというか持久力を問われる中距離では思ったよりも
器が足りないのではないか。

2強の中では、ヴェロックス が上とみて本命とする。
切れ味勝負となれば1枚落ちるが、評価したいのはダービーよりも
皐月賞の方が今回の適性を問うには当て嵌まる内容。
G1の菊花賞では本命には出来ないが、この前哨戦ではの狙い。

相手には、レッドジェニアル
中距離での適性ならこの馬の上位は間違いない。
ダービーでは消極的な内容で完全に力を余す形。
思い切った騎乗で力を出し切れば数字を超える逆転も。

◎ヴェロックス
〇レッドジェニアル
▲ワールドプレミア
☆シフルマン
注サートウルナーリア


馬券は、3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 09:17| 高知 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

セントライト記念

日曜競馬は、◎シゲルピンクダイヤ は4着。
惜しい競馬にも見えるが、今回では距離なのか序盤行き過ぎたのか?
何にしても力負けだった気がします。

気を取り直して、月曜開催のTR

      「セントライト記念」

春からの実績馬が中心に売れている様だが、主役不在の混戦模様。
ここに関しては、その春の実績馬はあまりアテにならない。
ニシノデイジー はダービーで盛り返して5着は健闘だったが、
果たしてこの距離で力を出せるか?適性には疑問。
ザダル は最内枠がどうか?折り合いに関しては吉も、この馬のスタイルでは
真ん中から外目が良かったのでは?と感じる。
ルヴォルグ は前走以上のパフォーマンスは期待でき難い。
もう少し先でどうか?

リオンリオン は主導権を握れる強味はあるが、右回りが不安材料。
ただ単騎での逃げになれば上位は間違いない。
雨で悪化している馬場状態からしてもこの馬の存在は怖い。

そのリオンリオンがどういった逃げをみせるのかがポイントだが、
全体的には平均ペースで持続力勝負になりそう。

本命は、エングレーバー
前走は思わぬ逃げの展開になったが、コースも合わなかった事も敗因。
平坦コースより力の要るタフなコースの方に適性があるのは明白で、
プリンシバルSで見せた様に長く良い脚が使え、持続力は相当なもの。
前を射程圏内に見て早目先頭から押し切るシーンが目に浮かぶ。

相手候補の筆頭格は、上がり馬の オセアグレイト
もう少し距離があった方が良いのだろうが、この距離でも充分勝負範囲。
ここは試金石でもあるが、結果を出して菊花賞への布石としたいレース。
菊花賞出てくれば、間違いなく優勝候補の一角になる。

他では、主導権を握れる強味のリオンリオン

久々と最内枠がどうかも上手く立ち回ればの ザダル

道悪得意もあるが、走法に将来を感じさせる モズベッロ
同様に見直し出来るのが、シークレットラン

最大の惑星は、ナイママ
この馬場でこの面子レベルなら通用しても驚けない。

◎エングレーバー
〇オセアグレイト
▲リオンリオン
注ザダル
☆モズベッロ
☆シークレットラン
☆ナイママ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 12:58| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

ローズステークス

日中はまだ暑いですが、朝晩は涼しくなりましたね。
それでもまだ停電から復旧してない地区の方達からすれば厳しい日々かと思います。
1日も早い復旧を祈ります。明日は我が身かもしれません。

オークスの上位馬不在でやや面子落ちは否めない。
ダノンファンタジーが圧倒的な人気を集める様相。
折り合いに不安がある当馬からすれば前走からの大幅な距離短縮は
歓迎材料で、先行力が持ち味である事からも、この人気は仕方ない。
ただ、この距離でも折り合いに不安が無い訳では無いので、
直線脚色が鈍るシーンも充分予測出来る。

休養明けのクラシック組か、夏を使ってきた上がり馬勢かの優先順位も
重要なポイントの一つ。
あとは、毎年決まり手が違うのもこのレースの面白いところで、
展開も重要視じなければならない。
ただ、面子をからしても、ダノンファンタジーが前々の競馬が予測でき、
それを他馬勢がどう対応していくかでも変わってはくるが、
今回に限っては小頭数でのある事から、位置取りは然程影響無いとみる。

桜花賞同様に、シゲルピンクダイヤ に期待する。
今回のポイントは上記にも挙げた、ダノンファンタジーへの対応で、
前残りというケースは考え難いと決め込んでいる。
そうなれば、チューリップ賞や桜花賞で見せた末脚が光るのではないか。
桜花賞では勝ち馬には完敗したが、ダノンファンタジーには逆転した実績も。
前走のオークスでは予測したイレ込みと距離が敗因とハッキリしているので、
大幅な距離短縮と小頭数は間違いなく好転舞台。
末脚決めて重賞制覇へと輝く。

◎シゲルピンクダイヤ
〇ヴィクトーリア
☆ビーチサンバ
▲スイープセレリタス
注シャドウディーヴァ
△ダノンファンタジー


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 23:36| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする