2019年03月31日

大阪杯

夜に行われた、ドバイのレース、アーモンドアイ強かったですね。
目標は凱旋門になるんでしょうが、適性はやや微妙ですが期待したいです。


さて、本題の   「大阪杯」

G1レースとなり中距離王者を目指す猛者が勢揃い。
アーモンドアイやレイディオロの姿は無いものの、豪華絢爛の面子構成。
例え逃げずとも主導権を握るのは、キセキだろう。
離れず付かせずの展開を作るキセキの展開から、平均ペースのやや縦長の展開か。

ポイントはこの阪神内回りの2000という舞台。
巷で言われているのが、皐月賞との適性の高さ。
昨年も皐月賞組が2〜3着えお占めた様にこのレースへの適正が高いというのは
納得は出来る。
ただし、昨年の皐月賞馬、エポカドーロ だが、昨年の皐月賞は馬場以上に展開が
特殊だった為、それをそのまま鵜呑みにするというのは危険な感がある。
皐月賞では500万馬券を的中出来た立役者だっただけに、期待はしたが、
近走の内容から、一変は難しい気がする。

なかなか絞り切れないどころか、本命決めるのも難しく、面白い競馬。

本命は、ステルヴィオ
その昨年の皐月賞は、馬場と展開に泣いた結果も、その前走であるスプリングSでは、
勝ちパターンに入ったエポカドーロを差し切った内容を逆に今は評価したい。
クラシックは位置取りが慎重過ぎて、この馬の力を出し切れなかったが、
秋以降は、積極的な位置取りで結果を出してきた。
キセキの作る展開も向きそうで、中距離でも王者を目指す。

相手候補には、一昨年の皐月賞馬の アルアイン
前走の金鯱賞でも本命にしたが、レースを観ると明らかに一叩きでのものだった。
この馬に関しての適正は充分で、ここが大本番である事は間違いない。

有力勢も実力からしても、ここが目標といえるだけに、嫌う材料が無い。

◎ステルヴィオ
〇アルアイン
▲キセキ
注ブラストワンピース
△サングレーザー
△ワグネリアン
△エアウィンザー
△ペルシアンナイト


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。



posted by 裕二郎 at 11:53| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

ドバイ競馬3つ             

さて、大阪杯の前に、ドバイの予想を。

   「ドバイゴールデンシャヒーン」

◎テイトーキー


勝ち切れるイメージは無いが、先行力で中心馬として。


   「ドバイターフ」


◎ドリームキャッスル
〇アーモンドアイ
▲ディアドラ


3連単 及び 3連複



   「ドバイシーマクラシック」

◎シュヴァルグラン


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:35| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

ダービー卿CT & 時代の変わりへ

朝一番で、ショーケンこと、萩原健一さんに訃報を知りました。
私からすると、「太陽にほえろ」 でのマカロニ刑事でしょうか。
さすがにテンプターズの記憶は無いのですが、「愚か者よ」は良かったですね。
近藤真彦の「愚か者」も良いですが、個人的にはショーケンの方が好きでした。

もうすぐ平成も終わります。
私も、昭和から平成と生き続けてきました。3時代を生き抜く予定ですが、
私にとっても、皆様にとっても良い時代になる様に願います。

さて、土曜競馬の 「ダービー卿チャレンジトロフィー」 から。

ドーヴァーが人気を集めるも、混戦模様。

ギベオン の巻き返しに期待したい。
近走は中距離を中心に使われており、中日新聞杯で勝利をものにじたものの、
本質は中距離はやや適性外ではないか。距離短縮は確実に好転舞台で、
自身の競馬が出来る様なら、まとめて面倒みる位の力はある。

◎ギベオン
〇ドーヴァー
▲プリモシーン
注カツジ
☆ジョーストリクトリ


馬券は、◎ 単 ・ 複

3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:54| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

高松宮記念 & マーチステークス & イチロー選手の引退

昨日触れようかと思いましたが、イチロー選手の引退。
数々の記録を塗り替え、野球ファンにもならず世界の多くの人々に
影響を与えた、偉人である事は誰もが認める事。
印象に残るとしては、挙げればきりが無いと思います。
引退会見で、昨年から試合に出れない日々の中でも鍛錬を重ねた事を
言ってましたが、解る気がします。
これからどういう人生を歩まれるか解りませんが、今はお疲れ様でした。

まずは   「マーチステークス」  から

中心となるのは、テーオーエナジー
前走は、地方でのコース適性が合わなかったのか惨敗はしたものの、
中央に、そして中山の舞台に戻ればこの面子中なら中心とみて良いだろう。

まだ成長見込めそうな、エイシンセラード も楽しみな1頭。

◎テーオーエナジー
〇エイシンセラード


この2頭中心の馬券で。



      「高松宮記念」

最大のポイントは、モズスーパーフレア のスピードが作る展開に
それに勝負を挑める存在が居るのか否かではないだろうか。

内枠を利して、セイウンコウセイの存在もあるが、現状では追いかけるのは厳しい。
逃げ馬不振のこのコースでも、モズスーパーフレアの逃げはそう簡単には崩れない。
1番人気を集める、ダノンスマッシュも楽観はしていないハズで、
否応無しに、追いかける展開になるだろう。
しかし、現状でのスピード勝負なら、モズスーパーフレアの方が上とみている。

昨年、◎でお世話になったナックビーナス は同ハンデになっても追いつけなかった。
現状での勝負付けは済んでいると考える。

今回の面子中、特に人気上位勢で、モズスーパーフレア にスピードで
勝る存在が見当たらないというのが結論。

しかし他有力勢も、このスピード馬を意識しなければ勝負にならない。
思った以上に消耗戦となる可能性は大きいと決め込んでみる。
モズスーパーフレアに付け入る隙があるとすれば、これではないか。

ならば、末脚にかける馬にもチャンスはあるのではないか。
末脚のみならず、尚、時計勝負にも対応出来る事が条件となってくる。

アレスバローズ を本命。
昨年、CBC賞で勝ってる様に、コース適性は充分なもの。
その後の小倉でも、優秀な時計で勝っており、上記条件に当て嵌まる。
前走は途中から動き、早目先頭に立つという競馬をしたが、5着に惜敗。
久々、そして57・5キロを背負ってのものだけに逆に評価出来る。
今回も同騎手が乗る事は早くから決まっていたのではないか。
それがここへ向けての布石だったのかもしれない。
復調気配が見える今、7歳とはいえ勝ち負け出来る資質は充分にあるだろう。

◎アレスバローズ
〇モズスーパーフレア
▲ダノンスマッシュ
注ミスターメロディ
△ロジクライ
△レッツゴードンキ
☆ナックビーナス


馬券は、◎ 単 ・ 複
◎ 中心の 3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。





posted by 裕二郎 at 23:05| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経賞 & 毎日杯

まずは   「毎日杯」  から。

ちょっと個性的な馬が多く、なかなか絞り難い面子構成。
キャリア1戦の ウーリリ が魅力も、やや過度に人気先行な感。

本命は、オールイズウェル に期待したい。
やや地味な印象もあるが、地力はこの面子中でも上位にある。
ベストとも思えるこの距離で、鞍上が変わらないのも良い。
勝ち切れるか否かは微妙だが、この人気なら妙味あり。

◎オールイズウェル



      「日経賞」


シャケトラが勝った阪神大賞典もそうだが、長距離路線はここも、
盛り上がりに欠ける面子構成。

平均よりもややスローに流れそうだが、主導権を握るのは出遅れは不安も、
メイショウテッコン だろう。
ならば、無理に捻る事無く、主導権を握る強味でこの馬を中心と考えたい。
忘れた頃に出遅れもあるが、今回はそれでもペースのクリエイターとなりそう。
おそらくこの馬は自身が気持ちよく走れるか否かで、それが範囲内であれば、
例え番手でも、勝ち負け出来るまでのレースはしてくれるだろうと、気分的観測。

人気を集める エタリオウ は当然目標は先で、叩き台の気は充分にあり、
小回りコースでの適正や位置取りの不安も囁かれているものの、
元々自在性のある馬で、ある程度の位置取りも出来るタイプ。
噂程の心配は無いが、それでもここは2番手評価。

3番手には、カフェブリッツ。
ダートから芝への転向以降は安定した取り口。
元々ダートの長距離でも活躍していた様にスタミナは充分な保証付き。
先行出来る脚質も魅力の1頭。

ルックトウワイス はコース適性よりも距離適性を重視。

面白いのは、ハッピーグリン と ブラックバゴ
前者はジャパンCの内容よりも、距離延長と、メイショウテッコン が
造るペースが合うのではないか。
後者は、小頭数なら末脚勝負で、上位へ喰い込みそうで侮れない。

チェスナットコート も実績の割には暴落人気だが、距離適性なら上位。

◎メイショウテッコン
〇エタリオウ
▲カフブリッツ
注ルックトウワイス
☆ハッピーグリン
☆ブラックバゴ
☆チェスナットコート


馬券は、◎ 中心の 3連複 及び ワイド
ちょっと波乱含みの結果に期待。

御来殿、ありがとうございました。




posted by 裕二郎 at 10:33| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする