2018年11月24日

ジャパンカップ & 京阪杯

まずは   「京阪杯」  から

混戦模様で、なにが勝っても可笑しくない面子。
本命は、エスティタート 
前走は同舞台のレースで、上手い競馬を披露しての勝利。
馬群を気にしない事で、内枠を最大限に生かせそう。

◎エスティタート
〇ダノスマッシュ


◎ 単 ・ 複

この2頭を中心に馬券の組み立てを。



      「ジャパンカップ」

圧倒的な人気を集める、アーモンドアイ
古馬との力量差の判断が馬券に対する大きなポイント。
個人的には、数字に表れる程の差は無いとみる。
小頭数だけに、最内枠は問題無いだろうが、他3歳牝馬勢と古馬との
力量差をみると、レイデオロ の姿が無いとはいえ、古馬の壁を
打ち破るのは、そう簡単ではない。
中心と見るまでには至るも、頭勝負ではやや危険な匂いがする。
エンジンがかかれば豪快な末脚が出るが、そのエンジンがかかるまでに、
若干のモタつきがある様に感じ、差し損ねの可能性も充分にある。

他有力勢を見ても、やや信頼には欠ける印象。
サトノダイヤモンド は前走久々の勝利で復活をアピールしたが、
往年の頃の迫力にはまだ無いというのが見解。
もっと楽に勝てていたのでは?  という感は否めない。

スワーヴリチャード も発馬後手の上に接触と不運続きだった前走の
影響がどうか?無ければ力勝負では、アーモンドアイよりも上とみる。


ここで重視するのは、展開で、前に行きそうなのが、ウインテンダネス
それと、前走逃げで新境地を示した、キセキ
たた前者の ウインテンダネス はテンがやや遅いタイプで、
2コーナー辺りからスピードに乗るタイプ。
先手を奪うのは、おそらく キセキ の方で、途中からウインテンダネスが
交わして主導権を握る展開になりそう。

これはこの2頭の完全な支配レースになる確率が高く、簡単には崩れない。
ならば、思い切ってこの2頭の馬券を中心に考えてみたい。

スワーヴリチャード は上記の通り。

シュヴァルグラン は前走の敗因が今ひとつ不明な部分もあるが、
レースに乗り切れずに中途半端な印象を受けた。
思い切った先行策を取るなら、昨年の王者が黙ってはいない。

ガンコは近走ですっかり株を暴落させてしまい、昔の カネツクロスを
彷彿させる状況も、ここらで上手く流れに乗れれば。

◎キセキ
☆ウインテンダネス
▲アーモンドアイ
注スワーヴリチャード
△シュヴァルグラン
☆ガンコ


馬券は、◎〇 中心の 3連複 及び ワイド
波乱狙いで。

キルトクール は サトノダイヤモンド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:07| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス

仕事も一段落したので、簡潔に。

将来的に大物が存在するには乏しい面子構成。
それでも、ミッキーブラック の完成度はこの面子中では最上位。
派手さは無いが、堅実で崩れないタイプ、今回も勝ち負けだろう。

相手には、クラージュゲリエ が筆頭格。

ブレイキングドーン は前走除外の影響の有無がポイントだが、
無ければ上位間違いない。

◎ミッキーブラック
〇クラージュゲリエ
▲ブレイキングドーン


馬券は、3連単 及び 3連複

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 14:33| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

マイルチャンピオンシップ

豪華面子が揃ったマイルG1レース。まさにマイルの王者を決めるに相応しい。
展開も極端な展開は考え難く、平均から少し速い位で、有利不利も無い。

仮に番手でも、アエロリットがこのレースの主導権を握るだろうか。
簡単に止まる馬では無いが、ステルヴィオ や アルアイン等、
思い切った戦法を取れる存在も複数存在する訳で、アエロリットには
前走よりはやや厳しいレースが予測される。
とはいえ、極端な追い込み馬の展開になる事は難しく、それらの
近辺で息を殺しての道中追走する馬に道は開かれる。

これを踏まえれば、モズアスコット は人気通り有力な1頭。
逆に、ロジクライ は人気よりも有力な1頭となりそう。
3歳挑戦のステルヴィオ はマイル適性も抜群で、
最内枠を上手く捌く事が出来れば、上位確実。

しかしそれらにヒケを取らない程魅力を感じるのが、レッドアヴァンセ
どんなレースも対応出来るセンスの良い馬で、前走は強い牡馬勢とも
接戦を演じた事は成長というよりも元々の力があったという事。
相性良さそうで。手の内に入れたこの騎手にも魅力を感じる。
全く人気が無く、不当評価を嘲笑ってみたい。

◎レッドアヴァンセ
〇ロジクライ
▲ステルヴィオ
注モズアスコット
△アエロリット


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 09:17| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

東京スポーツ2歳S &遅いけどエリザベス女王杯

エリザベス女王杯は、◎クロコスミア が今年も頑張ってくれ2着。
正直、かなり自信があったので、複勝はしこたま買い込んだが、
単勝もそこそこ買い込んでいました。
以前も触れましたが、一旦息の入る距離や舞台では強いです。
今年は力では1番と見ていた、モズカッチャンが昨年よりも順調では
無かったので、尚更自信があった訳です。
1点だけ、モズカッチャンが思いの外良く見えたので、ワイドを買い足し。
しかし、この舞台で リスグラシューに勝たれるとは・・・・・


さて、本題の  「東京スポーツ2歳S」

ヴェロックス が本命。
距離短縮がどうかはやってみないと解らないが、おそらく大丈夫。
この面子中では完成度も高く、中心と見て良い。

相手候補には、アドマイヤスコール を抜擢。
前走はかなりのスローな競馬だったが、折り合い面から距離短縮は
好材料とみて間違いない。

ルヴォルグ はもう少し静観してみたい気もする1頭。

◎ヴェロックス
☆アドマイヤスコール
▲ルヴォルグ


馬券は、◎ 単
3連単 及び 3連複 ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 21:59| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

エリザベス女王杯 & 福島記念

まずは   「福島記念」  から

展開がポイントとなるレースだが、先行2頭がどう展開をつくるか?
マルターズアポジーの逃げを、マイスタイル が追いかける展開。
マイスタイルからすれば、ある程度射程圏内に入れての追走になり、
逃げるマルターズアポジー は離して逃げたいのハズ。
追随する先行勢もおり、後方組にも充分チャンスがあるとみた。

好位を進むであろう、ステッフェリオ を中心に、それをマークする
エアアンセム が相手候補の筆頭格か。
面白いところでは、メドウラーク の息の長い末脚が魅力。

◎ステッフェリオ
〇エアアンセム
☆メドウラーク


馬券は、3連複 及び ワイド



     「エリザベス女王杯」

展開がどう動くかがポイントになるこのレース。
本来なら、昨年の覇者である モズカッチャン が力的にも中心になるべきが、
中間の一頓挫により、やや怪しくなってきた。
他有力勢をみても、人気を集める、レッドジェノヴァ の勢いは認めても、
使う詰めのローテはやや心配。上積みという点では期待できない。
距離が微妙な、リスグラシュー と古馬人気勢は付け入る隙がある。

そうなれば、重賞実績もある3歳勢に目が向くのも必然か。

それでも、このレースこそ主導権を握る強味を重要視したい。

本命は、昨年同様に クロコスミア
連勝で挑んだ昨年と比べて、今年は勝ち星無しと強調材料が乏しい感だが、
それぞれ敗因はハッキリしており、特に前走は、カワキタエンカ の大逃げを
無理に追いかけず離れた2番手でハナ同様の展開ではあったが、2番手以降は、
切れ味勝負に近い競馬になってしまい、こぼ馬の持ち味は生かせなかった。
それでも大きく負けなかったのはこの馬の粘り強さだろう。
今回、同型も存在するものの、主導権は間違いなくこの馬。
無理に抑えず、自身のペースで流れれば、簡単には止まらない。
今年も人気は無いが、昨年の雪辱を晴らす舞台は整った。

◎クロコスミア
〇ノームコア
▲カンタービレ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複  ワイド

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 08:35| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする