2018年10月21日

菊花賞 2冠奪取に向けて視界良し!

最大のポイントは展開で、春に実績を残した、エポカドーロや
ジェネラーレウーノ に加えて、メイショウテッコンと勢いのある
先行馬勢が揃って出走。
ここをどう見るかで、逃げ宣言をしている ジェネラーレウーノを
少し離れた位置で、メイショウテッコン 、そのまた離れた位置から
エポカドーロ が追走する形。かなり縦長の隊列になるだろう。
後続勢もこれに続いていく様であれば、自身が潰れる危険性もあり、
思い切った先行策を取れる先行勢に比べて、後続勢は脚の使い方が
難しい競馬になりそうな予測。
前も簡単に止まる様な面子でもなく、持続力に優れた性能を持つ馬が
完全に上位を占める事になると確信する。
また、馬券対策として、舞台云々よりも腹を括った思い切りの良い
競馬をする馬が上位を占めるのではないか。
道中少しでも迷いが生じる様なタイプに高い評価はしないつもり。

本命は、皐月賞同様に、エポカドーロ
ダービーでは少し評価を下げてしまったが、それがそもそもの間違いだった。
今回、距離延長という事で、不安視する声も多く聞くが、それを上回るスピードと
持続力を持っている事はこれまでのレースからも証明済み。
重心の低い走法は無駄を無くす流れの良い走法で、持続力を尚生かすもの。
ダービーでも早め先頭に抜け出しゴールまで脚色が鈍らなかったのが
優れた持続力を証明しており、距離不安のある馬が例え今回よりも短い距離とはいえ、
2400のレースであの競馬は出来ない。
結論とすれば、今回の距離延長も全く問題は無い。

相手候補には、逃げるであろう ジェネラーレウーノ
ダービーは中途半端な競馬が惨敗の敗因というのは周知のもの。
下手に溜めずに思い切った戦法を打つこの馬は脅威の1頭となる。

他では、ダービーは直線不運があった、ブラストワンピース
能力的には最上位でも道中少しでも迷いが生じそうで、
そうなれば、届かない事も考慮してこの評価。

面白いところでは、淀外回りでの適性に優れた、ステイフーリッシュ
2歳時、ホープフルSでも本命にしたが、この馬も持続力に優れたタイプで
思い切った競馬が出来れば、上位とも差は無い。

もう1頭選ぶなら、アフリカンゴールド
まだ成長途中で甘い部分もあるが、前走内容は高く評価出来る。
どこまで通用するか楽しみな1頭。

エタリオウ はダービーで惑星候補で印を打った通り力はある。
ただ、今回も同様の競馬をするなら、差し届かずの可能性の方が大きい。
スタミナは申し分無いので、ある程度前の位置取りでどんな競馬が出来るか?
やや危険な人気馬だが、捨て切れずこの評価。

◎エポカドーロ
〇ジェネラーレウーノ
▲ブラストワンピース
☆ステイフーリッシュ
☆アフリカンゴールド
△エタリオウ


馬券は、◎ 単
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 08:53| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

富士ステークス

簡潔に。

改めて、ハッピーグリン に期待したい。
実績ではまだまだ光るものは無く、初距離になるものの、
案外この距離がベストなのではないか。
やや使い詰めな感はあるものの、地方を含めたとはいえ、
連勝での内容と勢いは侮れない。

◎ハッピーグリン
〇ロジクライ
▲エアスピネル
注ジャンダルム
☆レッドアヴァンセ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ペルシアンナイト
休み明けの実績の上、59キロで無理をする必要は無い。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 10:11| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

秋華賞

圧倒的人気を集める、アーモンドアイ はこれまでのレース振りから
死角らしい死角が見当たらない。
初コースや休み明けという課題はあるが、馬券外に飛ぶシーンは
なかなか思い浮かばない程なら無理に嫌う必要は無いだろう。

先行勢が内中外それぞれに存在し、ハイペースになる見込み。
その上、3冠がかかる、アーモンドアイも含め有力勢も早めの仕掛けから
持続力がこれまで以上に求められる競馬になる。

本命は、前走同様に、パイオニアバイオ
前走は発馬で勢いがつかず、上手く流れに乗れないままの内容。
当初は気にならなかったが、休み明けが響いたのかもしれない。
今回、一叩きされた効果と、春のフローラSの様に、無理に馬群に入れず、
外々を回る方が良いと解っていた様な、柴田善騎手に戻るのは好材料だろう。
長く使える脚も持っており、持続勝負になるなら勝ち負けまで。

相手筆頭格には、圧倒的人気でも アーモンドアイ

前哨戦で本番に繋がりそうな内容だった、サラキア

確実な末脚が魅力の、プリモシーン は乗り方次第で3着辺りか。
 
大外枠は不利とはいえ、腹を括った競馬が出来れば怖い、ダンサール まで。

◎パイオニアバイオ
〇アーモンドアイ
▲サラキア
注プリモシーン
△ダンサール


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ラッキーライラック
舞台適性は合うと思うが、やはり本音は一度使っておきたかったところ。
狙いは、次走のエリザベスとみて、ここは見送る。
posted by 裕二郎 at 09:16| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

府中牝馬S

簡潔に。

先行勢も複数存在するものの、下馬評よりも強力な先行勢。
他有力勢も目標は先もあり、人気通りとはいかないのではないか。

カワキタエンカ が本命。
左回りに不安は無いとは言い切れないが、それでも距離適性は筆頭格。
クロコスミアとの先行争いとなるだろうが、番手でも問題ないだろう。

◎カワキタエンカ
〇クロコスミア
▲リスグラシュー
注ディアドラ
☆アドマイヤリード
☆フロンティアクイーン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ソウルスターリング
着順では復調気配も、まだ物足りない面も多く、過剰人気気味。
ここは見送りたい。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 07:48| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

京都大賞典 & 凱旋門賞

まずは、軽く  「凱旋門賞」

本来なら軽く予想するレースでは無いのだが。

本命は ヴァルトガイスト

前哨戦である、前走のフォア賞は強い勝ち方だった。
昨年の覇者とはいえ、不安要素のあるエネイブル に
今一つ強さが微妙な シーオブクラス に人気は譲ったが、
本当の意味で勢いのある、当馬を狙いたい。

◎ヴァルトガイスト
〇ヌフボクス


ワイド1点勝負で。


      「京都大賞典」

サトノダイヤモンドとシュヴァルグランが人気を分け合う形。
どちらかと言えば、シュヴァルグラン の方が優勢か。
距離や調整が合わなかった、大阪杯以外での近走は充実そのもの。
悩めるサトノダイヤモンドに比べて、優勢に立ってるのは事実で、
距離、休み明けも含めて、中心は間違いないだろう。

ウインテンダネス が逃げたとしても、スローは必至の面子構成。
位置取りは重要なポイントを占める。

本命は、レッドジェノヴァ
距離延長を境に頭角を現し、近2走はまさに充実そのもの。
長く良い脚を使え、先行力も魅力のひとつ。
今の勢いなら、実績上位勢にも一泡吹かす事も充分あり。

相手筆頭格には、上記の通り シュヴァルグラン

サトノダイヤモンド は調整がカギで、目標は先もある程度まででも
復調していれば・・・。

面白いところでは、プラチナムバレット
前走は接触落馬の憂目にあったが、それが無くとも上位は厳しかった。
極端な馬体減で行きっぷりも悪く、度外視して良い。
メンタル面がやや不安だが、復調していれば侮れない。

◎レッドジェノヴァ
〇シュヴァルグラン
▲サトノダイヤモンド
☆プラチナムバレット


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ウインテンダネス
勢いは認めつつ、右回りでは勝ち星はあるもののやや適性に疑問。
加えて休み明けは割引して考えたい。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 21:19| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする