2018年09月30日

スプリンターズS

台風の影響で、阪神開催は明日に延期されました。
高知でも、台風の影響が出ていて、既に強風雨に入っています。
竜巻もあり、かなり影響を受け始めたので、これから進路に入る地域の方々は
充分な注意を。

本題へ。

       「スプリンターズS」

この大一番の舞台も、かなりの雨量が予測され、馬場状態もかなり悪く、
メインの頃には、不良馬場になっている可能性も高い。
こうなれば、切れ味勝負の馬や、ダートと違い後方からでは
なかなか届き難い展開になるだろう。
いくら先行激化な面子構成とはいえ、先行有利は揺るぎない。

本命は、セイウンコウセイ に期待する。
同型勢が多数存在するものの、番手でも主導権を握るのはこちら。
パワーを必要とするスプリント戦は滅法得意で、好転舞台になる。
休み明けの実績が乏しい事が不安視されているが、それは距離であったり
明らかな調整不足と敗因はハッキリしている。
スプリント王者に輝いた者が、この舞台での調整不足は考え難く、
その上道悪が加わるなら、復活への舞台は整った。

相手候補には、ファインニードル
やや不器用さはあるものの、道悪も含め外を回っても勝ち負け。
現状では最も不安材料が少なく中心は間違いない。

高松宮記念で◎を打った、ナックビーナス 
前走はなにもかも上手くいき、上手く騎乗した結果。
それ以上には厳しいが、それでも適性では上位で脚質が広がり尚上位。

他では、レッツゴードンキ 
やや力に陰りが出てきた感も否めないが、道悪は味方になる。

最大の惑星は、ラブカンプー
使い詰めで調教でも後れを取り、やや下降線とも言えるが、
渋太い先行力は魅力で、侮れない1頭。

◎セイウンコウセイ
〇ファインニードル
▲ナックビーナス
注レッツゴードンキ
☆ラブカンプー


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 11:40| 高知 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

シリウスステークス

ポイントは馬場状態と展開。
馬場状態はかなりの道悪になりそうで、展開としては、コパノチャーリーが
主導権を握りそうで、縦長のバラけた展開が予想できる。
馬場状態も加味すれば、先行有利とも思えるが、差し馬にも向く展開。

クインズサターン に期待したい。
この馬の特筆すべきは確実に繰り出してくる末脚にある。
展開も馬場状態も関係なく確実な末脚は今回の舞台では武器になる。
バラけた展開なら、前が詰まる不利を受ける可能性も少なくて済む。
初距離になるが、自慢の末脚を爆発させる舞台設定は整ったと言えるだろう。

◎クインズサターン
〇サンライズソア
▲グレイトパール
注ヒラボクラターシュ
☆コスモカナディアン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:56| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

神戸新聞杯 & オールカマー

ここ数日、夏が忘れ物を取りに返った様な暑さです。
早く秋になって欲しいと願う裕二郎です。

まずは   「オールカマー」  から。

レイデオロ が人気を集めているものの、ある意味混戦。
そのレイデオロもジャパンカップ以降はやや不甲斐無い内容。
そのJCでは、ハイペースにも助けられての内容だったのもあるが、
展開次第では折り合いを欠くシーンも目にする。
また、実績はあるものの、このコースよりもどちらかといえば、
広いコースの方が適性があるタイプで、数字程の信頼は無いとみたい。

展開では、先行勢が複数存在するものの、ハイペースになるまでには
考え難い。また、このコースは展開以上に前々が有利に働く傾向もあり、
先の大一番に繋がるというよりも、ここで力を出し切れるタイプが優勢。

本命は、アルアイン
海外遠征では、結果を残せなかったが、体調なのか舞台が合わなかったのか、
この敗戦は度外視して良いのではないか。
皐月賞の様に勝ち切る事は難しいタイプではあるが、大きく崩れる事は無い。
前々走の、大阪杯では厳しい競馬の中、3着を確保したのは立派。
ある程度の位置取りも出来、上手く立ち回れる好転舞台になるだけに、
勝機も充分ある。

◎アルアイン
〇ダンビュライト
▲ガンコ


3連単 及び 3連複 ワイド は ◎〇 の1点

小頭数だけに危険も十分承知で、レイデオロは切り捨ててみたい。


      「神戸新聞杯」

ダービー上位勢が揃って出走してきた事がなにより。
先の大一番に向け、どんな競馬になるのか注目したいレース。

エポカドーロ と メイショウテッコン の出方が注目の先行争い。
メイショウテッコン は坂がある力のあるコースへの対応がカギで、
無理に競りかけていくとはやや考え難い。
仮に逃げたとして、番手で付けられる、エポカドーロが主導権を
握るのは間違いないところ。
ならば簡単には崩れないが、敢えて少し捻ってみたい。

本命は、ダービー同様に ゴーフォザサミット
ダービーはやや力を出し切れずに終わってしまった内容になってしまった。
あれが実力通りとは思えない。
前走は、コースもあったが、早くから追っ付通しでの追走で、距離が短い上に
休み明けの影響が敗因とみていい。
今回は距離延長と、一叩きされた事での好転舞台で充分勝ち負けまで。

◎ゴーフォザサミット
〇エポカドーロ
▲エタリオウ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 21:53| 高知 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

セントライト記念 & 樹木希林さん

樹木希林さんの訃報には驚きました。
かなり悪い状態というのは知ってましたが・・・・・。
個人的にですが、この人程、映画やドラマ以上の人生劇場を
歩んだ人はなかなか居ないんじゃないかと思います。
重厚な人生でしたね、ゆっくりやすんでください。

本題へ。

このレースの結果次第で見方は変わるかもしれないが、現状では、
先の大一番に繋がりそうにない様な面子構成。
これまで死角らしい死角が見当たらないレースを見せてきた
レイエンダが春の実績馬達を退けて、圧倒的な人気を集めている。
上記の様に完璧に思える内容からも仕方ないところだが、
この面子との対戦で、ここまでの数字に表れる程の差があるのかは
少し疑ってかかりたい。
それと、回復してきたとはいえ、やや力の要る馬場状態もポイント。
距離が微妙な馬に関しては少し軽視していく。

展開では、ケイティクレバー と タニノフランケル の2頭に
ジェネラーレウーノ が絡んで行きそうな先行勢。
皐月賞の再現の様相も考えられるが、距離が延びる事と、
他好位勢も早めに仕掛けてきそうで、持久力が問われそうな
消耗戦に近い競馬になるのではないか。

本命は、ゼーゲン に期待する。
負け無しとはいえ、まだ2戦のキャリアしかない当馬。
実績ではまだまだ格下の印象は拭えないものの、この2戦の中身は
評価して良いもの。
前走はやや発馬後手に回ったが、勝負処では前を捕らえる位置に
付け、しっかりとした末脚で差し切った。
長距離を意識しての2戦だが、距離短縮でも対応出来るとみる。
上記に挙げた消耗戦の競馬になるのなら、この馬の上位進出も
可能なのではないか。
今回は少し大きな夢を見るつもりでの馬券購入。

◎ゼーゲン
〇コズミックフォース
▲ジェネラーレウーノ


◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 00:00| 高知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

ローズステークス

一昨年の◎クロコスミア 昨年の◎カワキタエンカ の様な、
先行力があり、持続力あるタイプが好走するレース。
単純にスローに落とす訳では無く、後続にもある程度脚を使わせる
そういう逃げ馬が存在すれば本命にしたかったが、その逃げ馬である、
ラテュロス はそういうタイプでも無く、単純にスローで逃げるタイプ。
スローは見込めても、単純な前残りにはならないという構想。

人気を集める サトノワルキューレ はオークス6着とはいえ、
2着馬からでさえ、1秒の差をつけられたものでは物足りない。
その上今回は初距離となる距離短縮でテンが遅いタイプだけに、
いくらオークス上位馬が不在とはいえ、差し損ねは充分ありだろう。

上記で挙げた様に、スローはスローでも差し馬とっては追走しやすい
レースで、差し馬勢に注目していきたい。

本命は、ウラヌスチャーム に期待したい。
前走は、新潟の広く長い直線でありながら進路が取れず、
大きなロスがあったが、2着を確保。
これをどう評価するかだが、今回外枠に入った事と、
展開から考えれば、前走の様な競馬にはならないハズ。
展開にも対応出来る面も持ち合わせており、大一番前の
TRレースならではのタイプだろう。

相手候補には、オールフォーラヴ を挙げたい。
アルメリア賞では、フランツには出し抜かれたが、
降着馬に、かなりのロスを与えられても、走り切った根性は秀逸。

◎ウラヌスチャーム
〇オールフォーラヴ
▲カンタービレ
注サトノワルキューレ
△サラキア
△センテリュオ
☆ゴージャスランチ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:33| 高知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする