2018年03月18日

阪神大賞典 & スプリングS

土曜競馬は、フラワーカップは外したものの、◎ダブルシャープ
そして、◎アサクサゲンキ と高配交じりの配当を運んでくれ、
潤った馬券になりました。
引き続き、日曜も思い切った馬券を。

まずは、  「阪神大賞典」  から

菊花賞2着から京都記念を制したクリンチャー が
圧倒的人気を集める様相。
結果だけをみればそれ相応にも映るが、ただこの馬の好走に関すれば、
馬場悪化でのケースが多いのは周知のものだが、自身で競馬が作れず、
主役を張る程の信頼感は無い。
ただ、今年の面子レベル自体が低いのも人気に拍車がかかっている分
仕方のない事なのだろう。

このレース自体スローで流れるものの、持続力が問われるもので、
一言で言えば誤魔化しがきかないレース。
これまで圧倒的存在を誇ってきた名馬以外の伏兵で好走しているのは、
この舞台適正に合う馬が該当する。
だからこそ、ここは思い切ってギャンブルの醍醐味を味わいたい。

本命は、シホウ
近走は全く結果が出ていないが、それはこの馬の適正舞台では無い
条件でのもの。
阪神での中長距離レースではレコードを含めて堅実な結果を残している。
前々で運べる強味もあり、テン乗りの小牧騎手にも期待したい。
完全たる主役不在の今年の面子なら出番はあるのではないか。

◎シホウ
〇クリンチャー
▲サトノクロニクル
注レインボーライン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


      
        「スプリングS」

主導権を握るのは、エポカドーロ になるだろう。
センスある逃げ馬だけにそう簡単には崩れない。
それでも、何馬かには差されそうな感で、その何馬かを探す。

本命は、ハッピーグリン
まだまだコントロールに難しい面はあるが、能力は面子中でも
上位なのは間違いはない。
今回、エポカドーロ の逃げにどう対応していくかが課題だが、
こういうタイプの展開はむしろ好転材料にならないだろうか。
ある程度バラける展開になりそうなだけにロスも少なく、
この馬の能力を発揮出来る舞台になるとみる。

相手候補には、その主導権を握れる エポカドーロ

ステルヴィオ も普通に走れば圏内。

取捨に迷うのが ルーカス
能力は認めてもコントロール出来るまでの成長があるか?
成長次第では突き抜けても不思議はない。

距離適性から、ゴーフォザサミット も圏内までには。

◎ハッピーグリン
〇エポカドーロ
▲ステルヴィオ
注ルーカス
△ゴーフォザサミット


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 10:26| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする