2018年03月03日

報知杯弥生賞 & 大阪城S

どうも今年になってから、スッキリとしない予想ばかり。
どこかで流れを断ち切りたいが、ズルズルと引き摺ってしまっている。
まあ、愚にもならない戯言は辞めて予想へ。

まずは   「大阪城S」
ここは中心馬のみで。

◎プラチナムバレット

前走はある程度仕上がっていたとはいえ、久々の影響もあったか。
馬体面での成長が少し薄い気もするが、一叩きの効果を見込んで期待。

    
     「報知杯弥生賞」

無敗の2歳王者、ダノンプレミアム と これも無敗の ワグネリアン が
人気を集める様相は予測は出来ていたので驚かない。
特に、ダノンプレミアムは初の距離延長となる舞台だが、対応は出来るだろう。
ただし、適性が有るか否かは別問題で、歓迎とは言えない様に思う。
今年も、昨年程とは言えないまでも、ややスローな展開になりそうな
面子構成だけに、我慢がきくかどうかもカギ。
もう1頭の、ワグネリアンは、潜在能力は高く思えるものの、現段階では
まだ完成度という点では、まだ余地がありそうな感。
小頭数なだけに、不様な競馬にはならないと思うが、この数字までの
信頼が置けるかどうかは微妙と、やや無理矢理っぽいがそう決め込む。
もう1頭人気を集める、オプセッション は弾けた時の末脚は強烈だが、
道中での追走や、勝負処での反応にはまだ信頼は置けない。

本命は、ジャンダルム に期待する。
完成度という点では、この面子中ではダノンに匹敵する程の高さを誇る。
その上、GTでこの舞台を経験しており、その点では心配が無い。
良い脚を長く使える強味で捲りも利くので、この舞台の適正が高いのだろう。
人気面では上位3頭には譲った形だが、結末はこちらが上とみたい。

◎ジャンダルム
〇ダノンプレミアム
▲オプセッション
注ワグネリアン


馬券は、◎ 単
3連単 及び 3連複 ◎〇 の馬単での勝負。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 20:57| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする